メルマガを出さずにサイトアフィリエイトを実践している理由

まぐまぐ!さんから最近メルマガを発行していなかったので

「近況でも送って上げて下さい」とのメールが来ました。

それで今日久々にメルマガを発行しました。

こちらのメルマガです。

近況としては、最近サイトアフィリエイトを主に頑張っています。

なぜサイトアフィリエイトにシフトしたのかというと
サイトアフィリエイトでまずは結果を出したいと思ったからです。

メルマガアフィリエイトを実践する場合もし目の前の収入望んでしまうと、
メルマガで発行するコンテンツが読者目線ではなくなります。

どうなるかというと、要は

「売るためのメルマガ」

になってしまうのです。

役立つ情報≦売るための情報

となってしまいます。

売ろうと言う気持ちが出てきてしまうと
読者に役立つ情報を発信できる「力」が減ってしまうのです。

僕もメルマガ発行者であると同時に他のメルマガの読者もあります。

その読者としての立場から本当に必要な情報が何なのか?

と考えました。

そう考えた時に、僕はやはり

「実践ベースの情報」

が必要だと思ったのです。

今ほとんどのメルマガを見ると基本的にほとんど全てが

「売るためのメルマガ」です。

読者の結果を最優先しているメルマガなんていうのは非常に少ないです。

もし自分の収入の柱の大部分がメルマガだとしたら、
目の前の収益をあげることに執着してしまいます。

生活に負われるあまり

「読者の結果重視」のメルマガ

ではなく、

「自分の結果重視」のメルマガになってしまうのです。

それで、僕も悩んだ挙句考えなおしたのです。

ちょっと極端な言い方をすると、
自分が食うため「だけ」のメルマガを卒業します!

簡単な道では無いかもしれませんが、
現在実践ベースのメルマガを目指しています。

もしメルマガ以外に大きな収入源があれば、
食うためのメルマガにならなくて済みます。

そのためサイトアフィリエイトの実績を出すことにまずは集中です。

今の今までメルマガを読んでくださっているあなたには本当に感謝しています。

あなたが自由な生活をするために
結果を出すことができるメルマガを発行できるようにします。

もう少しお待ち下さい。

タグ


メルマガアフィリエイトでは売り込むべきか売り込まないべきか?

売り込まなくなった理由

先日、メルマガ読者さんとスカイプで話しました。

その方は、僕のメルマガが好きなんだそうです。

純粋にかなり嬉しいことです(^^ゞ。

で、これは自慢するわけではないのですが、

僕のメルマガの何が良いのか?

を考えて見ました。

一つ言えるのは、売り込みがないからです。

売り込みはここ数ヶ月ほとんどしていません。

逆に去年まで2年間続けてきたメルマガの中では、毎日売り込んでいました。

ですが、今年になって、めったに売り込まなくなったのです。

なぜこんな風に変えたのかというと、
別にどっちが稼げる稼げないのかで判断したわけではありません。

純粋にどっちが自分にとって気持ちがいいか悪いかです。

売り込みが悪いわけではないですし、
売り込みが好きな人はそっちをやればいいと思います。

ただ自分の中で2年間続けてきた
毎日売り込むやり方が正直辛くなってきたのです。

いつもいつも最新情報を求めて、いつもいつも最新教材を仕入れる。

それを継続することが正直なところ苦痛になったのが大きいです。

そしてもう一点は、新しい商材を厳選せずに
ドンドンアフィリエイトすることが
必ずしも読者のためにはならないなぁと思ったからです。

確かに、求められてはいます。

新商材や新無料オファーを求めている人が多いのも事実です。

新しい商材を買えばモチベーションも上がります。

新しい商材を買いたい人が圧倒的に多いのも事実です。

あと、僕がアフィリエイトしなくても、
他の人から購入てしまうこともあるでしょう。

だからと言って、今の読者さんにとって
必ずしも必要ではないものを
アフィリエイトするのは、自分にとって気持ちが良くないと思ったのです。

キレイ事のように聞こえるかも知れません。

でも事実気持よくないと思いました。

だから「売れるから」という理由を軸とせずに
商品を選ぶことにしたんです。

売れる新商材を売れば稼げるでしょう。

でも軽率に売らないことにしたのです。

「売れる商材」ではなく
「結果の出る商材」を選ぶことにしたのです。

言い換えると、僕は読者さんのために
「石頭」になることを決断してしまったのです。

タグ


メルマガ読者を集める方法を再検討して見ませんか?

読者集めの再検討

現在、ある人物から集客の講座を受けています。

なぜかというと、メルマガの集客、読者集めを強化したいからです。

メルマガアフィリエイト情報ビジネス等は、
メールアドレスを集めることが最も重要なものの一つです。

ですが、このメールアドレスを集めることに関して
悩んでいる人が多いと思います。

この集客に関して従来のリストビジネスならば
メルマガ読者増サービスとか無料レポートスタンドなどで
集めることが多かったです。

しかし、ここ数年で、少し変わって来ました。

無料レポートスタンドや読者増サービスなら、
沢山のリスト収集が可能ですが、
「精読率」と言う意味では、期待ができないからです。

で、

去年あたりからは、無料オファー1件紹介
につき数百円の報酬を紹介者に支払う形で、
リストを集める方法が流行しています。

ですが、この方法も今では、やや飽和気味ではないかと思います。

やはり、紹介してくれるアフィリエイターがプッシュして紹介する。

また、時には特典をつけるなどして無料オファーを配布します。

そうすると、無料オファーに登録する人達は背中を押されているわけです。

ですので、それは登録者の自主性が足りないので、
結局無料オファーはもらっても、無料オファー提供者のメルマガは読まない。

そういうようなことが起こるのです。

実際僕も無料オファーは頂いても
送られてくるメルマガはだんだん読まなくなる場合がほとんどです。

ひどい場合は、最初から読みません(爆)。

このように無料オファーも飽和気味になって
飽きられている状況下に置いては、
提供する無料オファーの質を上げることも重要です。

しかし、それ以上に集客の経路をずらしたり、
違うところを狙うということがさらに重要です。

で、ここ最近、大分広がっている方法が、Twitterによる集客です。

Twitterの中で、関心を持ってもらって、
仲良くなって、関係を築いて、その上で、
自主的に登録してもらう形が広がっています。

これは当然、無料オファーでお金をかけるよりも濃い読者さんが集まります。

その他、Twitterだけでなく、
SNS等とにかく人が集まるところから自主的に登録してもらう方法もあります。

そしてもう一点、僕がここ最近重視しているのは、
これは王道ですが、ブログサイトから登録してもらう方法です。

つまり検索エンジンからのアクセスを集めて読者になってもらう方法です。

これが今後ますます集客に置いて必要だと思います。

現在、そのためにブログやサイトに
キーワード集客をかける方法を模索しつつ学んでいるところです。

もちろんお金をかけて無料オファーを配布するのはスピードが早いです。

しかし、それだけではなく、
このような方法も今後は開拓してゆく必要があると思います。

メール相談はこちら

 

追伸

実は現在ブログサイトアフィリエイトを実践中です。

やればやるほど見えてくるので、非常に期待できそうです。

やはり、

メルマガアフィリエイトは難しいと言う人。

メルマガアフィリエイトにつまずく人が多いです。

そのため、僕自身もブログサイトアフィリエイトの
実績を立てようとしています。

新たな出発をしました。

タグ


自分が稼ぐだけのアフィリエイト

先日、ある無料レポートを紹介しました。


無料レポートを紹介した記事

 

すると、

なんとレポート作者のもりりんさんご本人から
以下のような嬉しいメールを頂きました。

 

▼ここから▼
> 宮嵜さん、こんにちは。
>
> もりりんと申します。
>
> はじめまして・・・・・・と言いつつ、
> 普段から、媒体でお目にかかることが多いので、
> ちっともそんな気のしない私なのですが。。。
>
> この度は、レポートのご紹介、
> 本当にありがとうございます。
>
> ご紹介いただいたメルマガ、
> 鳥肌が立つほど、感激しました。
>
> 稼いでおられる方からは、
> ご批判や、お叱りも覚悟だったんですけど、
> 宮嵜様のメルマガは、本当に、
> 勇気の出る、ありがたいお言葉で、自信になりました。
>
> かなり、面白おかしく書きましたが、
> 私以上に苦しんでいる人は、
> おそらく相当いるんだろうな、と、
> 確信も持てました。
>
> 本当に、ありがとうございます。
>
> 是非、今後とも、よろしくお願いいたします。
>
> ありがとうございました。
>
> もりりん
▲ここまで▲

鳥肌が立つほど感動して下さったとは、、

僕もその事実に「鳥肌が立つほど感動」です(TдT)。

 

僕も実際、苦しんできたところがありました。

僕が苦しんできたところというのは、
売り込むことへの「矛盾」です。

 

「読者に結果を出して頂く」ことを謳っているのに、
新しい商材を次々と売り込むことが必要なのか?

 

読者さんに必要な教材やツールは、
そんなに多くなくても良いはず、、

 

それなのに、自分が稼ぐために

「新しい商材は売れやすい」

という理由で次々とアフィリエイトする。

 

元々の「読者に結果を出して頂く」
というメルマガのコンセプトはどこに行ったのか?

 

しかし、なんだかんだと自己を正当化して
新しい商材を次々と紹介していました。

 

新商材はライバルだらけ、、

だから、ライバルたちを出し抜くために
特典をつけまくって、アフィリエイトする。

早くレビューページを作って
毎回、毎回、特典合戦に参戦。

 

こんなことを繰り返しながら、
読者さんの反応が落ちてゆく。

確かに、そこにガンガン
新規リストを増やしてゆけば成り立つかもしれない。

 

しかし、これは、自分がやりたことと違う。

 

「稼げればいい!」

今は、それだけでは満足できない
自分だということに気がつきました。

 

なぜかというと、

僕はメールをもらっていたからです。

 

読者さんから、

深刻な事情を吐露するようなメールを

過去にいくつももらっていたから、、

 

例えば、

起業を夢見るサラリーマンである彼が、

「現実的になれよ!夢見過ぎだ!」

と会社の同僚にバカにされ、
居酒屋でケンカになったり、、

 

離婚している40代の主婦が、
女手一つで、子供を抱えて、

どうしたらインターネットで
稼げるのかを必死に探していたり、、

あるいは、

妻子を養わなければならないのに
リストラされてしまった読者さん。

借金だらけになってしまった読者さん。

うつ病で苦しみながらも、
ネットビジネスに希望を見出している読者さん。

 

そういう人達が、実際にいるということを考えた時、

今までの自分の稼ぎを優先するだけのスタイル
良心の呵責とも呼べるものを覚えたのです。

 

毎日、売り込みをして、
月20万を稼いでいたのは、
僕にも養う家族がいるからです。

 

でも、養う家族がいるからといって、
「自分が稼ぐだけのビジネス」なんてやりたいのか?

と考えた場合、
本心からやりたいと思わなかったわけです。

 

だから、方針を変えました。

 

まさに「キレイゴト」そのものですね(^^)。

 

しかし、価値の提供がビジネスです。

読者さんにとっての価値って
「情報を提供すること」ですか?

違うと思います。

読者さんにとっての本当の価値とは

「結果を出すこと」です!

 

ビジネスには、大義が必要であり、
価値を与えられないビジネスは、
バランスを失い崩壊に向かいます。

 

売り込むことが望まれているのなら、
そう言うメルマガも必要だと思います。

 

でも、その情報収集の段階にとどまる限り、
いつまでもノウハウコレクターレベルです。

 

稼ぎやすい情報を追い続けて、
いつまでも実践できない人が多いのも事実ですから、

 

そいういう最新情報提供メルマガは、
もう既に川島さんのような大御所がいますから、、

 

川島さんのような人たちの実績経験情報が入ってくる人脈

それ以上のものを僕たちが提供できないと思うんですよ。

 

総合誌としてのメルマガよりも、
あなたという人物の専門誌を目指す方が、
人気が出そうじゃないですか?

人気が出るし、そっちの方がやりがいがあると思います。

 

目の前の20万円を追うメルマガ発行よりも、
読者さんと一緒に喜べるメルマガ発行

これを目指す方が、心がスッキリしますよ。

 

メール相談はこちら

タグ


ネットビジネス初心者でもアレがあるじゃないですか?

前回は「読者は生涯の仲間」

という話をしました。


前回の記事

 

僕としては、かなり重要なことを語ったのですが、

反応イマイチのようです、、

 

・・・

 

やはりこういう記事は、
多くの人が興味を持たないし、
望んでいる人が少ないようですね。

これこそ大衆性のない記事です。

 

でも実は、これってものすごく重要なことです。

この考え方を抑えて置かないと、
資金力が尽きて、マジで潰れてしまいますよ。

もし、川島さんのようにやりたいなら良いでしょう。

あのスタイルは、ある層には、
必要とされているメルマガです。

 

しかし、あのスタイルで、
最新の無料オファーや
最新の情報商材を紹介し続けるなら、、

そういう大衆に向ける媒体を目指すなら、、

お金をかけてリスト収集

リストをお金に変える

またお金をかけてリスト収集

この過酷な自転車操業をやり続けないといけないので、
本当に大きな資金力がないと疲弊するんですよ。

 

僕も体験しました。

 

だからこそ、僕は今年の2月から
大きくメルマガの方向性を変えたわけです。

多くの人がスルーしがちなことですが、
今後は、スタンダードの考えになると思いますよ。

 

大切なものは足元にある

今日はちょっと初心者さんに
勇気をあげようと思います。

 

もしあなたがネットビジネスの初心者であれば、

初心者と思わないでいいです。

 

例えば、僕の読者さんは
僕より10歳も20歳も年上でありながら、
非常に謙虚な方が多いです。

謙虚であれば、人は安心します。

それは非常に良いことです。

 

しかしながら、メールマガジンを書くならば、
謙虚さがアダになることもあります。

 

謙虚なのは、心の中だけにして下さい。

 

わかりやすく言うと、例えばメルマガやブログに、
自分は「初心者です」とを書かないで下さい。

そもそも「初心者」だと思わない方が良いです。

確かに誰でも最初は初心者ですが、
3日もやれば、初心者でなくなります。

 

で、ここからがもっと重要ですが、

ネットビジネスで経験が少ないことは
全く考えなくてもいいと思います。

 

あなたの人生経験に自信を持って下さい。

 

インターネットビジネスを初めて3ヶ月だとしても
人生経験は、何十年とあるわけですよね。

 

なんで、年上の人に敬語を使うんでしょうか?

 

アメリカは、そういうのは無いですが、
日本とか韓国は目上の人に敬語を使いますよね。

 

部下が上司に敬語を使いますが、
もしそういうポジションがない場合どうでしょうか?

たいがい年上の人に敬語を使いますね。

 

なんでですか?

 

欧米のようにタメ語でもいいんじゃないですか?

 

韓国はもっとすごいですよ。

日本だと「EAT」は、

  1. 食べる
  2. 召し上がる

の2段階ですが、

韓国の「EAT」は、

  1. モクタ
  2. トゥシダ
  3. チャプスシダ

の3段階です。

 

チャプスシダは、お年寄りに使うものです。

 

韓国は僕の感覚では、
日本以上に「縦」を重んじています。

 

「縦」を重んじる文化なんです。

 

先に生まれたというだけで敬語を使うというのは、
「人生経験」に価値があるからじゃないでしょうか?

 

では、あなたも「縦の力」を
生かしてはいかがでしょうか?

 

ネットビジネスの経験が仮に浅いなら、
「人生経験」があるじゃないですか?

 

人生楽ありゃ苦もありますが、
一時一時に価値があるわけです。

一時一時に価値があるとしたら、

一時でも長く生きたら価値が上がる

とも考えられますよね。

価値を与えることがビジネスならば、
その「人生経験」をコンテンツにしたらいいんです。

人生経験の中で得たものを
情報発信すればいいわけです。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


メルマガ読者は読者は生涯の仲間

前回は

「メルマガが読まれなくなる意外な原因」

について書きました。


前回の記事

 

今から情報ビジネス(情報商材アフィリエイトを含む)
を実践するなら、

厳選された情報発信

厳選された商材販売

更に、

その商材に関連する情報を発信する

これがお奨めです。

 

一貫した情報を発信することが、
読者さんにとっても真に有益です。

ですので、これが読者さんとの
関係を築く早道でもあるのです。

 

今日はもう少し深く突っ込みます。

この方法は、

あなたが仲間と共に目標を果たすための情報発信です。

仲間が結果を出すことに本当にフォーカスした場合、
この方法の価値が分かります。

仲間のために、一貫した情報を発信するということです。

 

例えば、あなたがあなたの読者さんと一緒に
月収100万円を目指すとします。

そうしたら、アフィリエイトする商材は、
読者さんが実践する教材です。

 

だから、紹介する商材は、あなたが読者さんの相談に
乗って上がられるようなものを選んでください。

そして、次に紹介する商材も同じく、
あなたが仲間と共に目標を果たすための商材を紹介します。

 

そうやって、
仲間が結果を出して目標を達成するための
一貫した商材を厳選してアフィリエイトするのです。

 

もっと言ってしまうと、
アフィリエイトにこだわる必要はありません。

自分に報酬が発生しなかったとしても、
読者さんが結果を出すためのものであれば、
惜しみないく紹介するのです。

 

これは、

「読者さんは、あなたの生涯の仲間である」

という発想です。

 

自分の仲間、もっと言えば家族であれば、
結果を出すことにどれくらい親身になって上げることができるか?

 

あまりこういうことを言う人はいませんが、
これが結構重要だと思っています。

 

この情報ビジネス業界って、
ビジネスの最先端なんですよ。

 

なので、ノウハウレベルを極めてしまって
今後は行き着くところまで来てしまっている。

そう感じています。

 

これは、僕の個人的かつ深淵な考察ですが、
これからは「読者は家族」っていうレベルの
考え方が必要になると思っています。

 

これが

「ライフタイムバリューマーケティング」

です。

これは、僕がコンサルを受けた
ある有名マーケッターの言葉です。

ライフタイムバリューとは、
お客さんの生涯の価値です。

一人のお客さんの生涯の価値まで考える
マーケティング手法です。

一度あなたのメルマガの読者になった人は、
死ぬまで一緒だよっていう考え方ですね。

 

大衆ウケをねらう「総合誌」を目指すか?

「生涯の仲間」に厳選された情報発信をすることを目指すか?

これは人それぞれですし、
自分にあった方法を選べばいいと思います。

どちらが正しいというものではありません。

両方やれる人はやっても良いでしょう。
(やる場合、媒体を分けたほうが良いと思います。)

 

ただ、今から情報商材アフィリエイトなどの
情報ビジネスを実践するならば、

僕は断然
「ライフタイムバリューマーケティング」
を推奨します。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


メルマガが読まれなくなる意外な原因

メルマガアフィリエイト
挫折する大きな原因の一つは、

リストの枯渇(読者の反応が無くなること)」

です。

昨日そのことをお話しましたね。


昨日の記事

 

あなたが何か新しい商材を購入したら、
どうでしょうか?

例えばもし、あなたがたった今購入した商材が、
非常に稼げそうな魅力的な教材だとします。

 

ワクワクしますよね。

 

しばらく、その教材を
勉強することに集中しますよね。

 

そして、その教材を
実践することに集中しますよね。

 

・・・

 

そうしたら、
その商材と関係ないメルマガなどは、
読まないほうがいいんじゃないでしょうか?

もしその教材が稼げそうな良いものであれば、
集中したほうが良いですよね。

 

であれば、一番最初に解除するメルマガは、
売り込みが激しいメルマガではないでしょうか?

 

なぜなら、

あなたが実践中の教材があるにも関わらず、
他の商材を売り込まれることは、
ほとんどの場合、邪魔になるからです。

 

では、今度は、購入者ではなく、
アフィリエイターの立場に立ってみましょう。

新しい優良な教材を
あなたの読者さんが購入したとします。

そうしたら、
どういうメルマガを発行すれば、
読者さんは嬉しいですか?

 

売り込みのメルマガではないはずです。

 

1年前の僕は、
ここを間違えてしまっていました。

 

「新しい商材が一番売れる!」

 

この言葉に心を支配されてしまっていたのです。

 

確かに売れます!

しかし、これは一時的な実績にはなりますが、
長い目で見て、もったいないやり方なんです。

 

「新しい商材は(確かに)売れる!」

この事は抑えておく必要はあるでしょう。

しかし、もう一点抑えておかないといけないのが、

「商材を購入した読者の反応は落ちる」

ということです。

 

なぜなら、教材を実践する場合、
その教材販売者のメルマガ読むことが優先されるからです。

 

あなたの商材であれば落ちませんよ。

でも自分の商材でないなら、
反応はほぼ間違いなく落ちます。


ゼロにはならなくても少しは落ちます。

 

これはどうしようもないことなのでしょうか?

・・・

いい方法があります。

反応が落ちるとしても
それを最小限に抑える方法があります。

それどころか、
ますます熱心に読んでくれるかも知れません。

 

どうしたら良いでしょうか?

 

この方法であれば、売り込んでも大丈夫です。

 

購入者に発信するべき情報

それは、、

購入して頂いた商材に関連する
情報を発信すること

購入して頂いた商材の実践を
加速する商材を売ることです。

その教材と反対のことを言っている商材ではなく、
関連する商材である必要があります。

 

しかし、注意すべきところは、
売り込みするとしてもタイミングです。

一ヶ月のうちに何度も何度も売り込むのは
読者さんにとってものすごく負担です。

 

基本的には、厳選された教材を
一定の期間をおいてアフィリエイトする。

これが、読者さんのためにも
負担が少ないわけです。

 

売り込みメルマガも必要?

確かに初心者さんが「売り込みメルマガ」
を必要とする場合もあります。

「売り込みメルマガ」
幅広い情報や最新情報を扱う
総合誌のようなメールマガジンです。

しかし、そういうメルマガは、
川島さんのような大御所で無ければ難しいのです。

なぜなら、圧倒的な経験人脈

そして圧倒的な読者数があるからです。

 

もし今からアフィリエイトを始めたような人が
この「総合誌」を目指すにはハードルが高すぎるのです。

 

僕たち後発組がそれをやっても
大御所に大部分もっていかれてしまうのです。

 

だから、僕たち後発組が目指すべきなのは、
そういう「総合誌」のような大衆ウケする情報発信ではなく

「厳選された情報発信」なのです。

 

自分がアフィリエイトした商材は、
継続してサポートしたり、関連情報を発信する。

また、売り込むとしても
一貫した商材を売り込む必要があるのです。

 

読者さんが喜ぶメルマガは
その教材の実践に役立つ情報発信です。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


メルマガ読者増加と売り込みのスピードの関係

前回の続きです。


前回

これだけ、売り込みが少ないメルマガだと
さすがに心配して下さる方もいらっしゃいます。

「大丈夫なのか?」と、、

 

心配してくださりありがとうございます。

しかし、大丈夫です。

 

むしろ嬉しいことが起こっています。

 

売り込みメルマガの時にはなかった
読者さんからの問い合わせがあったりもします。

 

また、一つ興味深い話があります。

昔から僕のメルマガを読んで下さっている
ある読者さんがいらっしゃいます。

 

その方は、僕がほぼ毎日のように
メルマガでアフィリエイトをするようになってから
ほとんど僕のメルマガを読まなくなったそうです。

 

しかし、売り込み系をやめてから
再び読んでくださるようになり、

「メルマガのコンセプトを変えてくれて嬉しい」

「今後が楽しみです!」

というメールまで頂きました。

 

僕の今のような形のメルマガを気に入ってくださる方が
増えているのを日々感じています。

 

今日は、これに関して重要なお話しします。

 

今後のあなたのネット収入にも影響しますし、
人生そのものに影響するお話です。

 

ぜひ、注意深く読んで下さい。

 

 

読者が増えるスピードが間に合わない現象

僕が最初に月7万円の報酬を稼ぐことができたのは、
川島和正さんの教材のおかげでした。

 

その教材を忠実に実践して
4ヶ月後には、月7万円になりました。

 

川島さんのノウハウを真似していたので、
メルマガももちろん最新情報発信型です。

毎日毎日、無料レポートや有料商材を
アフィリエイトする形のメルマガです。

 

ですが、これを続けてゆくには限界がありました。

 

この方法を続けてなおかつ稼ぎ続けるためには、
あることが必要でした。

 

それは、

「新規の読者をドンドン集める」ということです。

 

しかも、この読者を集めるスピードで
遅れをとったらアウトなんです。

もうとにかくドンドンドンドン集めないといけません。

 

例えば、月に数百人ずつメルマガ読者を増やしても
足りないくらいです。

売り込みのスピードに
読者増加のスピードがついてゆかないんです。

 

一人が一月に購入する商材は、
多くても2つか3つくらいです。

 

そもそもそんなに購入しても
情報過多で消化不良になります。

だから売り込めば売り込むほど、反応は悪くなります。

言い方は悪いですが、リストが枯れるのです。

 

当然、バランスが崩れてしまいます。

 

読者の反応は落ちてしまうので、
アクティブな読者を物凄いスピードで
集めないといけないのです。

 

だからその対策として、
必然的に読者増サービス等が必要になります。

無料レポートやブログからの登録だけでは、
読者増加のスピードが間に合わないのです。

 

そうなると資金力が必要になります。

また、読者増にお金をかけたとしても
そのお金を回収できるほどの実力がないといけません。

 

実力というのは、
ブランディング力とか
コピーライティング力とかです。

 

ただメールを発行すれば
稼げるわけではありません。

 

売り込めば売り込むほどリストは枯れ
読者増加のスピードが間に合わなくなる。

そして、メルマガの反応が
限りなくゼロに近づいてゆくのです。

 

だから、メルマガ読者を増やしし続けつつ
それをお金に変えるような
売り込みのメールを書き続けるのです。

 

自転車をこぐのをやめると
収益が止まってしまうのです。

 

これはメルマガアフィリエイトで
多くの人が挫折する原因の一つです。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


読者が結果を出すのを遅らせるアフィリエイター

先日、ある社長の話を聞きました。

 

韓国の不動産会社の社長のお話です。

 

その社長は、ある支店のオープン式の際、
社員たちに向かって、

「あなた達みんな、社長になって欲しい!

そして、私が歳をとって白髪のおばあさんになった時、
お茶をご馳走して欲しい。」

そう言ったそうです。

 

何気ない社長のコメントのようですが、
ある視点で見るとすごく感動するメッセージです。

 

会社の社長であれば、社員が成長したら
自分の会社の中で実力を発揮して欲しい。

そう思う場合が多いでしょう。

 

実力のある社員を会社から出すのは、
普通に考えてマイナスだからです。

 

しかし、こういう社長もいるんですね。

 

で、ネットビジネスでも
こういう観点って重要です。

自分と同じように、
あるいはそれ以上に結果を出して欲しい。

 

そう本気で願っている人であれば、
その人自身も発展します。

 

現に、そういうアフィリエイターさんが
結果的に大きくなってきています。

 

情報ビジネスって搾取型ビジネスだと
前から薄々感じていました。

 

実際そういう現実もあったりします。

 

でも、これからはホンモノ
残るんじゃないでしょうか?

 

購入者が結果を出すことにフォーカスして
購入者が自分と同じ立ち位置に立つことを願う人

 

そういう人がどんどん大きくなります。

 

最近、新し情報商材を読んでいて、
本当にそういうことをひしひしと感じるんです。

 

「この教材作者さんたち凄い!」

 

純粋にそう思いました。

 

 

話は変わりますが、僕は
「引き寄せの法則」という本が好きです。

 

なぜ好きだか分かりますか?

 

 

・・・

 

・・・

 

なぜかというと、
その根本思想が、凄いんです。

 

「全人類が富を得て、金持ちになっても、
地球上から富が足りなくなることはない!」

 

そういう風に書かれています。

 

ちまたには、

「誰かが笑えば、誰かが泣かないといけない」
そんなビジネスも多数存在しています。

 

例えば、僕たちがこの先、
インターネットビジネスでメチャクチャ稼ぐとします。

 

そしたら、更に多くの読者さんに自分のノウハウを教えて
あなたの読者さんもみんな稼ぐようになります。

 

全員です。

 

そういうのを目指すべきだと思うんです。

 

誰かを泣かせるようなビジネスだった場合、
自分が思い切ってやれないんじゃないでしょうか?

ストッパーがかかりませんか?

 

やはり人には良心がありますので、、

良心に引っかかるんです。

 

それでも自己正当化してやり続ける人もいますが、、

 

やはり、Win-Winですね。

 

情報ビジネスの業界って、
なかなかそうなりづらい気がしませんか?

 

情報商材アフィリエイターなどは、
けっこうココが課題ですよ。

 

その商材を紹介して、
その人の実践を遅らせるようなものは
紹介しない方が良いと思います。

僕も以前そうやって色々な商材を紹介していました。

 

「今からメルマガアフィリエイトを実践しよう」
と思っている人に対して、
携帯アフィリエイトの教材を売る。

 

新商材であれば、
なんでもかんでも紹介するスタイルの人もいますが、
その場合、読者がよくそのことを理解して置かないとダメです。

 

読者さん自身がをズラさない決意です。

 

軸のノウハウを実践中だとしたら、その軸をズラさず、
新しい知識の充填として割り切らないといけません。

新しいノウハウに浮気しないようにしないといけません。

商材を買っては、また最初から実践

また買っては、最初から実践

本人は稼ごうと思っても、
どんどんどんどん遅れるわけです。

 

セールスレターはコピーライティングを勉強した猛者たちが
渾身の力を込めて書いています。

だから、ついつい買ってしまうわけですが、、

 

販売者やアフィリエイターは、確かに儲かります。

 

しかし、売る側と買う側との間に、
相互理解がないといけないんじゃないか?

 

最近、そう感じています。

 

 

っと、今日もマインドっぽい記事になりました。

 

でも情報商材のレビューや実践記以外だと、
マインド寄りのこと以外語ることってあまりないんですよね。

 

だって、ノウハウレベルの情報は、もう出きっていますし、

グーグルで調べれば出てくるし、

情報商材を買えばほぼ網羅されています。

 

なかなか真新しいノウハウは書きにくいですね。

 

真新しいノウハウを探すことも
市場の空いているところを探すことも
稼ぐためには必要だと思います。

 

しかし、そういう真新しいノウハウを求めつつも
より、本質を突いたことも追求してゆきたいですね。

これからは、より必要なことです。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


メルマガのおかげで、このようなことができました。

実は、日本に来るまでの間に
多くのメルマガ読者さん会って来ました。

これって、メルマガ発行者の特権だと思います。

ブログ読者さんでもこういう風に
交流が広がるパターンもあります。

しかし、やはりブログよりもメルマガの方が
読者さんとの関係が深まりやすいと思います。

人とのコミュニケーションが苦手な方な僕が
こうやって仲間を作ることができるのもメルマガのおかげです。

普通だったら日本全国に
こうやって仲間を作ることができるか?

というと、無理です。

インターネットとメルマガのおかげで
このようなことができました。

SNSとかブログとか仲間を作る手段は色々あります。

しかし、やはり近い関係を築くのに
非常に大きな力を発揮するのがメルマガです。

最近は、フェイスブックがスゴイですが、
これだとまだまだゆるい関係です。

やはり、メルマガであればこそ、
より近い関係を築くことができます。

最近はスマートフォンもありますし、
携帯メールでメルマガ受信する場合もあります。

携帯やスマートフォンは、
今は人々の日常生活と切り離せないモノです。

となると、あなたがメルマガを発行することで
読者さんの日常生活に飛び込んでゆけるというわけです。

インターネットで稼ぐ方法にも色々ありますが、
仲間を作れて稼げるというのは非常に魅力的だと思います。

ただただ単調作業をし続けるというのが
「好き」という人ももちろんいるでしょう。

しかし、同じアフィリエイトでも作業だけでなく、
読者さんとの心の通ったやり取りができる。

それが、メルマガブログアフィリエイトのだいご味です。


ご意見ご感想はこちらまで

タグ


このページの先頭へ