アメブロ怪奇現象

本日、アメブロで怪奇現象が起こりました。

こちらがその画像です。
ameblo-omosirogensyou

この画像を見て、何が問題なのかわかりにくいと思います。

 

いったい何が怪奇なのかというと、こういうことです。(クリックで拡大)
ameblo-omosiroidekigoto

 

グローバルナビゲーションの部分が、なくなっていますが、
これは、フリースペースを使って表示していたのが、削除されたためです。

 

最近は、アフィリエイターとアメブロとの闘争が繰り広げられていますね。

削除が相次いでいます。

今回の現象も「商用禁止」という規約から来ているようです。

 

まず、記事へのアクセスができなくなったことについて
僕なりの見解を述べたいと思います。

記事が表示されず、代わりにアメブロからの
コメントが書かれていましたが、そのコメントは、

この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・
表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。

というものです。

そして、実際に僕が書いた記事の内容は、
以下の様なものでした。

▼ここから▼
応援クリックして頂けると大変嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

今日もエンジェルインアスコーヒーで、アメブロ書いています。

[写真×3枚]

 

iPhoneのアメブロアプリのおかげで世界が広がりました。

 

この記事がお役に立ちましたら、
ブログのランキングボタンをクリックしていただけると助かります!↓
⇒ <在宅ワークブログランキング>

 

[画像リンク]

宮嵜のメルマガ、『原則中心インターネットビジネス』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を配信しています。
渾身の力を込めて配信中です。↓

↓よろしければ、チェックしてみてください。
メールマガジン 『原則中心インターネットビジネス』

インターネットで本当に稼ぎたいあなたに
オススメのイーブックはこちらです。

ネットで稼いで海外で自由に生活する方法

[画像リンク]

▲ここまで▲

(青字はリンクです。)

僕の予想では、やはり「稼」という言葉があったのと、
メインの記事の文字数はかなり少ないにも関わらず、
すぐにメルマガ登録やランキングクリックを促す定型文があり、
さらにその文字数が多かったことではないかと考えています。

メインの記事よりもメルマガ登録や
レポートダウンロードを誘導するための文が
多かったことが一つの要因だと思います。

あともう一点は、紹介するレポートが稼ぐ系のレポートだったことです。

 

次に、フリースペースやプラグインに貼り付けていたものが
全て削除されたことについてですが、

これも同様で、稼ぐ系のレポートや
メルマガ登録に誘導していたからだと思います。

商用利用禁止をうたっているので、
今はアメブロは稼ぐ系情報発信はしない方が良いかも知れません。

また、メールアドレスの取得に関しても
気をつけて考えて行わないといけないと思いました。

アメブロを多くの起業家が使っているのは、
主にリスト収集が主目的です。

それだけリスト収集に効果のある媒体であると言えます。

ですので、やはりメルマガ発行者にとっても
アメブロによる読者増加は非常に重要です。

ぜひ「商用利用禁止」ということに気をつけつつ
アメブロを活用して頂ければと思います。

タグ


メルマガ読者増加と売り込みのスピードの関係

前回の続きです。


前回

これだけ、売り込みが少ないメルマガだと
さすがに心配して下さる方もいらっしゃいます。

「大丈夫なのか?」と、、

 

心配してくださりありがとうございます。

しかし、大丈夫です。

 

むしろ嬉しいことが起こっています。

 

売り込みメルマガの時にはなかった
読者さんからの問い合わせがあったりもします。

 

また、一つ興味深い話があります。

昔から僕のメルマガを読んで下さっている
ある読者さんがいらっしゃいます。

 

その方は、僕がほぼ毎日のように
メルマガでアフィリエイトをするようになってから
ほとんど僕のメルマガを読まなくなったそうです。

 

しかし、売り込み系をやめてから
再び読んでくださるようになり、

「メルマガのコンセプトを変えてくれて嬉しい」

「今後が楽しみです!」

というメールまで頂きました。

 

僕の今のような形のメルマガを気に入ってくださる方が
増えているのを日々感じています。

 

今日は、これに関して重要なお話しします。

 

今後のあなたのネット収入にも影響しますし、
人生そのものに影響するお話です。

 

ぜひ、注意深く読んで下さい。

 

 

読者が増えるスピードが間に合わない現象

僕が最初に月7万円の報酬を稼ぐことができたのは、
川島和正さんの教材のおかげでした。

 

その教材を忠実に実践して
4ヶ月後には、月7万円になりました。

 

川島さんのノウハウを真似していたので、
メルマガももちろん最新情報発信型です。

毎日毎日、無料レポートや有料商材を
アフィリエイトする形のメルマガです。

 

ですが、これを続けてゆくには限界がありました。

 

この方法を続けてなおかつ稼ぎ続けるためには、
あることが必要でした。

 

それは、

「新規の読者をドンドン集める」ということです。

 

しかも、この読者を集めるスピードで
遅れをとったらアウトなんです。

もうとにかくドンドンドンドン集めないといけません。

 

例えば、月に数百人ずつメルマガ読者を増やしても
足りないくらいです。

売り込みのスピードに
読者増加のスピードがついてゆかないんです。

 

一人が一月に購入する商材は、
多くても2つか3つくらいです。

 

そもそもそんなに購入しても
情報過多で消化不良になります。

だから売り込めば売り込むほど、反応は悪くなります。

言い方は悪いですが、リストが枯れるのです。

 

当然、バランスが崩れてしまいます。

 

読者の反応は落ちてしまうので、
アクティブな読者を物凄いスピードで
集めないといけないのです。

 

だからその対策として、
必然的に読者増サービス等が必要になります。

無料レポートやブログからの登録だけでは、
読者増加のスピードが間に合わないのです。

 

そうなると資金力が必要になります。

また、読者増にお金をかけたとしても
そのお金を回収できるほどの実力がないといけません。

 

実力というのは、
ブランディング力とか
コピーライティング力とかです。

 

ただメールを発行すれば
稼げるわけではありません。

 

売り込めば売り込むほどリストは枯れ
読者増加のスピードが間に合わなくなる。

そして、メルマガの反応が
限りなくゼロに近づいてゆくのです。

 

だから、メルマガ読者を増やしし続けつつ
それをお金に変えるような
売り込みのメールを書き続けるのです。

 

自転車をこぐのをやめると
収益が止まってしまうのです。

 

これはメルマガアフィリエイトで
多くの人が挫折する原因の一つです。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


メルぞう読者ぞうサービスとまぐぞう読者増サービス

やはり、収益を早く産んでゆくために読者増サービスはオススメです。

今日は、メルぞう読者増サービス
まぐぞう読者増サービスについてお伝えします。

 

僕が実際に使ったのはまぐぞう読者増サービス
SEO&ゲーム読者増サービスです。

メルぞう読者増サービスはまだ使っていません。

しかし、メルぞう読者増サービスの評判も良いので、
自分の得た情報の中からメルぞうまぐぞうを比較してみます。

 

知り合いのアフィリエイターさんや有料教材の内容を参考にすると
メルぞうの方が濃い読者だと思います。

やはり、ご自身の無料レポートを紹介IDで掲載するということなので、
その分濃い読者さんが一部含まれているからですね。

それに対してまぐぞうは、自分の無料レポートのダウンロードではありません。

ですので、濃い読者であれば、メルぞうが良いと判断できます。

しかし、難点は、メルぞう読者増は収集が始まるのに
かなり時間がかかると聞いています。(半年以上かかったりもする。)

 

同じ金額なので、

時間を優先するならば、まぐぞう

時間はかかっても濃さを優先するならメルぞう

そういう風に選択するのが良いのではないでしょうか?

 

メール相談

タグ


無料オファーの費用対効果100円~700円

読者増加の方法別の費用対効果についてお伝えします。

僕の独断的な見解は以下の通りです。

 

これらについての前回の記事はこちらですので、参考にして下さい。

無料レポートスタンドの費用対効果50円~100円

 

今日は、無料オファーの費用対効果についてお伝えします。

まず、この無料オファーで読者を集めるというのは、どういう事なのか?

ということですが、手順は以下の通りです。

 

無料のコンテンツを作る(無料レポート、無料音声、無料動画)

それの無料コンテンツをアフィリエイターに
報酬を支払う代わりに紹介してもらう。

 

かなり簡単に書くとこの2ステップになります。

これは、よく「フリー戦略」と呼ばれるものです。

この方法で読者を集めると、
非常に精読率の高い濃い読者さんを集めることができます。

一般的には、このフリー戦略は、インフォプレナー
(情報起業家)が行いますが、
これをアフィリエイターがやってしまうこともあります。

 

ちなみに僕もやりました。

僕の場合、昨年5月に1件200円のアフィリエイト報酬を支払って
12日間で2500名以上の読者さんを集めたことがあります。

 

実は、現在も一件100円の報酬でやっています。

 

アフィリエイターがこれをやるということは、
無料オファーで集めた読者さんに向けて
商材をアフィリエイトするということです。

つまり、インフォプレナーは、バックエンドとして、
自身の商材を販売しますが、
アフィリエイターは、バックエンドとして、
他者の商材をアフィリエイトするという形ですね。

 

一件数百円の投資であれば、
1000アドレス集めるのでも数十万円かかりますので、
資金も必要ですし、勇気が必要ですが、効果は大きいです。

 

最近、フリー戦略が多く、だいたい300円から500が多いですが、
時々700円とか1000円の無料オファーがあったりもします。

 

必ず、回収できているわけではなく、
実は赤字を出してしまう場合もあるそうですが、
それでもこの手法が行われ続けているということは、
やはり効果の大きな読者増加方法だと言えます。

タグ


無料レポートスタンドの仕組み

今日は、無料レポートスタンドの仕組み
について書いてゆこうと思います。

無料レポートスタンドには、
無料レポートのダウンロードによる協賛ポイントがあります。

これが無料レポートスタンドの大きな特徴の一つです。

 

協賛ポイントとは、あなたの紹介URLで、
無料レポートを紹介することで貯まるポイントです。

例えば、メルぞうを例に説明すると、
発行者ページから以下の赤枠のような紹介URLを取得します。

mailzou-url

 

このポイントが貯まると、あなたのメルマガ名が
以下のように無料レポートダウンロードページに表示されるようになります。

mailzou-syoukaipage

赤枠の部分に協賛ポイントを貯めたメールマガジンが表示されます。

青枠の部分は、その無料レポート提供者のメールマガジン名です。

 

つまり、協賛ポイントを貯めると、他者の無料レポートダウンロードページの
上図で言うと赤枠の部分にあなたのメルマガ名が
協賛メルマガとして表示されます。

 

そして、そのあなたのメルマガ名の左の部分にチェックを入れて
その無料レポートをダウンロードした人のメールアドレスを
あなたが取得できるという仕組みです。

このような形で、メールアドレスをあなたが取得て来た時に、
貯めたポイントが消費されるという仕組みになっています。

 

ですので、他者の無料レポートを紹介することが
あなたのメルマガ読者増加にもつながるわけです。

 

これが無料レポートスタンド醍醐味の一つですね。

 

この仕組を使って、無料レポートを沢山紹介すれば、
無料でドンドンメールアドレスを集めることも可能です。

タグ


読者増加の方法別の数値による比較

読者を集める方法は色々ありますが、
今日はそれらを独断と偏見の数字で表して比較してみたいと思います。

まず、どんな読者増加の方法があるのか以下に記載します。

  • 読者増サービス
  • 無料レポートスタンド
  • 無料オファー
  • ブログやサイトからの登録
  • 号外広告
  • メルマガ相互紹介
  • 購入者特典請求

これらが、それぞれどれくらいの価値がるのか?
ということを僕の考えで以下に記載します。

  • 読者増サービス → 10円~40円
  • 無料レポートスタンド → 50円~100円
  • 無料オファー → 100円~700円
  • ブログやサイトからの登録 → 200円~1000円
  • 号外広告 → 200円~1000円
  • メルマガ相互紹介 → 1000円以上
  • 購入者特典請求 → 1000円以上

要するに、右側の金額は、
「この読者増加の方法が1アドレス〇〇円の価値がある」
という意味です。

1アドレスあたりだいたいこの金額で集められるということですね。

しかし、例えば、メルマガ相互紹介などは、
実際にはお金をかけていませんが、もしこれで読者が増えるならば、
1000円くらいの時間と労力分にはなるだろうという僕の独断の数字です。

また、この数字は、集めた時点での価値基準の目安として見て下さい。

なぜかというと、その後のあなたとの信頼関係によって、
この数字を大きくしてゆくことができますし、
また、もちろんあなたから離れてゆく読者さんもいます。

こうやって1リストいくら?と言って機械的に数字で表現してしまうと
何だか無機質で冷たい感じがしますね。

しかし、ネットで稼ごうと思えば、マーケティングは、必要です。

また、ビジネスを大きくしようと思えば、
お金をかけて集客することも考えなければなりません。

メルマガ読者を増やす方法への費用対効果を考えて、
ある程度の数値を念頭におくことも重要ですから、、

という訳で、次の記事からは、
それぞれ数字(金額)の根拠をお伝えします。

読者増サービス → 10円~40円

タグ


SEO&ゲーム読者増サービスを使ってまぐまぐ!を名刺にする。

SEO&ゲーム読者増サービスは、業界最安値ですね。

しかし、安い分、やはり質は微妙です。

でも僕としては、このサービスは今後継続的使おうと考えています。

なぜかというと、反応が「0ではない」ということと
もう一点は、外見上の読者も重要だと思うからです。

僕のまぐまぐ!の部数は現在22000部ですが、
正直な話、そこまでクリックされません。

自分の独自配信の読者さんの方がクリックして下さいます。

しかし、この2万2千という数字もある意味重要です。

この部数がブランディングとなり、
実はこれをネットビジネス初心者さんが見た場合、
普通に「この人はスゴイ人だ!」と思ったりします。

そんな見せかけの読者なんかいらないよ!
という思うかも知れませんが、
見せかけでも部数部数です。

たとえ見せかけでも、2万部以上にしようと思えば、
格安の「SEO&ゲーム読者増サービス」でも25万円以上かかります。

ネットビジネスにそこまでお金を投資するためには、
それなりの実績も必要でしょう。

ちなみに僕の場合、
6000部以上は無料で集めました。

まぐまぐ!であれば、部数が公開されるため
メルマガのブランディングになります。

そして、まぐまぐ!で、それなりの部数があって、
メルマガの内容もしっかりしていれば、

インフォプレナーさんから、
「私の商材をアフィリエイトして頂けませんか?」
という嬉しいオファーが来ることもあります。

まぐまぐ!で部数が多いということは、
実は名刺がわりになるというわけです。

タグ


まぐぞう不受理対策と無料レポート読者増加法

読者さんより以下のようなメールを頂きました。

 

▼ここから▼

> いつも楽しみにメルマガを読ませて頂いております。大変参考にな
> り助かっております。
> 私のメルマガビジネス状況をメールさせて頂き何かアドバイスがあ
> れば頂きたいのですが。
> 現在、無料レポートを一つ書いて、激増、メルぞう、スゴワザに登
> 録しています。まぐぞうは、どうしてか分からないのですが2回も
> 不受理になってしまいました。配信スタンドはコンビーズと契約し
> たのでアドレスが集まればこの環境で行いたいと思います。
> アドレスはまだ7名しか集まっていません。
> 宜しくお願い致します。

▲ここまで▲

 

これに対する宮嵜の返信は以下です。

 

▼ここから▼

メールありがとうございます。

> いつも楽しみにメルマガを読ませて頂いております。大変参考にな
> り助かっております。

いつもお読み頂き感謝しております。

> 私のメルマガビジネス状況をメールさせて頂き何かアドバイスがあ
> れば頂きたいのですが。
> 現在、無料レポートを一つ書いて、激増、メルぞう、スゴワザに登
> 録しています。まぐぞうは、どうしてか分からないのですが2回も
> 不受理になってしまいました。配信スタンドはコンビーズと契約し
> たのでアドレスが集まればこの環境で行いたいと思います。
> アドレスはまだ7名しか集まっていません。
> 宜しくお願い致します。

まぐぞうの登録フォームをそのまま転載すると以下のようになるので、
名前が本名でないとか、フリーメールを使っているとか、
メルマガURLに問題があるとか、でしょうか?

※お名前    
メルマガ発行者としてメルマガ文中に記載されているお名前を入力して下さい
(ペンネーム及び偽名は不可)
※メールアドレス    
※フリーメールは不可です。
お間違いのないようにご注意下さい
※ログイン用パスワード    
※半角英数字で4文字~8文字となっております。
※ログイン用パスワード再入力    
※確認の為、ログイン用パスワードをもう一度入力して下さい。
※直接ご入力して下さい。コピー&ペーストは不可としています。
※メルマガ名    
※メルマガのカテゴリ    
※登録ページのURL    
※必ずメルマガの紹介ページ(登録ページ)を入力して下さい。
(登録フォーム及び解除フォームがあることを必須とします)
例:http://www.mag2.com/m/123456.html
※メルマガの紹介文    
紹介文は200文字以内で記述して下さい。
※改行やタグは全て無効となります。

また、まぐぞうからの不受理のメールの中にも
ヒントがあるのではないかと思います。

僕も何度か不受理になったのですが、
まぐぞうから来たメールを転載します。


不備内容例
・登録名が運営されている方の本名または会社名などでない。
・メールマガジン(登録時配信メール含む)に住所、連絡先が
明記または該当するページのURLなどの記載がない。
・登録されているメルマガ名が間違っている。
(2重登録などの監視のため発行されているメルマガと全く同一のメルマガ名でご登録ください。)
・登録ページURLのリンク切れ
(URLの記載ミスなどにより記載されていたURLのページが存在しない。)
・登録ページURLに登録フォーム及び解除フォームがない
(記載いただいた登録ページURLのページには発行されているメルマガの
登録フォーム及び解除フォームの両方を有する必要がございます。
発行されているメルマガに解除フォームが存在しない場合は
解除する方法をしっかりと明記してください。)
・登録ページURLが不適切
・メルマガ登録時の登録確認メールが配信されない。
(まぐぞうにて登録ページURLにある登録フォームからテストとして
メルマガに申込をさせていただくケースがございます。
その際に登録時のメールが配信される設定にしていただくようお願い致します。)
・登録メールアドレスが不適切
・既に同メルマガが存在する。
・不適切な登録など

まぐぞうに関しては、これらの内容の中から心当たりのあるのもを修正して
再度申請してそれでもダメでしたら、後回しで良いと思います。

メルぞうをおさえておけば、ネットビジネス系のメルマガなら大丈夫です。

やはり良い無料レポートを作成することが最重要だと思います。

ベストは、無料レポートスタンドに登録するだけで
他の人に紹介して頂けるようなレポートです。

あとは、コメント回りやネットビジネス系SNSで仲間を作るのがお薦めです。

コメント仲間であれば、紹介してくれますし、
SNSには、無料レポート相互紹介コミニティなどありますので、
そこを活用するのがお薦めです。

あとは良い無料レポートを積極的に紹介すると
協賛ポイントが貯まってそのポイント分、読者が増えます。

始めは、そうやってコツコツ部数を膨らますのが王道です。

あと、これは、ちょっと力技ですが、
メルマガの部数を合わせて無料レポートの相互紹介を
オオモノに依頼するのも一つの方法です。

「部数を合わせる」というのは、
例えば、こちらがメルマガ部数50部だとすれば、
500部の人に無料レポートを1回紹介してもらう代わりに
こちらは10回紹介するという形です。

これは僕も何度か実行しました。

数万部のメルマガ発行者さんにお願いしたりもしました。

もしこれを行なうならば、ある程度交流がある人が良いですね。

優良なレポートを作って、
相手にもメリットを感じて頂けるメールを
丁重に書いて送れば、引き受けて頂けます。

しかし、これを行なうよりは、
放っておいても紹介して頂けるレポートを作るほうが
よほど効率的ですね。

以上簡単にアドバイスさせて頂きましたが、
他に何かありましたらご連絡下さい。

▲ここまで▲

 

メルぞうまぐぞうがネットビジネス系メルマガを発行するなら
お薦めの無料レポートスタンドです。

しかし、まぐぞうは審査が厳しいようなので、
何度申請してもダメなら一端諦めて他の作業をしたら良いでしょう。

やはりメルぞうが濃い読者が集まるスタンドなので、
最低メルぞうに登録しておけば、問題無いです。

正直なところ、メルぞう、まぐぞう、スゴワザだけでも十分な気がしますし、
極端に言うと、メルぞうだけでも良いくらいです。

 

また、無料レポートでの読者増加に関してですが、
最初のうちは、

無料レポートを積極的に紹介して協賛ポイントでコツコツ増やす!

また、アフィリエイター仲間を作って相互紹介!

これらが王道ですね。

 

ですが、やはり結局一番効率的なのは、
置いとくだけで勝手に紹介されるくらいの良質のレポートを作成することです。

 

これができれば、放っておいてもどんどん読者が増えます。

これに加えて更に、上の二つの方法合わされば更に加速です。

 

では、どうやってそんな良質のレポートを作成するのか?

その答えはこちらです。

トップレポートブランディング(宮嵜特典プレゼントリンク)

 

今だに多くに人に支持されまくっているロングセラー教材です。

宮嵜からの豪華特典案内

タグ


濃いメルマガ読者を集めるには、お金をかけてトントンにする。

メルマガ読者を集める方法はいくつもありますが、
やはりスピードを重視した場合、お金をかける必要があります。

無料レポートスタンドを使ったり、
ブログやサイトへのアクセスを集めて登録を待つ方法を使えば、
読者を無料で集めることができますが、それだけ手間と時間がかかります。

 

その手間と時間を省略するために、
お金をかけてメールアドレスを集めることは非常に効果的です。

そして、お金をかけたら、かけた分を回収しないといけません。

そう考えると、お金を回収してトントン(プラスマイナスゼロ)になったその時からが、
ある意味本番という考え方もできますね。

 

例えば、最近の例だと去年12月に発売された一劇筆札無限という教材ですが、
これは、号外広告に数万円かけて、リストを集めて、
そのメールアドレスに向けて無料オファーを紹介して稼ぐというノウハウです。

多くの人が、

号外広告に何万円もかけたけれど、「リストがあまりとれなかった」となった場合、
ガッカリすると思いますが、実は、それは、まだガッカリするのは早いです。

その後、無料オファーで大きく稼ぐことができずに、
マイナスになってしまったとしてもリストが残っています。

プラスになれば万々歳ですが、トントンになるだけでも万歳と言えます。

なぜならそこに、属性の絞られた読者が存在しているからです。

 

また、情報商材も実はそこで利益を上げるのではなく、
リスト収集をしてトントンにすることを目的にしている場合が多いです。

 

  • フロントエンド商材
  • バックエンド商材

という考え方です。

フロントエンド商材を広告費をかけて販売し、
そこで利益がでなくてもバックエンドで利益を上げるという方法です。

これは、情報ビジネスの業界では主流の方法です。

 

情報商材のアフィリエイト報酬を最大(88%)
にするのもこの発想からです。

そして、重要なのが、こうやってお金をかけて集まったリストは、
とても濃い読者であるということです。

 

一つの視点として、お金をかけて読者を集めて
トントンになった時がある意味濃い読者が集まった瞬間とも言えます。

これは読者増サービスにお金をかけた場合も同じ事が言えます。

これについては、次の記事に書きますね。

タグ


メルマガ読者増加の24の方法

昨日は、号外広告についてお伝えしたところ

数名の方から広告出稿のご依頼を頂きました。

こちらのメルマガの号外広告です。

原則中心インターネットビジネス

ありがとうございます。

「一劇筆札無限」のノウハウであれば、

無料オファーを連続してダウンロードしていただくため

1リスト数百円でとれるならば、かなりいいと思います。

ただ、やはり広告文に自信のない場合は、

そこまでオススメできません。

もしやるとしたら、

ポイントを抑えて広告文を書いて下さい。

今後、読者を色々なところから集めるという視点を持ったら、

やはり「号外広告」という道も外せないと思います。

今日は、僕が思いつく限り、

読者増加の方法を上げてみようと思います。

無料レポートスタンド
無料レポート相互紹介
メルマガ相互紹介
読者増サービス
登録フォームから直接
ブログで無料プレゼント
サイトで無料プレゼント
スクイズページ(ランディングページ)
フリー戦略
号外広告
その他有料広告
紹介特典プレゼント
購入者特典請求
PPC広告出稿
Facebook
Twitter
YouTube
アメブロ
その他SNS
情報商材をASPに登録
無料商品をASPに登録
名刺交換
出版
リストゲッター等
友人のリスト

ブログやサイトやSNSで集めるためには、

結局スクイズページをはさむため

そこは重複していますが、以上のような感じです。

もし、これ以外にもありましたら、

教えて頂けると嬉しいです。

また、上記に書いてある読者増加の方法について

詳しく知りたい場合は、メールして下さい。

メール相談

要するに、読者を集めるためには、

上記のような媒体を通して

お金と労力をかけるしかありません。

また、上記のような方法は、

今や多くの人がもうやっている方法です。

そのため、読者増加をするために一番重要なのは、

上記のような読者増加の方法を知っていることではありません。

また、上記のような読者増加の方法を

実践することだけではありません。

上記のような読者増加の方法で

集まってくる読者さんに対して

どのように近づいてゆくか?

その近づいてゆくために必要な問題が、

「差別化」です。

そして、その差別化の中で最も重要なのが、

「メッセージ」です。

あなたのメッセージを伝えてゆくこと

そして、そのメッセージに共感する人たちが

あなたの読者として残ります。

僕はメルマガをほぼ毎日配信していますが、

実はメルマガは配信すればするほど解除されます。

ですので、逆に言えば、解除されないためには、

配信しないでとっておけばいいんです。

しかし、この解除されるというのが

実は重要なんですね。

「解除」という言葉にマイナスイメージを抱くと思いますが、

この「解除」によってあなたのファンが絞られている。

ということを憶えておいて下さい。

沢山配信すれば解除されるのは当たり前!

しかし、その中であなたのファンが残るはずです。

そうやってリストビルディング

(顧客リスト構築)しているんですね。

お問い合わせはこちらから

⇒ メール相談

タグ


このページの先頭へ