結果が出る人と出ない人の違いは反応にあった!

今日は終戦記念日。

韓国では光復節といいます。

韓国ではただの大戦終了という意味だけではなく、
植民地支配からの解放という深い意味がある日でもあるようです。

ということで今日は韓国も休日です。

最近はサイトアフィリエイト
ついでに転売もやったりしています。

実は日本で家族がせどりや転売をやっているので、
それに便乗して発送作業をお願いしています。

僕が昔紹介したせどり塾をキッカケにして
実は弟がせどりで結構な利益を上げています。

ざっくりと言うと
家族5人で生活できるくらいの利益です。

この僕が弟に紹介したせどり塾も当時問題があって
裁判沙汰になったり、色々たたかれたりもしました。

しかし、それでもこうやって
結果を出せた者もちゃんといるわけです。

結果を出せるか出せないかは、

結局継続するか?しないか?

試行錯誤するか?しないか?

この違いです。

例えばツールに不具合があったり、
カリキュラムに不満があったとしても

人によっては結果も出せるし、
人によっては結果を出すことができない。

やはりビジネスっていうのはどこまで言っても

「心の持ち方」の違いが大きいと思います。

不足な事態が起こった時にそれでもへこたれず前に進める者。

不足な事態が起こったら人のせいにして前に進まない者。

同じ現象が起こっても人によって反応が違う。

反応が違えば結果も変わってくるわけです。

ですので、僕たちは常に起きた出来事に対しての

反応、リアクションの部分を大事にしないといけません。

不足な事態が起きたとしても

そこで前向きに捉える道は無いのか?

ポジティブに考えることができないか?

ここが極めて重要じゃないでしょうか?

・・・

ところで「不足な事態」と言えば、
こないだショッキングなことがありました。

ブログに書いたので見てみて下さい。


バカやっちゃいました。


これ楽天アフィリエイト実践者は気をつけて下さいね!

タグ


商品VS実践?どっちのアフィリエイト方法がいいですか?

jissenn

 

 

 

先日、読者さんよりメールで以下のようなご質問を頂きました。

▼ここから▼
> こんにちは。
> Iと申します。
>
> いつもメルマガ拝見しております。
> 最近配信されているブログアフィの話は非常に参考になり面白いです。
> ありがとうございます。
>
> 本日メールさせて頂くのは、素朴に私が思った事です。
> 最近のメルマガは何となく雰囲気が変わった様に感じますが、何か心境の変化等々あったのでしょうか?
> どうでも良いような質問ですいません。
▲ここまで▲

これに対する僕の解答は以下のとおりです。

▼ここから▼
Iさん、メールありがとうございます。

雰囲気は、2012年の2月くらいからずっと
「読者さんの結果重視のメルマガ発行スタイル」
に変えようとしていました。

そして、最近特に変わったのは、
ブログサイトアフィリエイトを本気実践ている所です。

今まで実践ベースでメルマガ発行するということはせず、
商品ベースでアフィリエイトしていましたが、
やっと実践ベースで情報発信できるノウハウが見つかった感じです。

初心者に特に難しいと言うメルマガアフィリエイトでの情報発信よりも
サイトアフィリエイトでの情報をメルマガで発信できるようにしたいと思って
サイトアフィリエイトの実践記を書くようになったので
雰囲気が変わったんだと思います。

心境の変化と言えば、以前よりも矛盾なくメルマガ発行できるという面で
心が軽くなったのかもしれません。

分かりにくい解答かも知れませんが、以上のような感じです。
▲ここまで▲

商品ベースというのは、どういうことかというと、

「売れる商品を見つけてアフィリエイトする」という方法です。

逆に、実践ベースとは、売れる商品かどうかに関係なく、
「自分が実践してみて結果が出た商品を紹介する」方法です。

売れやすい商品を見つけて売るというのは、
ビジネスをやるなら当たり前のことです。

だから、普通の当たり前のマーケティングと言えるでしょう。

ところが、特に情報商材アフィリエイトの場合、
これが当たり前では無いのです。

なぜかというと、お客さんが情報商材を購入する理由は、
今の現実を変えたいからです。

つまり結果を出したいからです。

特に情報商材の場合、情報だけなので、ものが残りません。

なので、情報商材は、特に結果が出るかどうかが物販以上に重視されます。

 

ところが、

売れる商材=結果が出る商材

という公式が必ずしも成り立たないんです。

売れていても本当に結果が出る教材ではないかもしれない。

こんなことを言うと、

「売れているんだから、沢山の人に認められていて
結果が出るからこそ売れんじゃないの?」

って思うかもしれません。

でも実はそうとも限りません。

商材を発売する前は、モニターが先に実践していて
そのモニターさんの推薦の声が販売ページに記載されていたりもします。

確かに良い商材だからこそ推薦の声が寄せられたりするわけです。

でもそれが実践者じゃない場合も少なくないなんです。

実践者ではなく、例えば権威者だったりします。

つまり大きな実績を出してはいるけれど、
ゼロからその教材を実践したわけでもなく、 
今現在その作業をしている人ではない場合も多いんです。

 

また仮にもし本当にその教材をゼロから実践して
結果を出している人が推薦の声を寄せていても
それを紹介する僕達アフィリエイター
ある程度確認する必要があると思います。

なので、一番間違いない方法は、
アフィリエイター本人が実際に実践してみて検証することです。

そうやって実際に自分が実践していないと
アフィリエイター本人が本気で自信を持って奨めることができないと思います。

時代が進むに連れて信頼を勝ち取る方法も進化、成長をしなければならないし
時代が進むに連れて信頼で差別化する方法もより高度になるのです。

以上のような理由から、アフィリエイターは、
商材ベースではなく 実践ベース
アフィリエイトすることをお奨めします。

タグ


自分が稼ぐだけのアフィリエイト

先日、ある無料レポートを紹介しました。


無料レポートを紹介した記事

 

すると、

なんとレポート作者のもりりんさんご本人から
以下のような嬉しいメールを頂きました。

 

▼ここから▼
> 宮嵜さん、こんにちは。
>
> もりりんと申します。
>
> はじめまして・・・・・・と言いつつ、
> 普段から、媒体でお目にかかることが多いので、
> ちっともそんな気のしない私なのですが。。。
>
> この度は、レポートのご紹介、
> 本当にありがとうございます。
>
> ご紹介いただいたメルマガ、
> 鳥肌が立つほど、感激しました。
>
> 稼いでおられる方からは、
> ご批判や、お叱りも覚悟だったんですけど、
> 宮嵜様のメルマガは、本当に、
> 勇気の出る、ありがたいお言葉で、自信になりました。
>
> かなり、面白おかしく書きましたが、
> 私以上に苦しんでいる人は、
> おそらく相当いるんだろうな、と、
> 確信も持てました。
>
> 本当に、ありがとうございます。
>
> 是非、今後とも、よろしくお願いいたします。
>
> ありがとうございました。
>
> もりりん
▲ここまで▲

鳥肌が立つほど感動して下さったとは、、

僕もその事実に「鳥肌が立つほど感動」です(TдT)。

 

僕も実際、苦しんできたところがありました。

僕が苦しんできたところというのは、
売り込むことへの「矛盾」です。

 

「読者に結果を出して頂く」ことを謳っているのに、
新しい商材を次々と売り込むことが必要なのか?

 

読者さんに必要な教材やツールは、
そんなに多くなくても良いはず、、

 

それなのに、自分が稼ぐために

「新しい商材は売れやすい」

という理由で次々とアフィリエイトする。

 

元々の「読者に結果を出して頂く」
というメルマガのコンセプトはどこに行ったのか?

 

しかし、なんだかんだと自己を正当化して
新しい商材を次々と紹介していました。

 

新商材はライバルだらけ、、

だから、ライバルたちを出し抜くために
特典をつけまくって、アフィリエイトする。

早くレビューページを作って
毎回、毎回、特典合戦に参戦。

 

こんなことを繰り返しながら、
読者さんの反応が落ちてゆく。

確かに、そこにガンガン
新規リストを増やしてゆけば成り立つかもしれない。

 

しかし、これは、自分がやりたことと違う。

 

「稼げればいい!」

今は、それだけでは満足できない
自分だということに気がつきました。

 

なぜかというと、

僕はメールをもらっていたからです。

 

読者さんから、

深刻な事情を吐露するようなメールを

過去にいくつももらっていたから、、

 

例えば、

起業を夢見るサラリーマンである彼が、

「現実的になれよ!夢見過ぎだ!」

と会社の同僚にバカにされ、
居酒屋でケンカになったり、、

 

離婚している40代の主婦が、
女手一つで、子供を抱えて、

どうしたらインターネットで
稼げるのかを必死に探していたり、、

あるいは、

妻子を養わなければならないのに
リストラされてしまった読者さん。

借金だらけになってしまった読者さん。

うつ病で苦しみながらも、
ネットビジネスに希望を見出している読者さん。

 

そういう人達が、実際にいるということを考えた時、

今までの自分の稼ぎを優先するだけのスタイル
良心の呵責とも呼べるものを覚えたのです。

 

毎日、売り込みをして、
月20万を稼いでいたのは、
僕にも養う家族がいるからです。

 

でも、養う家族がいるからといって、
「自分が稼ぐだけのビジネス」なんてやりたいのか?

と考えた場合、
本心からやりたいと思わなかったわけです。

 

だから、方針を変えました。

 

まさに「キレイゴト」そのものですね(^^)。

 

しかし、価値の提供がビジネスです。

読者さんにとっての価値って
「情報を提供すること」ですか?

違うと思います。

読者さんにとっての本当の価値とは

「結果を出すこと」です!

 

ビジネスには、大義が必要であり、
価値を与えられないビジネスは、
バランスを失い崩壊に向かいます。

 

売り込むことが望まれているのなら、
そう言うメルマガも必要だと思います。

 

でも、その情報収集の段階にとどまる限り、
いつまでもノウハウコレクターレベルです。

 

稼ぎやすい情報を追い続けて、
いつまでも実践できない人が多いのも事実ですから、

 

そいういう最新情報提供メルマガは、
もう既に川島さんのような大御所がいますから、、

 

川島さんのような人たちの実績経験情報が入ってくる人脈

それ以上のものを僕たちが提供できないと思うんですよ。

 

総合誌としてのメルマガよりも、
あなたという人物の専門誌を目指す方が、
人気が出そうじゃないですか?

人気が出るし、そっちの方がやりがいがあると思います。

 

目の前の20万円を追うメルマガ発行よりも、
読者さんと一緒に喜べるメルマガ発行

これを目指す方が、心がスッキリしますよ。

 

メール相談はこちら

タグ


読者が結果を出すのを遅らせるアフィリエイター

先日、ある社長の話を聞きました。

 

韓国の不動産会社の社長のお話です。

 

その社長は、ある支店のオープン式の際、
社員たちに向かって、

「あなた達みんな、社長になって欲しい!

そして、私が歳をとって白髪のおばあさんになった時、
お茶をご馳走して欲しい。」

そう言ったそうです。

 

何気ない社長のコメントのようですが、
ある視点で見るとすごく感動するメッセージです。

 

会社の社長であれば、社員が成長したら
自分の会社の中で実力を発揮して欲しい。

そう思う場合が多いでしょう。

 

実力のある社員を会社から出すのは、
普通に考えてマイナスだからです。

 

しかし、こういう社長もいるんですね。

 

で、ネットビジネスでも
こういう観点って重要です。

自分と同じように、
あるいはそれ以上に結果を出して欲しい。

 

そう本気で願っている人であれば、
その人自身も発展します。

 

現に、そういうアフィリエイターさんが
結果的に大きくなってきています。

 

情報ビジネスって搾取型ビジネスだと
前から薄々感じていました。

 

実際そういう現実もあったりします。

 

でも、これからはホンモノ
残るんじゃないでしょうか?

 

購入者が結果を出すことにフォーカスして
購入者が自分と同じ立ち位置に立つことを願う人

 

そういう人がどんどん大きくなります。

 

最近、新し情報商材を読んでいて、
本当にそういうことをひしひしと感じるんです。

 

「この教材作者さんたち凄い!」

 

純粋にそう思いました。

 

 

話は変わりますが、僕は
「引き寄せの法則」という本が好きです。

 

なぜ好きだか分かりますか?

 

 

・・・

 

・・・

 

なぜかというと、
その根本思想が、凄いんです。

 

「全人類が富を得て、金持ちになっても、
地球上から富が足りなくなることはない!」

 

そういう風に書かれています。

 

ちまたには、

「誰かが笑えば、誰かが泣かないといけない」
そんなビジネスも多数存在しています。

 

例えば、僕たちがこの先、
インターネットビジネスでメチャクチャ稼ぐとします。

 

そしたら、更に多くの読者さんに自分のノウハウを教えて
あなたの読者さんもみんな稼ぐようになります。

 

全員です。

 

そういうのを目指すべきだと思うんです。

 

誰かを泣かせるようなビジネスだった場合、
自分が思い切ってやれないんじゃないでしょうか?

ストッパーがかかりませんか?

 

やはり人には良心がありますので、、

良心に引っかかるんです。

 

それでも自己正当化してやり続ける人もいますが、、

 

やはり、Win-Winですね。

 

情報ビジネスの業界って、
なかなかそうなりづらい気がしませんか?

 

情報商材アフィリエイターなどは、
けっこうココが課題ですよ。

 

その商材を紹介して、
その人の実践を遅らせるようなものは
紹介しない方が良いと思います。

僕も以前そうやって色々な商材を紹介していました。

 

「今からメルマガアフィリエイトを実践しよう」
と思っている人に対して、
携帯アフィリエイトの教材を売る。

 

新商材であれば、
なんでもかんでも紹介するスタイルの人もいますが、
その場合、読者がよくそのことを理解して置かないとダメです。

 

読者さん自身がをズラさない決意です。

 

軸のノウハウを実践中だとしたら、その軸をズラさず、
新しい知識の充填として割り切らないといけません。

新しいノウハウに浮気しないようにしないといけません。

商材を買っては、また最初から実践

また買っては、最初から実践

本人は稼ごうと思っても、
どんどんどんどん遅れるわけです。

 

セールスレターはコピーライティングを勉強した猛者たちが
渾身の力を込めて書いています。

だから、ついつい買ってしまうわけですが、、

 

販売者やアフィリエイターは、確かに儲かります。

 

しかし、売る側と買う側との間に、
相互理解がないといけないんじゃないか?

 

最近、そう感じています。

 

 

っと、今日もマインドっぽい記事になりました。

 

でも情報商材のレビューや実践記以外だと、
マインド寄りのこと以外語ることってあまりないんですよね。

 

だって、ノウハウレベルの情報は、もう出きっていますし、

グーグルで調べれば出てくるし、

情報商材を買えばほぼ網羅されています。

 

なかなか真新しいノウハウは書きにくいですね。

 

真新しいノウハウを探すことも
市場の空いているところを探すことも
稼ぐためには必要だと思います。

 

しかし、そういう真新しいノウハウを求めつつも
より、本質を突いたことも追求してゆきたいですね。

これからは、より必要なことです。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


このページの先頭へ