アフィリエイトで稼ぐためスキルを自動で身につける方法

ついでにスキルを身につける

 

僕達がインターネットで稼ぐためにやることって実ははっきりしています。

 

インプット(勉強)

アウトプット(作業)

 

ただこれを繰り返すのみです。

 

そして、これをひたすらに繰り返すことでどうなるかというと、
お金が稼げます。

 

そしてもう一つ、

ついでにスキル(技術)が身につきます。

 

いや「ついで」と言うと、ちょっと問題ありますね。

 

むしろ「技術を身につけるために」
インプットしてアウトプットしていると言ってもいいくらいです。

 

なぜかというと、その技術こそが、
あなたがビジネスで成功するために必須のものだからです。

 

技術を身につけるためにインプットしてアウトプットする

その結果、ついでにお金が稼げる

そう考えたほうがいいかも知れません。

 

どちらにしても、何か作業をすると、「技術」が身につくのです。

じゃあ、今あなたが身に着けたい技術は何でしょうか?

 

インターネットで稼ぐための技術って例えば、

  • HP作成スキル
  • コピーライティングスキル
  • マーケティングスキル
  • デザインスキル
  • 画像加工スキル

などなど沢山ありますが、

 

この中の画像加工スキルってどうでしょうか?

もし「勉強するの面倒!」と思う場合、こちらを使ってみて下さい。

ダウンロード

 

これは、無料レポートの表紙画像を作るための素材がもらえます。

6つのパーツを組み合わせて、表紙画像を作ります。

更に、それを使って3Dのブックイメージも作るわけです。

 

で、僕がこれをお奨めする理由は、 手順通りに行うだけで、
画像編集ソフトGIMPの使い方がある程度身につくと言うところです。

 

動画マニュアルもついていて、サクサク作れる様子が分かります。

 

とても面白いものなのでぜひもらっておいて下さい。

誰でも簡単に福笑いの要領でeBook表紙画像が作れるテンプレート【笑福テンプレート】
笑福テンプレート

 

メール相談はこちら

タグ


無料レポート(E-BOOK)テンプレートに使える無料画像素材サイト一覧

先回までで、無料レポートのオリジナルテンプレートの作成方法について解説して来ました。

先回までの記事

第1回 あなただけの無料レポートテンプレートの価値

第2回 無料レポートテンプレート作成方法「表紙の挿入と目次の設定」

第3回 無料レポートテンプレートの作成方法「画像の加工」

第4回 無料レポートテンプレートの作成方法「レポートに画像を入れる」

第5回 OpenOfficeで無料レポートテンプレートを作る方法

 

無料レポートテンプレートに作成に役立つ無料画像素材サイト

今回の解説に使った画像は以下のサイトのものです。

ガリレオボックス

その他にも、無料で使える画像素材サイトを紹介します。

l ⇒ ソザイング

l ⇒ EyesPic

l ⇒ 足成

l ⇒ ゆんフリー写真素材集

l ⇒ ラブフリーフォト

l ⇒ 2000ピクセル以上のフリー写真素材集

l ⇒ KOYU写

l ⇒ BEIZ Graphics Web

(こちらは、右側の薄い「?」マークをクリックすると利用規約が閲覧できます。)

それぞれ利用規約が違うので、ご確認ください。

リンクを送る必要があるサイトもあったり、自己利用限定のものもありますので、利用規約をチェックしてからご利用ください。

 

画像の挿入についての補足

画像が挿入されたWordファイルは重いので、文字を書き込む動作が遅くなることがあります。

ですので、レポートを作る際は、文字を入れてから、最後に画像を入れてデザインを施してPDFに変換するほうが、実は作業効率が上がります。

画像を挿入 → 文字の記入△

文字の記入 → 画像の挿入◯

デザインテンプレートとして、Wordファイルを配布するのであれば、先に画像を入れるしかありませんが、PDFとしてのみ配布するのであれば、すべて書いてから、画像を挿入してデザインを施した方が良いでしょう。

 

配布する際の注意点と対策

作成した無料レポートテンプレートのWord原稿を、あなたのアフィリエイトの特典やリスト取得のためのオファーとして配布することもできます。

ですが、フリーの画像素材サイトからダウンロードした画像で、レポートを作成すると、著作権の関係で、無造作に配布できないという制限があります。

例えば、PDFに変換したものであれば自由に配布できても、Word原稿そのまま配布することは、微妙だったりします。

このあたりは、あなたがご自身で画像を提供しているサイトに問い合わせてみて下さい。

しかしながら、自分で撮った写真や自分で作成した画像であれば、配布自由です。

Wordファイルをそのまま配布することも問題なく可能です。

 

プレゼント

例えば、僕の場合、このような自分で撮った写真を、このレポートで解説した作業手順で加工して、無料レポートテンプレートを作りました。

こちらは、以下の無料レポートをダウンロードして頂いたあなたにプレゼントします。

マイノリティ・レポートブランディング

今回のブログ記事を無料レポートにしたのものです。

詳しくは、無料レポート内をご覧下さい。

 

最後に

無料レポートは、メルマガ運営において重要な位置を占めます。

メールマガジンを使ったマーケティングは、今やインターネットビジネスにおいて欠かせないものです。

集客のための鍵が無料オファーであり、無料レポートです。

そして、集客と顧客リストの構築(リストビルディング)のために必須なのが、他でもない、実は、根強い信念から出てくるキラーコンセプトです。

ですので、あなたの信念を反映させたコンセプトを打ち出すために、最初の集客の入り口である無料レポートのデザインも馬鹿にはできないポイントと言えます。

あなたの打ち出すコンセプトによって、集客の入り口である無料レポートのデザインも変わってくるわけです。

また、無料レポートだけでなく、イーブック(PDFファイル)は、購入者への特典や、実際に販売する情報商材にも使用するものです。

そのようなご自身のコンテンツに、今回の解説を幅広く役立てて頂けると嬉しいです。

ブランディングの鍵が無料レポートであるならば、無料レポートや教材のデザインに関しても、他にはないデザインで差別化することが重要ではないでしょうか?

あなたのメッセージが多く人に届く、そんな無料ポートを作って頂ければ幸いです。

タグ


このページの先頭へ