ネットビジネスで情報を見分けるために大事な2つの視点

情報の取り扱い方

あなたは、情報が多すぎて混乱していませんか?

僕自身の話をすると、

僕は、2009年にネットビジネスを知ってから
常に情報の渦の中で、常に混乱し続けていました。

この情報が最強!

今はこれが一番稼げる!

今これを逃す手はない!

というやって、どこの情報源も
「自分が一番!」であるかのように語っていました。

そして、僕はその言葉の魔術に乗って
情報の波に溺れて死にそうになっていました。

常に地に足の付かないアップアップ状態で
ネットビジネスを実践し続けていました。

確かに、情報をある程度入手することは、
最初の段階では重要です。

しかし、考えてみて下さい。

・・・

情報やノウハウや手法は、
先に実践してこそ効果があります。

逆に言うと、ノウハウや情報は先に実践しないと
そのノウハウの効果はかなり薄くなるのです。

沢山の人が同じノウハウをやり始めたら、
そこから飽和に向かってゆきます。

だから、そのノウハウを早く実践することがとても重要なのです。

情報商材というものは、かつては情報そのものに秘匿性があって、
情報自体にものすごい価値があるというような風潮でした。

ですが、実際には、その情報が公開されてしまった時点で、
秘匿性はなくなってしまいますし、価値がなくなってゆきます。

例えば、、

販売者:
「”主婦が1日30分の作業で月50万円稼いだ秘密”
を知りたい人はいませんか? 」

購入者:
「はい!その”秘密”を知りたいです!」

販売者:
「では、この”秘密”の教材を購入して下さい。」

購入者:
「解りました!”秘密”を知りたいので、購入します!」

こうなった場合、
この購入者だけにこの秘密が伝えられれば、
秘密は秘密のままになります。

ですが、この販売者が、
複数の人に同じようにしていたらどうなるでしょう?

・・・

これが、過去の情報販売業界の姿だったと思います。

秘密のノウハウも複数の人に伝わったら、

秘密はもはや秘密ではなくなるのです。

秘密というのは少ない人数が知っているからこそ秘密なのです。

数年前まではこの「秘密の教材」という切り口でも売れました。

僕自身もこの「秘密」という言葉に何度も魅了されて
沢山の商材を買いまくりました。

ですが、今はもう「秘密の教材」では売れません。

多くの秘密はすでに無料で公開されています。

公開されたらもうそこから飽和に向かってゆくのです。

そのノウハウが大々的に公開された時点で、
そのノウハウの実践者が増えます。

同じノウハウを実践する人が増えるのです。

そのノウハウが公開された時点から、
ライバルがドンドン増えてゆきます。

ライバルが増えたら当然、
その市場でのパイの奪い合いになるのです。

「秘密」の情報というものは早く知ったものが勝ちです。

もし、あなたが、「秘密」を売りにしている
ノウハウに引っかかったら、それは注意が必要なのです。

情報の価値

もう一点重要なのは
情報自体にもはや大きな価値がないということです。

今は情報自体の価値は高くはなく、

もっと価値があるのが「体系化」です。

体系化とは言い換えれば、

「わかりやすくまとめてあること」

です。

そこに価値があるのです。

その情報を知った人が実際に結果を出すために
そこに0から実践する道筋が分かりやすく書かれているか?

これが重要です。

購入者が一番欲しいのは情報ではなく「結果」なので、

その情報商材に、

結果を出すための方法がまとまっているか?

結果を出すための環境が準備されているか?

そして、それが長期的に使える普遍的なものなのか?

これが重要なのです。

だから、もしあなたが情報商材を購入しようとした場合、
以下の視点を大事にして下さい。

その教材が秘密を公開するだけのものなのか?

その教材が普遍的で体系的なものなのか?

 

追伸

実はうちの娘(小学1年生)は、
視力が悪くて、公的な機関から色々援助を受けたりしています。

このことは、今までメルマガブログなどで
語ることはありませんでした。

ですが、今後は読者さんと共に仲間として成長してゆきたいし、
何より真実を語りたいと思い、話すことにしました。

今後は、本気で読者さんと向き合い
本気で一緒に夢を実現したいと思います。

メルマガやブログを使って今まで語れなかたことを語ろうと思います。

それで、今回、娘がある財団から「拡大機」というものを頂くことになり、
昨日、家族でソウルの方に行って来ました。

娘が韓国の有名女優と付きっきりで過ごしたり、
いろいろ思い出深い出来事がありました。

アメブロに写真付きで書いたので見てみて下さい。

アメブロ

タグ


このページの先頭へ