和佐大輔氏「どうやって彼らとの接点を生み出すのか?」の感想

リストビルディング大百科検証ブログ

宮嵜誠です。

今日は、リストビルディング大百科和佐大輔さんのパートで第一章の
「どうやって彼らとの接点を生み出すのか?」
の僕なりの感想を書いてゆきます。

始めに和佐さんが語るのは、多くの人が時給換算してしまうという話で、
その考えでは、後々レバレッジを生むことができないという指摘でした。

最初は、アクセスを集めるためや媒体を育てることに
時間を使うのは止むを得ないことであり、
時間を使って後々「拡声器を手に入れる」という発想です。

つまり最初は、自分の声が少数の人にしか届かない段階ですが、
そこで時間をかけて媒体を育てることで、後で多くの人に声を届けるための
「拡声器」が手に入るというわけです。

ですので、最初の段階からサラリーマン思考で、
「時給換算していたら、ダメ」だというのが和佐さんの最初の話でした。

最初は、お金にならない作業を続けることが必要だということです。

そして、そのお金にならないような作業の過程で

「何かを残しているかどうか?」が重要だというわけです。

その「残るもの」とは、「顧客リスト」です。

そうやって最初はすぐにはお金にならない作業をしながら、
アクセスをたれ流しているだけではダメなわけです。

例えば、ブログでもリスト取得の仕掛けを作っておくことは重要ですし、
何か、顧客として残って頂く仕組みが重要なわけです。

そうやって媒体を育てて、顧客リストを集めるために必要なのが、
ここで言う「接点」です。

リストビルディンマーケティング(LBM)とは、

「お客さんとの接点を持って、自分の側にに引き込んでいくこと」です。

接点を作るための戦略と戦術をこの後に説明されます。
やはり、僕たちは、自分の側に引き込むための媒体づくり、アクセス集めに関しては、
面倒くさいとか言わず、妥協無く、労力を惜しまずやるべきだと感じました。

 

タグ


リストビルディング大百科の感想 接点について

リストビルディング大百科の最初の和佐大輔さんの章では、

リストビルディングには、接点が必要だと言っています。

今までネットビジネスのマーケティング手法として最強とも言われていたのが、

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)です。

このDRMは、とにかくターゲットを絞ってゆくことが重要な手法です。

しかし、これを最初の集客の部分でやってしまうと

どうしても色々な人にアプローチしにくいという限界があります。

そこで、このリストビルディング大百科では、お客さんとの接点を作るために、

誰でも分かりやすい大衆受けするメッセージを投げることをまず最初にするべきだと言っています。

ですので、狭く深くというアプローチではなく、

最初の段階では広く浅くアプローチして行くことが必要だというわけです。

非常に重要な話だと思います。

狭くすることで、可能性が大きく狭まるということを考えると

初めの集客の段階でこの「接点」を広く持つというのは極めて重要だと感じます。

そもそも、アメブロやFacebookで

いきなりあなたのこだわりやコアメッセージや理念の部分を語っても

興味を持つ人は限られますし、本来顧客としてファンになる人も

そこの敷居が高すぎるために来なくなってしまうわけです。

ですので、最初からこだわってしまうのは、

可能性の門がひどくせばまる方法です。

最初の集客では誰もが納得するような共感するような

工夫が必要だというわけですね。

タグ


このページの先頭へ