シンクロニシティと真夏の絶対領域メディア構築セミナーに参加して人生を変える

一週間以上前にお伝えしましたが、

こちらに参加して

シンクロニシティ

それから、

こちらに参加して下さい。

真夏の絶対領域メディア構築セミナー

 

そうすれば、2万円のセミナーに
3980円で参加可能です。

 

このセミナー凄いですよ。

みんてぃあさんとかだいぽんさんとか
業界のトッププレイヤーが沢山参加するようです。

多分、参加するあなたの周辺にも
そんな人達がウジャウジャいるでしょう。

 

自分より稼いでいる人に接触することが成功の鍵ですね。

そう考えると、このセミナーは見逃せません。

 

そういう人達ばかりではないですが、
人生を変えようと熱い思いを持って望む人たちばかりです。

 

今後、ネットビジネスで勝つためには、
人を真似るだけではダメです。

 

稼いでいる人たちを見れば分かります。

彼らは人を真似るだけで
そこまで登ったわけではありません。

 

それぞれが自分の世界を持っていたからこそ、
ファンが増えていったんです。

 

真似しても上手くいかない。

テンプレート志向は通用しない。

 

ただ、人の真似をして、
単純にSOHOに任せられるような短調作業を
ひたすら繰り返すだけではもはや稼げない時代です。

 

じゃあどうするのかというと

あなたのオリジナルを持つんです。

 

これホントです。

 

見たら分かりますよ。

稼いでいる人と稼いでいない人の違い

 

ブログとかメルマガとかそういう媒体は同じですよ。

 

でも、その人の世界観とかキャラクターとかコンセプトが違います。

人を惹きつける何かがあるんです。

 

 

僕がある有名起業家さんとスカイプで話した時、
衝撃的なことを言っていました。

有名起業家:

「僕の教材も某王道教材も宮嵜さんの教材も
ノウハウレベルで違いが無いですよ。」

「ノウハウなんてどうでもいいんです。
キラーコンセプトが重要なんですよ。」

!!!!!

驚きました。

 

つまり商品を売るためには、
ノウハウよりももっと他のものが必要だと言うんです。

それが、キラーコンセプト

あなた世界です。

 

「もう本当に成功したいなら、
成功者の真似をしているだけじゃだめだよ!」

そう警告してくれている
主催者側からのメッセージを紹介します。


和佐大輔さんから

明日までに参加して下さい。

 


メール相談はこちら

タグ


創造的破壊プロジェクト ザ・リバースセミナー

現在、こちらのキャンペーンが話題沸騰中です。


The Rebirthセミナー

ネットビジネスの業界で稼ぐことは、
数年前は、今ほど難しくありませんでした。

 

特に情報ビジネスなどは、始まったばかりで、
当時は情報商材を出せば売れるという時代もあったといいます。

 

しかし、このネットビジネス
インフォ業界も成熟期を迎えました。

もはや、ノウハウを出せば
売れるという時代ではないでしょう。

 

ノウハウが良いというのは、今や大前提です。

 

その証拠に、詐欺まがいの情報商材を扱っていた
インフォスタイルが潰れました。

 

ノウハウが良いだけでなく
今はそこに何かが必要な時代なのです。

 

その何かとは、、

 

僕の考えでは、こちらです。

The Rebirthセミナー

 

ビジネスにコアがないと一流になれません。

 

ただ、稼げればいいと思っているだけなら、
長期的にビジネスを成功させることは難しいでしょう。

 

ビジネスには、大義が必要などといいますが、
本当に人を惹きつけるコアが必要だと思います。

 

あなたの中にある原石を育てて
輝かせることがビジネスにも必要なのです。

 


メール相談はこちら

タグ


絶対領域とシンクロンシティ

8月26日に巨大なイベントが行われます。

 

それがこちらです。

真夏の絶対領域構築セミナー

これは2万円のセミナーです。

本当に今後長期でビジネスを成功させたいならば、
2万円支払う価値はあります。

 

タイトルが何だか大げさ過ぎますね。

「絶対領域メディア」ですよ!

 

メディアというのは、

  • メルマガ
  • ブログ
  • Twitter
  • Facebook

等など「媒体」のことです。

「絶対領域媒体」を構築するための
セミナーというわけです。

あなたのブログやメルマガやSNSを
「絶対領域」にするということですね。

 

よく、大衆向けの市場をねらうか?

ニッチ向けの市場をねらうか?

というところで迷うと思いますが、

この絶対領域というのは、
ニッチ向けの市場を自分で作るということになりますね。

 

インフォ業界で有名な濱田昇さんをご存知ですか?

この人が唱えるのが、
「独占市場構築マーケティング」というもので、

このマーケティング理論は、

独占できるようなニッチな市場を見つけるんじゃなくて、

独占できるような市場を自分で作る!

というものです。

 

この「真夏の絶対領域メディア構築セミナー」は、
まさにそういう独占市場を作るためのセミナーです。

 

時代がどんなに動こうとも
変わらない独占市場です。

 

例えば、今ですと、

無料オファー乱立

リストのたらい回し現象

リスト収集を目的とした情報商材の低額化

高額塾という高額先行投資型商品

これらは、マーケティングを冷静に見て
収益を上げようと考えた場合、非常に効果のある手法です。

 

自分もこれらの流れに乗って、
今得られる最大の稼ぎを手に入れるというのも良いでしょう。

 

時代の流れです。

 

しかし、時代がどんなに動こうとも変わらない
絶対領域を手に入れることができたら、、

不毛な争いをする必要が無くなります。

 

もちろん大衆に向けて自分の理念を伝えるためには、
伝えるための大きな母数が必要です。

 

しかし、そのメッセージを伝えて
あなたに絶対的なファンがつけば、、

顧客1000名で、充分すぎる程です。

例えば、今や超有名人のみんてぃあさんは、
メルマガ数百名でも月収数百万を稼げたわけです。

Twitter等からウブな読者を集めたから
それができたのでしょうか?

そう言われていますが、
実際には、ウブじゃない読者もいたわけです。

 

そういうウブではない読者が
彼の領域に入ってファンとなったから、

だからこそ少ないリストでも
大きな結果を残せているのです。

彼には熱いファンがいたのです。

 

絶対領域を築けば、そのような熱い顧客がつき
どんな時代でも変わらずビジネスを成功させることができます。

そのために2万円ならば、
安い金額かも知れませんよ。

真夏の絶対領域構築セミナー

 

しかし、ちょっと待って下さい。

実はこのセミナーに
4千円で参加する方法があります。

 

それは先にこちらに参加することです。

シンクロニシティ

前回のメールで言っていた8月10日に再募集される
「面白いサービス」とはこれのことです。

 

このサービスに参加すれば、
絶対領域構築セミナーに無料で参加できます。

 

ちなみにこのサービスには、僕も入っています。

コンセプト、キャラクター、ストーリーを確立して
ビジネスを大きく成功させるための最強の講座です。

 

これは、非常に大きなチャンスです。

ぜひこちらに1ヶ月目だけでもいいので入会して
シンクロニシティ

1000人が集まるこのセミナーに参加して下さい。
真夏の絶対領域構築セミナー

既に500席は埋まっているそうです。

お伝えするのが遅くなり、すみません。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

宮嵜誠

 


メール相談はこちら

タグ


和佐大輔氏「どうやって彼らとの接点を生み出すのか?」の感想

リストビルディング大百科検証ブログ

宮嵜誠です。

今日は、リストビルディング大百科和佐大輔さんのパートで第一章の
「どうやって彼らとの接点を生み出すのか?」
の僕なりの感想を書いてゆきます。

始めに和佐さんが語るのは、多くの人が時給換算してしまうという話で、
その考えでは、後々レバレッジを生むことができないという指摘でした。

最初は、アクセスを集めるためや媒体を育てることに
時間を使うのは止むを得ないことであり、
時間を使って後々「拡声器を手に入れる」という発想です。

つまり最初は、自分の声が少数の人にしか届かない段階ですが、
そこで時間をかけて媒体を育てることで、後で多くの人に声を届けるための
「拡声器」が手に入るというわけです。

ですので、最初の段階からサラリーマン思考で、
「時給換算していたら、ダメ」だというのが和佐さんの最初の話でした。

最初は、お金にならない作業を続けることが必要だということです。

そして、そのお金にならないような作業の過程で

「何かを残しているかどうか?」が重要だというわけです。

その「残るもの」とは、「顧客リスト」です。

そうやって最初はすぐにはお金にならない作業をしながら、
アクセスをたれ流しているだけではダメなわけです。

例えば、ブログでもリスト取得の仕掛けを作っておくことは重要ですし、
何か、顧客として残って頂く仕組みが重要なわけです。

そうやって媒体を育てて、顧客リストを集めるために必要なのが、
ここで言う「接点」です。

リストビルディンマーケティング(LBM)とは、

「お客さんとの接点を持って、自分の側にに引き込んでいくこと」です。

接点を作るための戦略と戦術をこの後に説明されます。
やはり、僕たちは、自分の側に引き込むための媒体づくり、アクセス集めに関しては、
面倒くさいとか言わず、妥協無く、労力を惜しまずやるべきだと感じました。

 

タグ


リストビルディング大百科の感想 接点について

リストビルディング大百科の最初の和佐大輔さんの章では、

リストビルディングには、接点が必要だと言っています。

今までネットビジネスのマーケティング手法として最強とも言われていたのが、

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)です。

このDRMは、とにかくターゲットを絞ってゆくことが重要な手法です。

しかし、これを最初の集客の部分でやってしまうと

どうしても色々な人にアプローチしにくいという限界があります。

そこで、このリストビルディング大百科では、お客さんとの接点を作るために、

誰でも分かりやすい大衆受けするメッセージを投げることをまず最初にするべきだと言っています。

ですので、狭く深くというアプローチではなく、

最初の段階では広く浅くアプローチして行くことが必要だというわけです。

非常に重要な話だと思います。

狭くすることで、可能性が大きく狭まるということを考えると

初めの集客の段階でこの「接点」を広く持つというのは極めて重要だと感じます。

そもそも、アメブロやFacebookで

いきなりあなたのこだわりやコアメッセージや理念の部分を語っても

興味を持つ人は限られますし、本来顧客としてファンになる人も

そこの敷居が高すぎるために来なくなってしまうわけです。

ですので、最初からこだわってしまうのは、

可能性の門がひどくせばまる方法です。

最初の集客では誰もが納得するような共感するような

工夫が必要だというわけですね。

タグ


リストビルディング大百科の感想 リストビルディングは、時給換算できない。

また、リストビルディング大百科を最初から見ています。

一つ目の動画は、1時間27分22秒です。

最初は和佐大輔さんの講義で、

第一部として、
どうやって、「彼ら」との接点を生み出すのか?
というテーマで語られます。

まずはじめに、重要なことが語られています。

僕自身もそうですが、やはり多くの人は
「時給で考えてしまうという罠」
に陥ってしまうということです。

最初は時給数十円とかで利益がない中で作業しないといけない。

この部分を乗り越えて行かないと
後々のレバレッジが生み出すことができないというわけです。

多くの人が、「こんな効率の悪いことやってられない!」
と違ってやめてしまうことです。

和佐大輔さんもセミナーの中で言っていますが、
これはサラリーマン考え方であると言うわけです。

「これだけ働いたんだから、
これだけ貰わないと割りに合わない。」

という考えにサラリーマンは陥りやすいというわけです。

僕自身もサラリーマンの経験があります。

ですので、アフィリエイトのコメント回りや置き手紙やツイッターのフォローなど
この単調作業が非常に苦痛になりますし、非効率的だと感じてしまいます。

しかし、これがリストビルディングの前に陥る罠であるというわけです。

「最初に、収入の上がらないような作業をやらなければ、
後のレバレッジが生み出せない。」

そして、個人的には、この収入の上がらない時に、
魂を込めてコンテンツを配信してゆくことが重要だと思います。

それをやってゆくことがリストビルディングにつながり、
大きなレバレッジ効果を生み出すんですね。

タグ


このページの先頭へ