ネットビジネス初心者でもアレがあるじゃないですか?

前回は「読者は生涯の仲間」

という話をしました。


前回の記事

 

僕としては、かなり重要なことを語ったのですが、

反応イマイチのようです、、

 

・・・

 

やはりこういう記事は、
多くの人が興味を持たないし、
望んでいる人が少ないようですね。

これこそ大衆性のない記事です。

 

でも実は、これってものすごく重要なことです。

この考え方を抑えて置かないと、
資金力が尽きて、マジで潰れてしまいますよ。

もし、川島さんのようにやりたいなら良いでしょう。

あのスタイルは、ある層には、
必要とされているメルマガです。

 

しかし、あのスタイルで、
最新の無料オファーや
最新の情報商材を紹介し続けるなら、、

そういう大衆に向ける媒体を目指すなら、、

お金をかけてリスト収集

リストをお金に変える

またお金をかけてリスト収集

この過酷な自転車操業をやり続けないといけないので、
本当に大きな資金力がないと疲弊するんですよ。

 

僕も体験しました。

 

だからこそ、僕は今年の2月から
大きくメルマガの方向性を変えたわけです。

多くの人がスルーしがちなことですが、
今後は、スタンダードの考えになると思いますよ。

 

大切なものは足元にある

今日はちょっと初心者さんに
勇気をあげようと思います。

 

もしあなたがネットビジネスの初心者であれば、

初心者と思わないでいいです。

 

例えば、僕の読者さんは
僕より10歳も20歳も年上でありながら、
非常に謙虚な方が多いです。

謙虚であれば、人は安心します。

それは非常に良いことです。

 

しかしながら、メールマガジンを書くならば、
謙虚さがアダになることもあります。

 

謙虚なのは、心の中だけにして下さい。

 

わかりやすく言うと、例えばメルマガやブログに、
自分は「初心者です」とを書かないで下さい。

そもそも「初心者」だと思わない方が良いです。

確かに誰でも最初は初心者ですが、
3日もやれば、初心者でなくなります。

 

で、ここからがもっと重要ですが、

ネットビジネスで経験が少ないことは
全く考えなくてもいいと思います。

 

あなたの人生経験に自信を持って下さい。

 

インターネットビジネスを初めて3ヶ月だとしても
人生経験は、何十年とあるわけですよね。

 

なんで、年上の人に敬語を使うんでしょうか?

 

アメリカは、そういうのは無いですが、
日本とか韓国は目上の人に敬語を使いますよね。

 

部下が上司に敬語を使いますが、
もしそういうポジションがない場合どうでしょうか?

たいがい年上の人に敬語を使いますね。

 

なんでですか?

 

欧米のようにタメ語でもいいんじゃないですか?

 

韓国はもっとすごいですよ。

日本だと「EAT」は、

  1. 食べる
  2. 召し上がる

の2段階ですが、

韓国の「EAT」は、

  1. モクタ
  2. トゥシダ
  3. チャプスシダ

の3段階です。

 

チャプスシダは、お年寄りに使うものです。

 

韓国は僕の感覚では、
日本以上に「縦」を重んじています。

 

「縦」を重んじる文化なんです。

 

先に生まれたというだけで敬語を使うというのは、
「人生経験」に価値があるからじゃないでしょうか?

 

では、あなたも「縦の力」を
生かしてはいかがでしょうか?

 

ネットビジネスの経験が仮に浅いなら、
「人生経験」があるじゃないですか?

 

人生楽ありゃ苦もありますが、
一時一時に価値があるわけです。

一時一時に価値があるとしたら、

一時でも長く生きたら価値が上がる

とも考えられますよね。

価値を与えることがビジネスならば、
その「人生経験」をコンテンツにしたらいいんです。

人生経験の中で得たものを
情報発信すればいいわけです。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


メルマガ読者は読者は生涯の仲間

前回は

「メルマガが読まれなくなる意外な原因」

について書きました。


前回の記事

 

今から情報ビジネス(情報商材アフィリエイトを含む)
を実践するなら、

厳選された情報発信

厳選された商材販売

更に、

その商材に関連する情報を発信する

これがお奨めです。

 

一貫した情報を発信することが、
読者さんにとっても真に有益です。

ですので、これが読者さんとの
関係を築く早道でもあるのです。

 

今日はもう少し深く突っ込みます。

この方法は、

あなたが仲間と共に目標を果たすための情報発信です。

仲間が結果を出すことに本当にフォーカスした場合、
この方法の価値が分かります。

仲間のために、一貫した情報を発信するということです。

 

例えば、あなたがあなたの読者さんと一緒に
月収100万円を目指すとします。

そうしたら、アフィリエイトする商材は、
読者さんが実践する教材です。

 

だから、紹介する商材は、あなたが読者さんの相談に
乗って上がられるようなものを選んでください。

そして、次に紹介する商材も同じく、
あなたが仲間と共に目標を果たすための商材を紹介します。

 

そうやって、
仲間が結果を出して目標を達成するための
一貫した商材を厳選してアフィリエイトするのです。

 

もっと言ってしまうと、
アフィリエイトにこだわる必要はありません。

自分に報酬が発生しなかったとしても、
読者さんが結果を出すためのものであれば、
惜しみないく紹介するのです。

 

これは、

「読者さんは、あなたの生涯の仲間である」

という発想です。

 

自分の仲間、もっと言えば家族であれば、
結果を出すことにどれくらい親身になって上げることができるか?

 

あまりこういうことを言う人はいませんが、
これが結構重要だと思っています。

 

この情報ビジネス業界って、
ビジネスの最先端なんですよ。

 

なので、ノウハウレベルを極めてしまって
今後は行き着くところまで来てしまっている。

そう感じています。

 

これは、僕の個人的かつ深淵な考察ですが、
これからは「読者は家族」っていうレベルの
考え方が必要になると思っています。

 

これが

「ライフタイムバリューマーケティング」

です。

これは、僕がコンサルを受けた
ある有名マーケッターの言葉です。

ライフタイムバリューとは、
お客さんの生涯の価値です。

一人のお客さんの生涯の価値まで考える
マーケティング手法です。

一度あなたのメルマガの読者になった人は、
死ぬまで一緒だよっていう考え方ですね。

 

大衆ウケをねらう「総合誌」を目指すか?

「生涯の仲間」に厳選された情報発信をすることを目指すか?

これは人それぞれですし、
自分にあった方法を選べばいいと思います。

どちらが正しいというものではありません。

両方やれる人はやっても良いでしょう。
(やる場合、媒体を分けたほうが良いと思います。)

 

ただ、今から情報商材アフィリエイトなどの
情報ビジネスを実践するならば、

僕は断然
「ライフタイムバリューマーケティング」
を推奨します。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


メルマガのおかげで、このようなことができました。

実は、日本に来るまでの間に
多くのメルマガ読者さん会って来ました。

これって、メルマガ発行者の特権だと思います。

ブログ読者さんでもこういう風に
交流が広がるパターンもあります。

しかし、やはりブログよりもメルマガの方が
読者さんとの関係が深まりやすいと思います。

人とのコミュニケーションが苦手な方な僕が
こうやって仲間を作ることができるのもメルマガのおかげです。

普通だったら日本全国に
こうやって仲間を作ることができるか?

というと、無理です。

インターネットとメルマガのおかげで
このようなことができました。

SNSとかブログとか仲間を作る手段は色々あります。

しかし、やはり近い関係を築くのに
非常に大きな力を発揮するのがメルマガです。

最近は、フェイスブックがスゴイですが、
これだとまだまだゆるい関係です。

やはり、メルマガであればこそ、
より近い関係を築くことができます。

最近はスマートフォンもありますし、
携帯メールでメルマガ受信する場合もあります。

携帯やスマートフォンは、
今は人々の日常生活と切り離せないモノです。

となると、あなたがメルマガを発行することで
読者さんの日常生活に飛び込んでゆけるというわけです。

インターネットで稼ぐ方法にも色々ありますが、
仲間を作れて稼げるというのは非常に魅力的だと思います。

ただただ単調作業をし続けるというのが
「好き」という人ももちろんいるでしょう。

しかし、同じアフィリエイトでも作業だけでなく、
読者さんとの心の通ったやり取りができる。

それが、メルマガブログアフィリエイトのだいご味です。


ご意見ご感想はこちらまで

タグ


このページの先頭へ