アメブロ怪奇現象

本日、アメブロで怪奇現象が起こりました。

こちらがその画像です。
ameblo-omosirogensyou

この画像を見て、何が問題なのかわかりにくいと思います。

 

いったい何が怪奇なのかというと、こういうことです。(クリックで拡大)
ameblo-omosiroidekigoto

 

グローバルナビゲーションの部分が、なくなっていますが、
これは、フリースペースを使って表示していたのが、削除されたためです。

 

最近は、アフィリエイターとアメブロとの闘争が繰り広げられていますね。

削除が相次いでいます。

今回の現象も「商用禁止」という規約から来ているようです。

 

まず、記事へのアクセスができなくなったことについて
僕なりの見解を述べたいと思います。

記事が表示されず、代わりにアメブロからの
コメントが書かれていましたが、そのコメントは、

この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・
表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。

というものです。

そして、実際に僕が書いた記事の内容は、
以下の様なものでした。

▼ここから▼
応援クリックして頂けると大変嬉しいです↓
⇒ 今何位? <人気ブログランキング>

今日もエンジェルインアスコーヒーで、アメブロ書いています。

[写真×3枚]

 

iPhoneのアメブロアプリのおかげで世界が広がりました。

 

この記事がお役に立ちましたら、
ブログのランキングボタンをクリックしていただけると助かります!↓
⇒ <在宅ワークブログランキング>

 

[画像リンク]

宮嵜のメルマガ、『原則中心インターネットビジネス』 では、
ブログよりももっと面白くて、ためになる情報を配信しています。
渾身の力を込めて配信中です。↓

↓よろしければ、チェックしてみてください。
メールマガジン 『原則中心インターネットビジネス』

インターネットで本当に稼ぎたいあなたに
オススメのイーブックはこちらです。

ネットで稼いで海外で自由に生活する方法

[画像リンク]

▲ここまで▲

(青字はリンクです。)

僕の予想では、やはり「稼」という言葉があったのと、
メインの記事の文字数はかなり少ないにも関わらず、
すぐにメルマガ登録やランキングクリックを促す定型文があり、
さらにその文字数が多かったことではないかと考えています。

メインの記事よりもメルマガ登録や
レポートダウンロードを誘導するための文が
多かったことが一つの要因だと思います。

あともう一点は、紹介するレポートが稼ぐ系のレポートだったことです。

 

次に、フリースペースやプラグインに貼り付けていたものが
全て削除されたことについてですが、

これも同様で、稼ぐ系のレポートや
メルマガ登録に誘導していたからだと思います。

商用利用禁止をうたっているので、
今はアメブロは稼ぐ系情報発信はしない方が良いかも知れません。

また、メールアドレスの取得に関しても
気をつけて考えて行わないといけないと思いました。

アメブロを多くの起業家が使っているのは、
主にリスト収集が主目的です。

それだけリスト収集に効果のある媒体であると言えます。

ですので、やはりメルマガ発行者にとっても
アメブロによる読者増加は非常に重要です。

ぜひ「商用利用禁止」ということに気をつけつつ
アメブロを活用して頂ければと思います。

タグ


メルマガが読まれなくなる意外な原因

メルマガアフィリエイト
挫折する大きな原因の一つは、

リストの枯渇(読者の反応が無くなること)」

です。

昨日そのことをお話しましたね。


昨日の記事

 

あなたが何か新しい商材を購入したら、
どうでしょうか?

例えばもし、あなたがたった今購入した商材が、
非常に稼げそうな魅力的な教材だとします。

 

ワクワクしますよね。

 

しばらく、その教材を
勉強することに集中しますよね。

 

そして、その教材を
実践することに集中しますよね。

 

・・・

 

そうしたら、
その商材と関係ないメルマガなどは、
読まないほうがいいんじゃないでしょうか?

もしその教材が稼げそうな良いものであれば、
集中したほうが良いですよね。

 

であれば、一番最初に解除するメルマガは、
売り込みが激しいメルマガではないでしょうか?

 

なぜなら、

あなたが実践中の教材があるにも関わらず、
他の商材を売り込まれることは、
ほとんどの場合、邪魔になるからです。

 

では、今度は、購入者ではなく、
アフィリエイターの立場に立ってみましょう。

新しい優良な教材を
あなたの読者さんが購入したとします。

そうしたら、
どういうメルマガを発行すれば、
読者さんは嬉しいですか?

 

売り込みのメルマガではないはずです。

 

1年前の僕は、
ここを間違えてしまっていました。

 

「新しい商材が一番売れる!」

 

この言葉に心を支配されてしまっていたのです。

 

確かに売れます!

しかし、これは一時的な実績にはなりますが、
長い目で見て、もったいないやり方なんです。

 

「新しい商材は(確かに)売れる!」

この事は抑えておく必要はあるでしょう。

しかし、もう一点抑えておかないといけないのが、

「商材を購入した読者の反応は落ちる」

ということです。

 

なぜなら、教材を実践する場合、
その教材販売者のメルマガ読むことが優先されるからです。

 

あなたの商材であれば落ちませんよ。

でも自分の商材でないなら、
反応はほぼ間違いなく落ちます。


ゼロにはならなくても少しは落ちます。

 

これはどうしようもないことなのでしょうか?

・・・

いい方法があります。

反応が落ちるとしても
それを最小限に抑える方法があります。

それどころか、
ますます熱心に読んでくれるかも知れません。

 

どうしたら良いでしょうか?

 

この方法であれば、売り込んでも大丈夫です。

 

購入者に発信するべき情報

それは、、

購入して頂いた商材に関連する
情報を発信すること

購入して頂いた商材の実践を
加速する商材を売ることです。

その教材と反対のことを言っている商材ではなく、
関連する商材である必要があります。

 

しかし、注意すべきところは、
売り込みするとしてもタイミングです。

一ヶ月のうちに何度も何度も売り込むのは
読者さんにとってものすごく負担です。

 

基本的には、厳選された教材を
一定の期間をおいてアフィリエイトする。

これが、読者さんのためにも
負担が少ないわけです。

 

売り込みメルマガも必要?

確かに初心者さんが「売り込みメルマガ」
を必要とする場合もあります。

「売り込みメルマガ」
幅広い情報や最新情報を扱う
総合誌のようなメールマガジンです。

しかし、そういうメルマガは、
川島さんのような大御所で無ければ難しいのです。

なぜなら、圧倒的な経験人脈

そして圧倒的な読者数があるからです。

 

もし今からアフィリエイトを始めたような人が
この「総合誌」を目指すにはハードルが高すぎるのです。

 

僕たち後発組がそれをやっても
大御所に大部分もっていかれてしまうのです。

 

だから、僕たち後発組が目指すべきなのは、
そういう「総合誌」のような大衆ウケする情報発信ではなく

「厳選された情報発信」なのです。

 

自分がアフィリエイトした商材は、
継続してサポートしたり、関連情報を発信する。

また、売り込むとしても
一貫した商材を売り込む必要があるのです。

 

読者さんが喜ぶメルマガは
その教材の実践に役立つ情報発信です。

 

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


アフィリエイトでも「普通じゃない!」を目指す。

先日、読者さんより、
以下の様なメールを頂きました。

▼ここから▼
宮嵜さん、はじめまして!
○○と申します。

ブログを訪問させていただいて、
感想とごあいさつを兼ねて、
メッセージを送らせていただいてます。

ワールドアフィリエイト、
登録してダウンロードさせていただきました!

無料なのに、このクオリティ、
とても素晴らしいですねヽ(´ー`)ノ

ありがとうございます!
メルマガのほうも、
これから楽しみにしています。

実は私も、
1年半ほどですが、
韓国に住んでいたことがあるんです^^

なので、
宮嵜さんが韓国に住まわれながら、
アフィリエイトで稼いでおられるのが、
とてもうらやましいですね^^

奥さんは韓国の方なんですね~!
国際結婚、素敵です^^

それに、今、
商材にも参加されてますよね?!!

すごいですねヽ(´ー`)ノ
私も宮嵜さん目指して頑張らないと。

4月25日の記事を読ませていただきました。

 >やはり、僕は普通に生きるよりも、
 >ちょっと人と違う生き方をした方が、
 >このビジネスではいいんじゃないか?

とても共感できました( ´∀`)

私もちょっと人とは違う生き方をしてきましたので、
記事をよませていただきながら、
すごく力が出てきました!!!

今後ともよろしくお願いいたします^^
▲ここまで▲

嬉しいメッセージありがとうございます!

これからの時代は、フェイスブックなどありますし、
個人をメディアでバンバン出してゆく時代です。

ですので、ネットビジネスをする場合、
自分自身を売りこむような感じですよね。

物販のアフィリエイトなら
まだそういう要素が少ないです。

しかし、こういう情報ビジネスや
ブログとメルマガのアフィリエイトをする場合、
個人のブランド化が問われます。

そうなると、

「自分自身の生き方自体に価値を持たせる」

これが必要だと最近感じるわけです。

僕なんかは、今の自分の生き方には、
さほど自信があるわけではありません。

しかしながら、

「自分自身の信念を持って、

その信念を貫く生き方をしたい」

と常日頃から思っています。

そういう信念を貫く生き方に
人は憧れ、共感を持ち、ファンになるのです。

そう考えると、

この信念、腹づもり、理念が
ビジネスに大きな影響を与えることが分かります。

もっと言えば、顧客リストの数に
大きな影響があるとも言われます。

これは、意外な話に聞こえるかも知れません。

あなたの、腹づもり、信念が、

集まってくる顧客の
数と質にまで影響を与えるわけです。

こういう話を初めて聞く人もいるかも知れませんが、
実際、今やこの考えが常識化してゆく傾向にあります。

もう一度言うと、

あなたの信念や腹づもりが、
顧客リストの数と質に影響します。

このことは大切な事なので、
ぜひ覚えておいて下さい。

ご意見ご感想はこちらまで

タグ


メルマガアフィリエイトの2つの戦略

メルマガアフィリエイトのやり方にも色々な方法があると思います。

色々な成功者もいるので、正解はないと思います。

今日は、メルマガアフィリエイトのやり方を大きく分けてしまいます。

メルマガアフィリエイトのやり方を
大きく分けてしまうと以下の二つの方法になります。

  • リストを循環させて行くタイプ
  • リストを守って囲いこむタイプ

リストを循環させるタイプ

これは、ドンドン商品や無料オファーや無料レポートを紹介するやり方です。

このやり方だと、読者さんは自分以外のメルマガに沢山登録されるので、
自分のメルマガの精読率は下がります。

ですので、このやり方で行く場合、読者増サービス等で
どんどんメルマガ読者を増やし続ける必要があります。

 

リストを守って囲いこむタイプ

こちらは、めったに商品や無料オファーや無料レポートを紹介せず、
自分がしっかり内容を確認して自分が助言できるくらいの
商材や無料オファーをアフィリエイトしたりする方法です。

このやり方であれば、読者さんの精読率は下がりにくいです。

しかしその反面、話題の商材や新商材を
アフィリエイトすることも少なくなります。

 

また、無料レポートを紹介しないのとしたら、
協賛ポイントで読者を増やすことはできません。

無料レポートスタンドを利用せずして
読者を増加するとしたら、お金もかかります。

 

あっ 一つお金のかからない方法があります。

力作のレポートを作って力のあるメルマガ発行者に
無料レポートを紹介してもらう方法です。

これなら自分が無料レポートを紹介して
協賛ポイントを貯めなくても読者は増えます。

 

ちなみに僕の場合、6000部までは完全に無料レポートスタンドでした。

 

また戦略的にもリストをドンドン循環させるタイプだったので、
その分読者の精読率が下がるというデメリットも感じてきました。

どちらもメリット、デメリットがありますが、
どちらを選ぶかは、これはあなたのこれからの方針によります。

タグ


アフィリエイターが無料オファーを紹介するために理解しておくべきこと

2011年後半から無料オファーが沢山出てきていますね。

この無料オファーは非常に稼ぎやすいアフィリエイト案件です。

もちろん無料オファーを紹介しまくって稼ぐのも良い方法です。

しかし、ただ稼げるというだけでガンガン紹介するのではなく、

 

  • アフィリエイターのメリットとデメリット
  • 無料オファー提供者のメリットとデメリット
  • 読者さんのメリットとデメリット

 

無料オファーを紹介するアフィリエイターは、
これらを明確にしてから、紹介した方がいいです。

 

無料オファーの目的は何かというと、
アフィリエイターを稼がせることだけではないからです。

 

ほとんどの場合、第一目的は、
無料オファー提供者(インフォプレナー)の集客でしょう。

 

もちろん、

  • アフィリエイターを稼がせてくれる。
  • 無料オファー提供者も利益も上げることができる。
  • それでいて、無料オファーに登録して読者さんにとっても役に立つ。

という無料オファー案件がベストであり、
やはりビジネスであれば、3者がWin-Win-Winの関係であるべきです。

 

無料オファー提供側だけでなく、アフィリエイターや登録する読者にも
メリットがあるような無料オファー案件ですね。

そういう無料オファー案件でなければ、
長期的に見てアフィリエイターにもマイナスになるため紹介されにくいです。

そのため、無料オファー提供者側でも
そこを考慮して無料オファー案件を出しています。

 

ところが、無料オファーを紹介するアフィリエイター側が、
このことを理解せずしてドンドン紹介することで起こるデメリットがあります。

これは長期的に見てある面深刻デメリットと言えるでしょう。

・・・

そのデメリットとは、、

リストの消費です。

無料オファーを請求したあなたのメルマガ読者さんは、
無料オファー提供者のメルマガを読むようになりますし、
最悪の場合、あなたのメルマガが全く読まなくなります。

読んでいてくれたとしても、人の時間は24時間、平等です。

あなたの読者さんが無料オファー提供者側の
メルマガを読むことで間違いなく起こることは、力の分散です。

ですので、無料オファーを紹介する場合、
アフィリエイターの采配が問われてきます。

あなたのリストを消費しない工夫や戦略ですね。

例えば、しっかり内容を確認して

「本当に再現性が高い!」

「間違いなく稼げる!」

と確信が持てる無料オファーだけを紹介するとか、、

あるいは、あなたのメルマガの属性にあった
無料オファーだけしか紹介しないとか、、

またあるいは、無料オファーを請求しても
あなたのメルマガを読んでくれるような無料オファーを紹介するとか、、

(これは、例えば、あなたのメルマガがアフィリエイトの属性だとしたら、
マインド系の無料オファーを紹介するなどですね。)

そういった工夫は必要だと思います。

お金がもらえるということは、その分消費するものがあるんだ
ということを理解した上で無料オファー案件を紹介しましょう。

もし、リストを消費してもガンガン無料オファーを紹介したいならば、
メルマガ読者をドンドン集める必要があります。

今日お伝えした内容は、僕自身の
ルマガアフィリエイト2年以上
の実践の中で痛感していることです。

 

タグ


リストレンタルセミナー無料招待

2月11日に柴野雅樹さんによるセミナーが行われます。

それに無料で参加することができる企画が今日の18時から募集開始しました。

こちらです。→無料で参加する

この投稿の続きを読む »

タグ


フォローブースター発売

本日0時に、Twitterツールフォローブースターが発売されました。

2月2日間までの期間限定発売です。

早速、インフォトップ1位ですね。

この投稿の続きを読む »

タグ


DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?

DRMとは、ダイレクトレスポンスマーケティングの略です。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、
直接の販売を目的とせず、メールなどの媒体を介して、
消費者とコミュニケーションを図り、
販売を促進するマーケティング手法です。

そして、そこからレスポンス(反応)を
フィードバックできる仕組みになっています。

DRMをネットビジネスで実践する場合、

見込み客を集め(リスト収集)

見込み客との信頼関係を築き(ブランディング)

見込み客に販売(セールス)

と言うテップを繰り返します。

そして、このDRMが、ネットビジネスを実践するうえで、
また、メールマガジンを使ったリストビジネスを行う上で
必要な手法であると言われています。

レスポンス(反応)を見て、成約率を計算し、
利益が望める確実な投資をして、
集客できる優れたビジネスモデルです。

僕が知っている日本でのDRMの実践者として
有名な起業家を以下に紹介します。

神田昌典氏
Mr.X
平秀信氏
小川忠洋氏
濱田昇氏
宮川明氏
原田翔太氏
和佐大輔氏
木坂建宣氏
伊勢隆一郎氏
村上むねつぐ氏
一瀬翔氏
柴野雅樹氏

タグ


メルマガ号外広告で読者を集める方法もあります。

最近は、「一劇筆札無限」の影響で
似たような号外広告が増えてきましたね。

ちなみに僕の公式メルマガ(まぐまぐ!22600部)
でも号外広告は受け付けています。


原則中心インターネットビジネス
※現在受け付けておりません。

号外広告1回6000円です(安)。

2万部以上もあるのに破格!
と思うかも知れませんが、
部数はあまり関係ありません。

僕はまぐまぐ!以外に独自配信のメルマガも配信していますが、
こちらの読者さんの方が「濃い」です。

ですので、上記まぐまぐ!のメルマガよりも
トータル部数は少ないですがクリック数は多いです。

最近知った情報ですが、一般的に号外広告は、
1クリック200円程度出ればゴーだそうです。

それで計算しても上記の金額は
妥当なところかなぁと思います。

でも、僕自身で渾身のメッセージを投げると
1回で100クリック以上いくこともあるんですよ!

しかし、数名の方にご利用頂いて見ても、
やっぱり上記メルマガは6000円が丁度良いと思います。

一劇筆札無限実践者さんも増えていますが、
大きな投資ができない人もいると思います。

ですので、そういう方に
こういう安い号外広告もいいんじゃないかと思います。

でも今日は、自分の号外広告
宣伝したいんじゃないんです。

広告文を書くのが得意じゃないなら
やめて欲しいくらいです。

話のネタとして自分の号外広告を紹介しました。

しかし、号外広告1クリック200円
というのが一般的だとすると、
だいたい登録率が33パーセントだとしても
1件リストを取るのに600円かかります。

フリー戦略で無料オファーを出す側も
最近は600円700円が多いです。

こうして、号外広告という視点で見ると
その辺りの数字も見えますね。

僕は登録1件200円
という無料オファーを過去にやりましたが、
それでは、かなり安いんだなぁと改めて思います。

ところで、今日は、なぜ号外広告の話をしたのかというと、
これも読者増加の一つの方法なんだ
ということをお伝えしたかったからです。

メルマガを発行すると、
無料レポートスタンドで読者を集めるのが主流ですが、
今後は色々なところからリスト収集をすべきです。

無料レポートスタンドだけでは、
やはり限られた読者さんしか集まらないでしょう。

メルマガ読者を集める方法を色々試すことで
可能性が広がります。

お問い合わせはこちらから

⇒ メール相談

タグ


リストビルディングとは?

「リスト」と言うと、

まだまだとっつきにくい言葉だ!

という人も多いと思います。

そこで、今日はそもそもリストとは何か?

ということについて考えて行きます。

「リスト」などというと、

やはり冷たい感じがすると思います。

仮にもお客様に対して、

リストと呼ぶなんてなんて無機質なんだ!

という人も実際にいます。

ただ、これはビジネスマーケティングを語る上で

分かりやすいから「リスト」と読んでいるわけですので、

そこはご理解頂ければと思います。

実際にメルマガを発行して

リストビジネスをやってみれば

あなたも分かるはずです。

では、改めて、、

「リスト」とは何か?

・・・

リストとは、顧客リストのことです。

ネットビジネスで言うと一般的には、

メールアドレスのことです。

ただ、やはりメールアドレスだけでなく、

名前までないと、なかなかリストと呼ぶには厳しいです。

ビジネスとして考えるならば、

最低、名前メールアドレスが必要です。

メールアドレスだけあって、

名前がわからないのにお客様と呼べるのか?

と言うと厳しいと思います。

例えば、まぐまぐ!では、

メールアドレスを登録することはできますが、

名前の登録ができません。

そうすると、ビジネスをやるには、

まぐまぐ!だと、なかなか厳しいと言えます。

だからどうするかというと、

やはり、まぐまぐ!からさらに

オプトインを取るべきだと思うわけです。

オプトインとは、

読者さん自ら自主的に登録してもらうことです。

そういうリストをオプトインリストと言います。

まぐまぐ!でも、登録フォームから自ら登録してもらえば、

オプトインリストです。

ところが名前を登録していただけないので、

ビジネス的には少し弱いリストと言えます。

だから、まぐまぐ!から

更に登録してもらうことを推奨するわけです。

例えば、無料レポートスタンドから集まったメールアドレスは、

協賛登録もありますし、属性がハッキリしていません。

また、読者増サービスならば、更に属性が曖昧ですし、

そもそもあなたのメルマガに興味などもともと無い場合がほとんどです。

そういったメールアドレスの中から

オプトインを取ることは非常に重要です。

そして、その人達があなたのコンテンツに

より関心のある濃い読者さんとなります。

そうやって、あなたに共感するファン

濃い読者さんを選別してゆくこと。

濃い読者さんを絞ってゆくこと。

この顧客リスト構築のことを

リストビルディングと呼びます。

無料レポートスタンド
読者増サービス
号外広告
ブログ
ツイッター
ファイスブック
ユーチューブ

などなど、あらゆるところから

リストを集めてくることは必要です。

そして、もう一点重要なのが、

そうやっていたるところから集めたリストを絞ってゆくことです。

そして、

あなたのメッセージを聞いてくれる読者さん

あなたの言葉に共感してくれる読者さん

を増やしてゆくわけです。

これがリストビルディングです。

ビジネスの課題は、

いかにして、見込み客と販売単価とリピーターを増やすか?

です。

そして、販売単価を上げるためにも

リピーターを増やすためにも必要なのが、

リストビルディングです。

はっきり言って、集客の方法などは限られています。

読者増加の方法にも色々ありますが、

ネット上で集めるとしたら、

      無料レポートスタンド
      無料レポート相互紹介
      メルマガ相互紹介
      読者増サービス
      号外広告
      フリー戦略(無料オファー)
      ブログ
      ランディングページ
      直接の登録
      その他のSNS等のあらゆるサイト
      PPC?

など、だいたいそのくらいではないでしょうか?

また、オフラインだとしても

名刺交換など、直接あった人とか

出版とかですよね。

そういうあらゆる手段を使って集めて来たリスト

どのようにファン化してゆくか?

この課題に特化したノウハウを学ぶことができるのが

リストビルディング大百科です。

本質的なことが学べる教材です。

またリストについての色々な知識を

身につけることができます。

⇒ リストビルディング大百科 レビューと特典

そして、あなたのファンとなった濃い読者さんを

集めた後の展開がまた見ものです。

その後の展開についてもこの教材の中で解説されています。

今後、必要な教材ですので、

メールマガジンを発行したい人は

あるいは既にしている人はぜひ学んで下さい。

⇒ リストビルディング大百科 レビューと特典

メール相談

タグ


このページの先頭へ