メルマガ読者の感情を理解するマーケティング

読者の普遍的な感情にアプローチ

インターネットでものを売る場合、
一つのメッセージを不特定多数に発信します。

なので、普通の営業と違って、
何十人何百人何千人、多くて何万人に
同じ「トーク」をしないといけないとも言えます。

 

営業と違って、わざわざ訪問しなくてもいい。

一度にたくさんの人に情報発信できる。

だから、労働力的には、負担がものすごく少ない。

 

ですが、同じことしか言えないというのは、
ある意味、デメリットとも言えます。

沢山の人にアプローチできるけれども、
そのアプローチのためのメッセージは全て同じです。

 

だから、この多くの人に大量に発信するメッセージは、
洗練されている必要があります。

自分が顧客としたい人達の
普遍的な興味関心が入っていて、

自分が顧客としたい人達の心に響く
メッセージである必要があります。

そのため、自分が顧客としたい人達を
詳細にリサーチしないといけないわけです。

 

  • 自分が顧客としたい人達を徹底的に調べる。
  • 自分が顧客としたい人達と実際に会話をする。
  • 自分が顧客としたい人達と同じ行動をしてみる。

そして、その経験をもとに

  • その情報をブレインダンプ
  • その情報をカテゴライズ化
  • その情報から普遍的なものを探す。

これくらいまでやれば、
あなたの読者さん達の中に
普遍的に潜んでいる普遍的な感情にアプローチできると思います。

ぜひ参考にして下さい。

 

メール相談はこちら

タグ


このページの先頭へ