ネットビジネスにクソ食らえなキレイ事が必要

キレイ事についての再確認

先回まで影響力について話しました。

ビジネスにおける影響力の武器は信念の旗のもとに集わせる力

前回のメルマガの解除が多かったのを見ると、

そんなの「クソ食らえだ!」って思った人が多いのかも知れません。

そんなのはキレイ事でしかない。

そう考えている人が実際多いでしょう。

キレイ事と言うのは、僕は今まで

「綺麗で真面目で人間として美しいこと」

のような意味だと勘違いしていました。

ですが、そうではなく、

一般的にキレイ事とは、理屈は正しかったとしても、
現実にその通りにならないことを言うんですね。

色々調べてみましたが、
キレイ事と言っても意味は深いようです。

僕は、こういう「キレイ事」と思えるようなことこそ、
本当にビジネスで成功するために必要なことだと思っています。

でも、そういうのって一般ウケしません。

まず稼がなきゃって思う人が多いはずです。

それも解ります。

世の中は、ドロドロとしたものであって
そんなキレイ事だけ言っていても成功できない。

そう考えている人が沢山いるはずです。

ですが、僕は「キレイ事」が必要だし、
ビジネスを長くつづけるために必要な要素だと考えています。

1「読者を大事にする」

2「購入者のメリットを最優先する」

3「顧客第一主義」

4「読者に本当に必要なものしか売らない」

上のようなものは全てキレイ事と言われるものです。

つまりこれらは、

「理屈は正しくても現実はそうは行かない」ものです。

ですが、上の1から4までの言葉は、
ビジネスを実践するにあたって必要なことじゃありませんか?

考え方は人それぞれですが、単純に考えて、
「キレイ事」こそ必要だと理解できると思います。

普通に考えて見て下さい。

自分がやって欲しくないことを
人にやることがビジネスとして成り立つのか?

「自分がやって欲しくないことは
絶対に人にやってはいけない!」

この信念を貫くことで、
利益が下がることはハッキリ言ってあります。

ですが「キレイ事」を貫くことこそ
人の為に役立つ道だと思います。

ビジネスの本質は「社会貢献」です。

どれだけ社会に対して責任をもっているかが
優秀な企業の評価基準ですよね。

極端に言って、

人の害となるビジネスをしたいのか?

人の役に立つビジネスをしたいのか?

この2択だったら多くの人が後者を選ぶはずです。

タグ


ビジネスにおける影響力の武器は信念の旗のもとに集わせる力

廃れない影響力

前回は「洗脳」及び「影響力」の話をしました。

僕達ビジネス実践者は、
「影響力」というテーマについて
深く考えなければ行けません。

なぜなら、ビジネスというのは必ず
人に何かしらの影響を与えなければいけないからです。

ネットビジネスであれば、
あなたが書く言葉に影響力がなければなりません。

あなたがネット上に書く言葉や語る内容が
読者の人生に何らかの影響を持たなければならないのです。

だから僕たちは、
メディアによって影響を受けているばかりではなく、

「彼らがどうやって洗脳しているのか?」

「どうやって影響を与えているのか?」

いつもいつも研究する必要があるのです。

ただ作業量を増やすだけではなく、
人々に影響を与える力や媒体力を持つ必要があります。

そうでなければ、
インターネットビジネスの最大のメリットである

「レバレッジ」

の効果を発揮することができません。

考えてみれば解りますが、

人に全く影響を与えることがない
影響力「0」の記事を100記事投稿しても意味がありません。

0×100=0だからです。

ところが影響力「3」の記事を100記事投稿したら

3×100=300

となるわけです。

影響力100であれば、

10000です。

つまりセールスライティングの場合、
影響力のある記事がすなわち成約率に直結します。

だから、僕達ビジネス実践者は
メディアに影響を受ける側ではなく
影響を人に与える側に成長しなければならないのです。

しかし、誤解してはいけません。

これは、人を洗脳して人を操って、
自分の利益のみを得るためではありません。

それは、根本的に違います。

人々を支配したいとか、

「人倫道徳に反してもいいから自分が得をしたい」

そもそもそういう人がビジネスをやろうと思ったら、
それは社会にとって害になるでしょう。

確かに、人というのは、心の奥底に
どこまでも自己中心なものが眠っています。

なので、そういう「自分の利益をトコトン求める心」
が明確に自分の中に「存在する」という人もいるでしょう。

しかし、それを思うがままに発動してしまっては、
社会にとって害になるだけでなく自分をも破滅させます。

ビジネスを実践する僕達が持つべき影響力は、
そういうものではありません。

僕達が持つべき「影響力」というのは、

「信念の旗のもとに、同志を集めるため」
のもののです。

そのための影響力であるべきです。

自分の生き方に恥じない信念を持って、
その信念に共感する人たちを集めるのです。

それがビジネスの本質だと思います。

特に情報ビジネスは分かりやすです。

ただ商材を売り切っておしまいでは今は通用しません。

情報ビジネスの本質は購入者が結果を出すことです。

購入者が利益を出してこそ
情報ビジネスは継続することができるものです。

だから、僕達が持つべき影響力は、
自分の利益のために人をコントロールする影響力ではありません。

人の利益のための影響力であるべきです。

そして、それが自分の利益となります。

それが今後ビジネスを長く続けるための
「廃れない影響力」です。

正しい影響力を持ちましょう。

「影響力を持つ!」

という課題はビジネスをやる者にとって必要です。

タグ


メディアの洗脳と影響下における整形手術

メディアによる洗脳と真実への理解

ちょっと真面目で難しげなタイトルですが、
今日の記事は、興味深いと思います。

最近は、芸能人だけでなく、
一般の人でもキレイな人が多いと思いませんか?

ダイエット美容の情報が進化したことで、
綺麗になるノウハウにドンドン磨きがかかっているのも原因でしょう。

 

その中で、目に見えて、
大きな原因の一つが美容整形手術です。

 

韓国に僕は住んでいますが、
韓国は日本よりも整形手術が一般的です。

 

妻の姪も20万円以上の整形手術をしました。
(多分20歳の誕生日プレゼントです。)

整形については別に反対しているわけではなく

ただ

「切ったりするし、よくやるなぁ、、」

と個人的に思うくらいですが、

でも、これって問題あるなぁって思うこともあります。

一つの問題は、もう、だいたい人を見たら
整形だろうなぁって分かったりします。

そしてもっと言うと、
ほぼ芸能人と同じ顔の人がいたりもします。

 

これって、元々の個性ってどうなるの?

って思うんです。

 

そして、整形手術して
一重まぶたを二重まぶたに変えたり、

あごをVラインにしたり、

鼻をスッとさせたり、

このことをする動機となったのが何か?

 

と言うと、僕の考えでは、

「メディアによる洗脳」

です。

 

影響力のあるメディアが「キレイな女優はこの人ですよ!」

とテレビに沢山出せば、

それによって、テレビや雑誌やネットを見る側は、
段々影響を受けてゆくわけです。

元々の自分の彼氏彼女や旦那さん奥さんの良さがあるのに、
その良さが解らなくなってしまうほどに影響を与えています。

 

メディアに沢山出る女優や俳優が
最大限にキレイにメイクして
ハイレベルなファッションでキメてきます。

それによって、自分のパートナーや配偶者に
見劣りしてしまうこともあるわけです。

 

ですが、よくよく考えてみるとこれは、
メディアによって洗脳されているとも見れます。

 

比較対照して、私の目は一重だから美しくない

私の腹は膨らんでいるから美しくない

そう思って整形手術に走ってしまうとしたら、
少し待って、考えてみたほうがいいです。

 

それは、どこからの影響なのか?

本当にその解釈が間違ってないのか?

 

比較対照するものがあればこそ
コントラストが生まれるのです。

 

際立った者は目立つ

しかし全員がその際立った者と同じように際立たせたら?

それは平準化されます。

そうしたら、元々ある個性が失われるんじゃないでしょうか?

 

「メディアによる洗脳」と言うと
言い方が極端すぎるかもしれませんが、

「メディアによって影響を受けている」

と言うことは
理解して行動すべきだと思うんです。

 

例えば、この業界を知らなかったら、

ネットビジネス=ネットワークビジネス

情報起業=詐欺

アフィリエイト=小遣い稼ぎ

みたいな価値観になってしまうと思います。

なぜなら、テレビなどの色々なメディアが
まだこの業界の中身を正しく伝えていないからです。

 

戦争中は、国のために死ぬことが美しかった

その美しさは解る気がしますが、
今となってはそれが正しい生き方なのか疑問です。

僕の親くらいまでの世代の人にとっては、
定年まで大企業で働くことこそ正しい生き方だった。

僕の高校卒業時などは、

「やっぱり親方日の丸だよ」

と周りの人がみんな公務員を奨めてきました。

 

今日は3月11日東北大地震の日ですが、
この時も今まで信じていたものが色々と覆されたわけです。

 

メディアは情報操作をします。

 

僕達の価値観は少なからず、
国やメディアの影響を受けているのです。

何かからの影響を受けていることを
自分で自覚せずに

「それがすべてだ!」

という考え方のままだと
ビジネスをやる者としては危険です。

何らかの影響下にいる自分であることを自覚しつつ
ことを進めてゆかなければなりません。

 

フラットな考えで、

幾つもの可能性を考え

一つのことに固執しない

 

でなければ、情報弱者でありながら、
情報弱者の自覚がないまま時が過ぎ去ります。

 

本質、真実がぼかされて、

時の権力者の影響下で

精神的な奴隷となって

一生生きていくはめになるかも知れません。

タグ


物販系と情報系というネットビジネスのわけ方

2月10日、韓国はお正月でした。

で、僕達も親戚にあいさつ廻り泊りをしていました。

韓国は2回お正月があるような感じでなんだか面白いです。

新暦がサブで旧暦がメインって感じです。

なんか、もう一回再スタートがきれる感じがしてお得な感じです。

僕ももう一度再スタートしてます。

 

物販と情報ビジネスという分け方

インターネットビジネスにも色々あって、
それぞれカテゴライズされています。

 

例えば、媒体で分けると

  • サイトアフィリエイト
  • メルマガアフィリエイト
  • ブログアフィリエイト

売るもので分けると

  • 物販アフィリエイト
  • 情報商材アフィリエイト

などです。

 

で一つ最近思うのは、
以下のように大きく分けられると思うんです。

 

  • 情報ビジネス
  • 物販ビジネス

 

情報ビジネスは、どちらかと言うと
自分自身をブランド化するものです。

情報商材アフィリエイトとか

情報起業とか

コンサルとかがこれにあたります。

コミュニケーション重視のビジネススタイルです。

 

それで、物販ビジネスの方は、
どちらかと言うと自分を全面に出さず
水面下で隠れて稼ぐようなイメージです。

 

楽天アフィリエイトとか

物販のASPアフィリエイトとか

転売などがこれにあたります。

 

傾向として

情報ビジネスの方はブランディングとか成約率が重要で

物販ビジネスは、商品力とかトラフィックが重要です。

 

それで、いったいどちらが稼げるのかというと
実際両方とも稼いでいる人はいます。

 

調べてみないとわかりませんが、感覚としては、
物販系の方が人数は多いように思います。

 

では、物販ビジネスと情報ビジネス

このメルマガを読んでいるあなたには、
どちらをお奨めしたいのかというと、

 

・・・

 

両方です。

 

今までは僕も情報ビジネスをオススメして来ました。

それは、僕自身が情報商材アフィリエイト
しかやっていなかったかからです。

 

ですが、今は両方を実践してみて
両方やったほうが良いということが分かったので、
両方をオススメしたいと考えています。

 

ですが、両方同時と言うよりは、

順番にやっていくことをお薦めしたいです。

 

今後どういう風に考えが変わるかわかりませんが、
今の段階では、

最初に物販ビジネスをやって

その実績を元に情報ビジネスを行う

 

この順番がいいと思います。

 

僕自身はどうだったかというと、
いきなり情報商材アフィリエイトでした。

 

確かにそれでも稼げました。

 

それでもいいんですが、それ以上にやりやすいのが

物販 ⇒ 情報

この流れです。

 

で、多くの人がこの流れのほうが、
スムーズにいくと思うんです。

 

読者さんと話していると、
いつもつまずいているのがここなんです。

 

「実績がないので、、、」

という悩みです。

そういう読者さんに、僕は、

「実績はなくても大丈夫ですよ!」

というんですが、

確かに「あった方がいい」のは事実です。

 

あった方がブランディングになりますし、
読者さんがあなたの情報に価値を感じてくれます。

 

なくても大丈夫!とは言いたいんですが、
そこで悩んで「でも、実績が、、、」といつもいつも引っかかるんだったら、

思い切って、

「実績が関係ないビジネス」で実績を作ってから

「実績があったほうがいいビジネス」に移行すればいい!

と思うわけです。

 

なので「実績が関係ない」物販ビジネスで実績を作って

その実績を元に

「実績があったほうがいい」情報ビジネスをやればいい!

というわけです。

 

まずは、

物販ビジネスで成果を上げてみては如何でしょうか?

タグ


非営利団体から見た、これから10年ビジネスで活躍できる人の条件

もう1~2回寝るとお正月ですが、いかがお過ごしでしょうか?

僕は妻の姉の家に来て、ブログとメルマガ書いています。

最近は、ブログ量産型アフィリエイトの実践に勤しんでいます。

報酬は、やっと15000円を超えました。

コツコツではありますが、やった分だけ成果はあがりますね。

 

これから10年活躍できる人

ところで、僕は先日、神田昌典先生の

2022ーこれから10年、活躍できる人の条件

という本を読み終わりました。

Amazonでビジネス自己啓発のジャンルで
2012年ランキングで1位になった書籍です。

良かったら、読んでみて下さい。

 

普通のビジネス書だとなかなか進まない僕ですが、
なかなか面白い本なので、この本はドンドン読めました。

 

何がそんなに面白いのかというと、色いろあるんですが、

「今後十数年で会社が無くなる!」

という大胆予測がまず興味を引きました。

 

それから、これからの時代は、

「日本の中の私」

ではなく、

「アジアの中の私」

というマインドセットに変えることで、
落ち込む日本と言われる中でも、活躍できる者となるという話。

 

会社だけに頼らない

日本という国だけにこだわらない

ある意味、自由な生き方が問われる時代であるとも捉えることができます。

 

まさに今、このメルマガ読者であるあなたが取り組んでいることこそが、

「これから10年活躍できる人の条件」

を持つための行動であると確信しています。

 

僕個人的にもこの本で語っているようなことは前から思っていました。

会社に頼らなくても、生きてゆく力が必要だとは思っていました。

 

ただ、NPO(非営利団体)が経済の主流になるという事に関しては、
この本を読んで初めて知りました。

 

利益を求めることが追求されていたのが今までで、
今後は、利益を求めない活動をする団体が主流になると、、、

 

なんだか深い世界ですが、結局これは

「ビジネスは価値の提供である」

という本質的な姿が重視される時代とも考えれると思います。

 

情報アフィリエイトをやっていると、
おそらく多くの人が壁にぶつかります。

 

多分、この壁と言うのは、
自分の利益を追求し続けた末に出てくる壁です。

 

思うに、、

自分だけが喜ぶだけのビジネスは限界を迎えます。

もっと言うと

「他者が不利益を被る可能性がある」

「他者が悲しむことがあり得る」

というビジネススタイルの場合、
真面目で良心的な人であるほど、
そこに限界を感じてしまうと思うわけです。

 

結局長期で稼げるようになるためには、
継続し続けなければならないし、

継続し続けるためには、
自分のやっていることに自信と誇りを持てないといけませんし、

生きがいを感じないといけないのです。

 

ビジネスをやればやるほど、自分の「利益以上のところ」
を追求することが重要だということに気づきます。

 

もうすでに

「稼げればいい!」

という時代は終わっています。

 

というか、

「価値を与えなければ稼げない」

という現実が露骨に現れているのが今この時だと思います。

 

僕もメルマガを発行して、来年で4年目になります。

メルマガを発行して、情報アフィリエイトを行なって、
ビジネスなら「利他的であるべき」だということは、常々考えてきました。

しかし、今まで、ここまで明確に
「自分は2の次」だと考えたことはありませんでした。

 

「自分や自分の愛する家族を守るのが先!」

それは人として当たり前だと思うし、ビジネスであったとしても
自分を先に優先する考えは「当然あってもいい」
くらいに考えていました。

 

ですが、このレポートによって今考えを改めつつあります。

木坂健宣さんのレポート

木坂健宣さんと新田ゆうじさんの対談レポートです。

現在のインターネットビジネス業界に
多大な影響を与えた二人の対談の内容を知ることができます。

ぜひ読んで下さい。

特に36ページから37ページにかけてを読んだら、
ガツンと頭をたたかれるような衝撃を受けるかも知れません。

 

ちょっと難しいという声もありますが、
今後インターネットビジネスを実践したいのならば、
読んでおくべきレポートです。

タグ


ドラえもん最終回でのび太から学ぶビジネスマインド

ウソの最終回から学ぶ

この動画を見て勇気をもらいました。

泣ける動画です。

ドラえもん最終回

絵が忠実過ぎて作者本人のものだと思ってしまうほどです。

ですが、実は、いちファンが作ったドラえもんの最終回だそうです。

 

ドラえもんが動かなくなったことで、のび太に一つの目的ができました。

そして、その目的を実現するために、努力をしてゆきます。

 

のび太が学年で成績トップを
当たり前のように続けている中で、言ったセリフが印象的です。

「ぼくが欲しいのは点数じゃない。

知識なんだ。

まだまだ頑張らなくっちゃ。」

 

のび太は、その夢に向かって、
何十年も努力し続けて、世界一の科学者となります。

そしてその夢を実現してしまうのです。

 

モチベーションなんていらないのかも、、

ということを昨日メルマガに書きました。

しかし、人生生きていれば、楽しいこともあれば辛いこともあります。

前に進めないくらい辛い時もあるでしょう。

でも、そんな時に

「どうしても果たしたい夢」

があれば、前進することができます。

自分が本当に「どうしても果たしたい夢」
を持った時、人は力を発揮します。

 

確か、のび太って小学生4年生くらいで

1+1=11

だと思っていたくらいだったはず。

のび太は、多分、勉強が嫌いだったんですね。

 

しかし、このことがキッカケで、勉強する目的ができたわけです。

 

 

・・・

考えて見て下さい。

「目標はあっても目的がない」

こういうことがよくあります。

 

例えば、

「ネットビジネスで毎月100万円稼げるようになりたい!」

そういう目標を持ったとしましょう。

それが目標だとしたら、じゃあ、その目的は?

100万円稼げるようになって、その後は?

その後何がやりたいの?

 

・・・

 

この最終回動画でののび太には目的がありました。

それは、、

学校の成績が良くなることでもなく、

良い大学に行くことでもなかったのです。

目的を実現するために知識を得たかった。

 

のび太は、結果的に
学校の成績はトップになっていますが、
そんなこと彼にとっては、重要ではなかったのです。

 

僕達ネットビジネス実践者にも、

やるからには、

「どうしても果たしたいコト」

「どうしても果たしたい目的」

そういうものが必要だと思います。

 

インターネットビジネスで稼いで、その先にあなたは何を思い描いているのか?

これが最も重要ではないでしょうか?

 

メール相談はこちら

タグ


インターネットビジネスをやるために最優先すべきこと

優先すべきこと

インターネットでビジネスをやるために、、

ビジネスをやるために最優先すべきことって何でしょうか?

 

何度も繰り返してしますが、
最優先すべきことってコンセプトとか理念を立てるところだと思います。

なぜかというと、それがお客さんとの関係を築くのに必要だからです。

 

そういうものを確立しないで、アクセスばかりを集めたらどうなりますか?

お客さんが簡単にスルーしてしまいます。

一度来ても、興味を持てなかったり、
書いてある内容に共感したり魅力を感じたりしなければ、

「もう一回そのブログに来てみよう」

とは思わないわけです。

 

では、お客さんが、立ち止まって、

「この人と関わりたい!」

と思ってもらうためには、どうしたらいいのか?

 

やはり、自分自身の理念や価値観を描く必要があります。

理念、コンセプトが立てられて、
そこにメッセージを感じることができれば、
そこにアクセスした人の中から共感して関わってくれる人が出て来ます。

だから、やはり、最優先すべきは、
このコンセプトとか理念の部分だと思うわけです。

 

というか、ビジネスをやるのなら、
理念コンセプトとか大義名分があるべきだと思うのです。

最初は「お小遣い稼ぎのため」とか
「毎月の収入が数万円でも増えたらいいなぁ」
という動機でもいいと思います。

しかし、アフィリエイトをやるにしても
ビジネスマインドが必要だと言われます。

 

アフィリエイトを実践してゆけば、必ずどこかで、

これがただのお小遣い稼ぎではない。

「ビジネス」である。

と自覚する時が来るはずです。

そう自覚しなければハッキリいって続きません。

 

「片手間で楽々稼げる」というような話は
幻想であって、それは人を集めるための
「キャッチコピー」でしかないのです。

最初から

「インターネットビジネスは甘くないですよ」

「アフィリエイトで稼ぐためには相当な覚悟が必要です」

なんて言ったら、人が集まってこないのです。

 

ですが、実際のところやってみれば分かります。

ネットビジネスは、甘くないですし、覚悟が必要です。

ぶっちゃけバイトしていたほうがずっと楽かも知れません。

精神的プレッシャーが全然違うし、
稼げる仕組みを作るまでの作業量だって半端ではないのです。

 

安定的に収入を受け取る事がどれほど凄いことなのか?

アフィリエイトをやってみれば痛感できます。

 

「ただお金を稼げればいい」と最初は思っていても、

自分のビジネスとして、個人事業主として自覚すべき時が来ます。

 

そして、自覚した時に、

理念

コンセプト

この部分を真剣に考えることが必要です。

 

メール相談はこちら

タグ


性善説と性悪説とビジネス

哲学的というか、難しそうな言葉をタイトルにしましたが、

性善説性悪説って聞いたことがありますか?

 

簡単に言うと以下の通りです。

性善説→人間は元々善なる存在だという考え方

性悪説→人間は元々悪なる存在だという考え方

 

あなたはこれのどちらを支持しますか?

 

ビジネスをやる上でも、
このどちらを指示するかで展開が変わってきます。

 

読者との信頼関係とか顧客との信頼関係?

そんなもの築くことなんて無理無理!

ビジネスなんて所詮「だましあい」だよ!

 

そういう価値観も理解できます。

特にネットビジネスの業界にいると
そう思ってしまうと思います。

 

しかし、それだとビジネスを大きく展開しようとしたら難しいと思うんです。

 

インフラになるくらいのレベルのビジネスを
作った人とか大富豪レベルに成功した人を見てみてみると、

大志とか大義を持っています。

 

隠れた大金持の中には、
もしかして悪いことをしている人がいるかも知れません。

 

しかし、表に出ている大金持ちは、
大義を持って世の中に大きな価値を提供しているのは間違い無いです。

 

人間には良心があります。

 

悪人に見えるような人でも
良心というものは必ず奥底に眠っていると思うんです。

 

心が傷ついていて、
良心とか正しいものを信じることができなくなる人もいるかも知れません。

ですが、確信持って言えることは、誰にでも善を行いたい良心があることです。

 

これからちょっと極端な話をしますが、
気分が悪くなってしまったら申し訳ありません。

お金に困った女性を騙して

「麻薬中毒にして風俗に売ろう」

と考えるような心が痛くなるようなことを平気でやる悪人でも

良心ってあると思うんです。

 

「自分が愛する人のためには人を騙してもいい!」

「君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる!」

そういう価値観の人もいますが、

騙された人には愛する人がいないのか?と言うと、

これから騙そうとしているその人も愛する人がいます。

父親

母親

息子

みんな愛する人がいます。

 

こんな話をすると、キレイ事にしか聞こえない人もいると思います。

しかし、おそらく今後は、
そこまで考えられるようにならないと
ビジネスで成功することは難しいでしょう。

 

このネットビジネス業界でも
騙し合いで稼げる時代は、終わりつつあることを確信しています。

 

元々人は良心があって善なる存在であると
考えたほうがビジネスもうまくいきますし、

何より心がスッキリとした状態でお金を稼ぐことができます。

 

今後は間違いなく、
正当な実践をしないとネットビジネスで稼ぐことはできません。

 

メール相談はこちら

 

 

追伸

こちらは忘れずに聴いておいて下さい。

和佐大輔×西野隆「24歳と26歳の天才マーケッターが語るお金の秘密」

耳と心を傾けて聴いて下さい。

タグ


ビジネスをするために絶対必要なもの

ビジネスをするためには、
絶対必要なものは何でしょうか?

 

・・・

 

マインドです。

とは、ここでは言いません。

 

本当にマジで絶対必要なものです。

 

それは、、

 

・・・

 

お客さんを集めることです。

 

では、お客さんを集めるために必要なものは何か?

 

色々なものが必要ですが、、

 

お客さんが、最初に来た時に目に入るもの、、

 

・・・

 

「キャッチ」です。

 

キャッチとは、キャッチコピーのことで、
お客さんが最初に読む言葉です。

 

それが目を引くものであり、
心をとめるものでなければ、
お客さんは集まって来ません。

 

一度見ても、興味がなければスルーしてしまいます。

 

例えば、

ブログのタイトル

メルマガの件名

ブログの記事タイトル

スクイズページ(リスト取得ページ)のヘッドコピー

販売ページのキャッチコピー

などが、

「おっ」

とか

「えっ」

とか

「あっ」

っと思うものであれば、
集客の第一の壁を超えることができるのです。

 

ライティングの用語で「三つのNOT」というのがありますが、

その一つ目の「NOT」

「NOT READ(読まない)」
の壁を超えることができるのです。

 

ブログタイトル

メルマガタイトル

記事タイトル

それを簡単にぱっと決めてしまう人も多いですが、
そこに時間をかけて一工夫二工夫することで

メルマガの開封率や

ブログへのアクセス数が

段違いに変わってくるわけです。

 

グーグルで検索上位になってもアクセスが少ない

あるいは、

メルマガ読者数が多いのにクリック率が少ない

もし###name###さんが、そうだとしたら、
メルマガ件名やブログタイトルの部分を見直すべきです。

 

ぜひ「キャッチ」の部分を磨いてゆくことに
力を注いでみて下さい。

結果が大きく変わるはずです。


メール相談はこちら

タグ


与沢翼さんが「笑っていいとも」に出演した衝撃!今後のメルマガアフィリエイトは?

今日、与沢翼さんが「笑っていいとも」に出たそうですね。

これって実は、凄いことですよね。

 

今までもテレビに出ていたわけですが、

今回出たのが「笑っていいとも」

これは、インパクト大きいですよね。

800万人に知れ渡りました。

 

これでまた、ネットビジネスとかアフィリエイト
認知度が上がることは間違い無でしょう。

 

で、今でしたら、ある程度、記事数があって
検索エンジンの評価の高いブログであれば、

「与沢翼」というキーワードで記事を書いて見ることをお奨めします。

おそらくかなりそのキーワードでのアクセスが来るはずです。

 

ここは、流れに便乗したほうが良いです。

 

ここだけの話、与沢さんに嫌悪感を抱く人がいますが、
それは、心の奥底にある妬みや嫉妬心から来ていませんか?

 

だとしたら、それだと損をするので、
そこはこだわらず、記事を書いて下さい。

 

感情に邪魔をされていては、
良いアイデァイアもチャンスも逃げていってしまいますよ。

だからチャンスをつかむには、理解力が必要だと思うわけです。

 

で、今日は、与沢翼さんについて、改めて考えてみたいと思います。

 

与沢さんは、月収1億円なので、アフィリエイターでトップでしょう。

 

そして、僕が強調したいのは、
与沢さんがメルマガアフィリエイターでもあるということです。

 

僕はずっとずっと、
メルマガアフィリエイトの強さは訴えてきていますが、
この与沢さんのテレビ出演をきっかけに、
改めてメルマガアフィリエイトの素晴らしさを訴えたいと思います。

 

メルマガアフィリエイトの凄さは、
そのフットワークの軽さ販売力にあると言えます。

 

フットワークが軽いというのは、

最新情報をいち早く発信できるということ。

また基本的にネットが繋がっていれば、
思い作業などせずテキストを書いてさっと発行できること。

などです。

 

そして、その販売力に関しては、
読者さんと接触して近くなることで増えてゆきます。

 

メルマガを定期的に送ることで、
読者さんとの距離が近くなり信頼関係が築かれます。

そして、その結果、販売力が上がるわけです。

 

ブログを毎日見る人はいませんが、
メルマガは毎日読む人がいるのです。

メールをチェックするのが習慣になっている人が多いので、
メルマガによって、読者さんの日常に入り込むことができるのです。

 

要するに、メルマガは、

早い

売りやすい

ということです。

そのことを証明するように与沢翼さんは、
アフィリエイターとして速いスピードで結果を出しました。

元々会社を経営していたとはいえ、
この会心のスピードは、業界にインパクトを与えましたね。

 

とにかく、もしあなたが与沢翼さんのようになりたいならば、
メルマガアフィリエイトについて調べて、実践してみることをお奨めします。

 

こちらは、与沢翼さんのキャンペーンです。

VIP3出版記念対談

BIC3全国出版記念講演会
 

メール相談

タグ


このページの先頭へ