ネットビジネスにクソ食らえなキレイ事が必要

キレイ事についての再確認

先回まで影響力について話しました。

ビジネスにおける影響力の武器は信念の旗のもとに集わせる力

前回のメルマガの解除が多かったのを見ると、

そんなの「クソ食らえだ!」って思った人が多いのかも知れません。

そんなのはキレイ事でしかない。

そう考えている人が実際多いでしょう。

キレイ事と言うのは、僕は今まで

「綺麗で真面目で人間として美しいこと」

のような意味だと勘違いしていました。

ですが、そうではなく、

一般的にキレイ事とは、理屈は正しかったとしても、
現実にその通りにならないことを言うんですね。

色々調べてみましたが、
キレイ事と言っても意味は深いようです。

僕は、こういう「キレイ事」と思えるようなことこそ、
本当にビジネスで成功するために必要なことだと思っています。

でも、そういうのって一般ウケしません。

まず稼がなきゃって思う人が多いはずです。

それも解ります。

世の中は、ドロドロとしたものであって
そんなキレイ事だけ言っていても成功できない。

そう考えている人が沢山いるはずです。

ですが、僕は「キレイ事」が必要だし、
ビジネスを長くつづけるために必要な要素だと考えています。

1「読者を大事にする」

2「購入者のメリットを最優先する」

3「顧客第一主義」

4「読者に本当に必要なものしか売らない」

上のようなものは全てキレイ事と言われるものです。

つまりこれらは、

「理屈は正しくても現実はそうは行かない」ものです。

ですが、上の1から4までの言葉は、
ビジネスを実践するにあたって必要なことじゃありませんか?

考え方は人それぞれですが、単純に考えて、
「キレイ事」こそ必要だと理解できると思います。

普通に考えて見て下さい。

自分がやって欲しくないことを
人にやることがビジネスとして成り立つのか?

「自分がやって欲しくないことは
絶対に人にやってはいけない!」

この信念を貫くことで、
利益が下がることはハッキリ言ってあります。

ですが「キレイ事」を貫くことこそ
人の為に役立つ道だと思います。

ビジネスの本質は「社会貢献」です。

どれだけ社会に対して責任をもっているかが
優秀な企業の評価基準ですよね。

極端に言って、

人の害となるビジネスをしたいのか?

人の役に立つビジネスをしたいのか?

この2択だったら多くの人が後者を選ぶはずです。

タグ


このページの先頭へ