メルマガアフィリエイトの覇道と王道

先日、読者さんより
以下のようなメールを頂きました。

▼ここから▼
> 今回2度目のメールです。
> 宮崎さんの考え方がどんなビジネスにおいても
王道をいく考え方だなといつも感銘を受けています。

数あるインフォプレナーの中で、最も質の高い、
この仕事に取り組む方々が共有するべきと思われる考え方を
発信されている姿に敬意をいだいています。

王道と覇道は違いますから。
どうも今派手に活躍されてるインフォプレナーの方からは、
覇道のにおいがぷんぷんしてきて、
ちょっとついていけにないなと正直感じます。
>
> アフィリエイトに取り組む人は、
一人一人何らかの取り組むべき事情があると思います。
早く結果を出したいと焦っている方も大勢いると思います。
>
> 投資は絶対必要です。
しかしその前に精査して、準備して、
投資がしっかりと生きるようにしなければなりません。

そこが甘かったために過去痛い思いを体験してしまいました。
今も引きずっています。
>
>
> これから情報起業を目指す方たちのよき指南役として、
その姿勢を焦らずに自信をもって続けていかれることを念願しております。
▲ここまで▲

励みになるメッセージ、ありがとうございます!

 

このメールを見て、覇道王道について
ウィキペディアで調べてみました。

僕も「王道」という言葉をしょっちゅう使っていましたが、
本当の意味が分かっていませんでした。

で、わかっている人がおそらくほぼいないことも
調べてみて分かりました。

 

調べたところ、覇道王道とは、
孟子という人が提唱したそうです。

を持って世を治めるのが王道

それを実行する人を王者と呼び、

知力武力を持って世を治めるのが覇道で、

それを実行する人を覇者と呼びます。

インターネットビジネスで言うと、

資金力を使ってドンドン集客して、
ドンドン売り込む人たちが覇者

読者を大切にして、
読者が結果を出すことを重視するのが王者

そんな風にわけられると思います。

かなりわかりやすく、
そして極端に言うと、ですが、、

自分が稼ぐことを最優先して、読者が幸せになることを、
あんまり考えていないのが覇者

読者が幸せになることを最優先して、自分が稼ぐことを、
あんまり考えていないのが王者

ということになります。

 

「無料オファーで集めてバックエンドで収益を上げる。」
こういうマーケティング手法が昨今流行っています。

例えば、このマーケティング手法自体は皆同じでも、
その「心の姿勢」がそもそも違うんですね。

 

でも、結構この「心の姿勢」の部分って、
文章を読むと分かりますよね。

 

とにかく買って欲しい
気持ちが伝わって来る文章。

読者さんに稼がせたいという
気持ちが伝わって来る文章。

 

覇道王道

 

・・・

 

覇者王者

 

まあ、これって、どっちが悪いか良いかというと
今の段階ではなかなか答えが出ない問題です。

しかし、最終的に自分自身、

どちらが納得できるか?

と言うとで治める王者だと思います。

 

武力と知力で治める覇者のやり方だと、
いつもいつも敵をあざむいたり、

力でねじ伏せることを考えるので、
結局、やってる自分が疲れると思うんです。

北風と太陽の話と同じで、
知力や武力でねじ伏せるのは、
相手がますます服を飛ばされまいと守りに入ります。

自分も疲れるし、相手も疲れる。

敵ばかりが増えるて、
自分の近くに仲間も残らない。

つまり、読者が離れてゆく、、

「覇道」は、極端に言うと、こうなります。

 

太陽のように照らす「王道」を行くほうが
自分も満足するし、読者も満足する。

なので、あなたがネットビジネスをやるなら、
ぜひ王道を行って欲しいと思います。

 

一緒に王道を目指しましょう!

 

メール相談はこちら

タグ


このページの先頭へ