お金が減ると苦しい理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ある読者さんと話したところ、
こんな話が出て来ました。

「過去の人生を振り返って見ると、

良くなったきたなぁと思うと厳しい状況が訪れる、、」

つまり人生山あり谷ありで、

「山になってきたら谷底に突き落とされる」

という話です。

人生ってそうなっているんじゃないか?

彼は半分あきらめたように、つぶやいていました。

人生楽ありゃ苦もあるさぁ、、

確かにこれは逃れられない事実です。

しかしながら、何が「苦」なのか?

「苦」についてもう少し深く考えてみる必要があります。

そもそも、お金が減ることが
なぜ「苦」なのでしょうか?

これだけ豊かになった日本だからこそ、
お金が減ることを「苦」だと考える人が一般的に多いのです。

お金が減ったところで、
基本的に先進国である日本であれば餓死することは無いはず。

今後、日本の経済状況がどこまで悪化するかわかりませんが、
現段階で餓死する人はいないはずです。

精神的に落ち込むことはあります。

プライドが傷ついたりします。

ですが、おそらくそれは周囲と比較するから出てくる感情です。

借金を悪と考える人もいると思いますが、
借金を「投資」と考える人もいます。

もちろん、限界を超えてしまったら
借金は法的に裁かれて悪となることもあります。

ですが、基本的に

自分に入ってくるお金

出てゆくお金

銀行の入出金明細を見れば、
数字が右から左に動くだけなのに、、

それでそこまで落ち込まなくてもいいのではないか?

そう思うのです。

落ち込む気持ちも解ります。

しかし、重要なのは

「お金が全てではない」

ということです。

ロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」では、

「雇われる側では何時まで経っても金持ちになれない」

ということを主に僕達にメッセージしているようですが、
実はもっと深い所で

「お金から開放されよ!」

ということをメッセージしています。

お金に支配されて、
お金が減ることにあまりにも執着するからこそ

「今すぐお金が必要だ!」

と焦ってしまうのです。

そして、終身雇用という「人生の縛り」と引き換えに
安定収入というものを手に入れようとするのです。

金持ち父さんの生き方と貧乏父さんの生き方については
どちらが良いか悪いかは答えは出ない問題です。

ですが、重要なのはあなた自身が

「どういう生き方をしたいか?」

です。

今、もしあなたが自分の目指す方向に悩んだり、
お金について悩んでいるのなら、、

ここからもらえる音声を聴いて下さい。

無料音声プレゼント

あなたがもし、

アフィリエイトをしていても

転売をしていても

せどりをしていても

情報ビジネスをしていても

デイトレードをしていても

お金に悩んだ経験が一度でもあるのなら
聴く価値のある音声です。

人気記事


もしあなたが、インターネットで稼いで、自由な生活を送りたいならば、今すぐこのE-BOOKを読んで、メルマガを始めて下さい。メルマガアフィリエイトで稼ぐための基礎から応用までを詰め込んだ、有料並の感動作品です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ