ライバルの多い市場でも、自分の独占市場を作る

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガアフィリエイトナビゲーション
ブログランキングはこちら
ブログセンター

「最近ライバルのいない市場」

「ライバルのいないジャンル」

について深く考えています。

でも、究極的に言ったら、
ライバルのいないジャンルなんてないんですね。

もしライバルがいないままの状態が続くなら、
つまりその市場は、需要がないということです。

そこでは、商売にならないわけです。

だから、携帯情報起業も、
今後ライバルが増えるでしょう。

もちろん先行者利益を得るのを
ねらうと言うのは重要な戦略です。

しかし、ライバルのいない市場に参入しても、
需要があるなら後々ライバルが増えてゆきます。

ですので、終局的には、

「ライバルの多い市場でも、自らの独占市場を作る。」

ということが必要になります。

ブランディングして行くということです。

自分がブランドとなると言うのが、
ネットビジネスにおいては重要です。

ブランディングというと
解りにくいかもしれません。

言いかえれば、

・お客様から選んで頂ける存在

・お客様にとって必要な存在

です。

もしお客様から、
「あなたでなければダメなんです!」

と言われるくらいのレベルまで行ったら
「ブランディング完了」と言っていいでしょう。

それでは、ブランディングを築くためには、
どうしたらいいのでしょうか?

まずあることが必要です。

それについてはまた明日書きます。

お楽しみ!

ブログランキングはこちら
ブログセンター

人気記事


もしあなたが、インターネットで稼いで、自由な生活を送りたいならば、今すぐこのE-BOOKを読んで、メルマガを始めて下さい。メルマガアフィリエイトで稼ぐための基礎から応用までを詰め込んだ、有料並の感動作品です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ