ライバルがいないところをねらう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキングはこちら
ブログセンター

アフィリエイトでキーワードを調べたりする場合、
ライバルをチェックしたりします。

ライバルの少ない狙い目のキーワードを探し、
そのキーワードでサイトを作ったりします。

アフィリエイトでも、稼ごうと思えば、
やっぱりそういう戦略が必要です。

ライバルの少ないキーワード、
ライバルの少ない市場を狙う。

これは必要な考えです。

ネットビジネスやアフィリエイトで稼ごうと思ったら、
もう既に市場はライバルだらけです。

ヤフオクやアフィリエイトやドロップシッピングや
情報ビジネスなどもう既に飽和状態の様に見えます。

しかし、ライバルが多いから稼げないのでしょうか?

それは違うと思います。

どんな商売だってライバルはいますし、
成熟した市場ならライバルが多いのは当然です。

ライバルが多いから稼げない。

これは間違った認識です。

ライバルが多いからこそ需要があるし、
だからこそ稼げるんです。

しかし、その中でもライバルが少ない市場を狙うと言うのは、
ビジネス戦略として必要です。

ライバルが多いからと言って稼げないことはない。

しかし、戦略としては、できるだけ、
まだライバルの少ないところを狙う。

実は、ネットビジネスにおいても
まだライバルの少ないジャンルがあるんです。

僕も最近気がついたのですが、
ライバルの少ないネットビジネスのジャンルがあるんです。

オークション?

ライバル多いです。

アフィリエイト?

ライバル多いです。

ドロップシッピング?

ライバル多いです。

情報起業?

ライバル多いです。

盲点がありました。

この続きは明日以降に、お伝えします。

ブログランキングはこちら
ブログセンター

人気記事


もしあなたが、インターネットで稼いで、自由な生活を送りたいならば、今すぐこのE-BOOKを読んで、メルマガを始めて下さい。メルマガアフィリエイトで稼ぐための基礎から応用までを詰め込んだ、有料並の感動作品です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. インフォペガサスさん

    こんばんは、ともごんです。
    ライバルがいるから稼げるって、
    大きく頷いてしまいました。

    それだけ需要があるから、チャンスも
    大きいんですね。

    盲点? 何となくわかりました^^
    明日、答え合わせにまたおじゃまします。

    応援ぽち♪


コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ