DRMの集客の窓口を一般大衆的的にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の金曜日、こういう記事を書いたのですが、、

AKB48前田敦子の年収は多い?少ない?

そうしたら、ものすごく沢山クリックされました。

 

実は、僕はこういうことを
メルマガに書くことは少ないのですが、
やはり「こういう記事」は多くに人に受ける記事ですね。

あと、メルマガ件名も

「うわっ、、、あっちゃんの年収、低すぎ、、、?」

としました。

 

これにより開封率も上がり、いつものクリック数の3~4倍になりました。

 

これを通して解るのが、 やはり「こういう記事」を書くと、
多くの人が興味を持ってくれるということです。

 

「こういう記事」というのは、
つまり「一般ウケする記事」です。

「一般ウケする記事」言い換えると「大衆受けする記事」ですね。

 

もしインターネットで収入を増やしたいのなら、ココ重要ですね。

 

ビジネスにおいて収入を増やしたいのなら「集客」が必要です。

そして、人を集めるためには、やはり最初の入り口は広くしないといけません。

 

これまで、インターネットビジネス
最強のマーケティング手法と言われたDRM
(ダイレクトレスポンスマーケティング)
では、
とにかく絞ることを強調していました。

 

しかし、絞る前にそもそも「集める」
ということを考えた場合「入り口は広く」する必要があります。

絞ると言っても、そもそも集まる人が「ゼロ」とか数人では、
絞る段階にも行きません。

 

ですので、やはり「入り口」部分は、
「大衆受け」する内容で、広くした方が良いと言えます。

 

で、最近は、検索数のめちゃくちゃ多い
トレンド系のキーワードを使ったり
誰もが知っているポピュラーなジャンルから
ネットビジネスを知らない人たちを集めるというのが流行っています。

 

そうやって、集客したあと、その人たちに
インターネットビジネスの魅力を伝えたり、
自分達の世界を知ってもらう情報を発信して
このネットビジネスの業界に入って来てもらうわけです。

 

で、よくよく考えて見て下さい。

おそらくメルマガ読者増サービスとか
無料レポートスタンドを使ったことがある人はわかると思います。

集まった読者は、
みんなネットビジネスを知っているし、
みんなメルマガを複数読んでいる人たちです。

そういう人たちばかりに情報発信し続けて、
メールアドレスを回し続けていても、
もう限界だと気づいている人も多いと思います。

 

最近は、AYUさんとか与沢翼さんとかもメディアに出てくれて、
ネットビジネスやアフィリエイトの認知度を上げてくれています。

 

だからこそ、これからこの業界は
ドンドン認知されるわけですから、
その流れに乗って、僕達も広く活動すべきだと思います。

 

広く広く窓口を広げればこそ、自分と相性の合う人、
自分の理念に共感できる人が増える可能性が大きくなるわけです。

あやしいイメージのあったこのネットビジネス業界ですが、
今後はぜひもっと一般的なものにしてゆきましょう。

 

メール相談はこちら

人気記事


もしあなたが、インターネットで稼いで、自由な生活を送りたいならば、今すぐこのE-BOOKを読んで、メルマガを始めて下さい。メルマガアフィリエイトで稼ぐための基礎から応用までを詰め込んだ、有料並の感動作品です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ