あなただけの無料レポート(E-BOOK)テンプレート作成方法「表紙の挿入と目次の設定」

このエントリーをはてなブックマークに追加

それでは、Word2007を使って無料レポートテンプレートの作成方法を解説します。

表紙の挿入と目次の設定

まずは、まっさらなWordファイルに、表紙を挿入して、目次を設定してゆきます。

動画解説もありますので、ご覧下さい。

動画解説

(1)表紙の挿入

まずはWord2007を立ち上げます。
image

「挿入」「表紙」をクリック。
image

一番シンプルなもの(一番右下)を選びましょう。
>image

表紙が挿入されたらそれぞれのパーツを変更するか削除して下さい。
image

表紙のタイトルの文字は、「挿入」をクリックして、「ワードアート」を使って書くのがお薦めです。
image

image

文字を記入します。
image

image

もっと、色々と装飾文字が使えますので、かっこいい文字を選んで下さいね。

 

次は目次の設定です。

(2)目次の設定

表紙を挿入したら、2ページ目に進み、第1章など項目を書きます。
image

今回は、以下のように項目を書いてみました。

第1章

(1)項目

(2)項目

(3)項目

第2章

(1)項目(2)項目

(3)項目

第3章

(1)項目

(2)項目

(3)項目

ですが、これでは実は、後で目次を設定する際に、不具合が起こります。

そのため、以下のように書いて下さい。

image

続いて「第1章」という文字をドラッグします。

(マウスを左クリックを押した状態で、右に引っ張って左クリックを離す。)
image

ドラッグして文字が青くマークされた状態で、「参考資料」「テキストの追加」をクリック
image

「レベル1」をクリック
clip_image001

次は「(1)項目」という部分をドラッグします。
image

ドラッグした状態で、同じように「参考資料」「テキストの追加」をクリックし、
image

今度は、「レベル2」をクリックします。
image

このようにして、「第1章」「第2章」などの大きな見出しは、「レベル1」に設定して、「(1)項目」「(2)項目」のようなその下の見出しは、「レベル2」に設定します。

clip_image001

以下のように文字の左側に「」が付くようになります。

image

次にこれらの見出しの文字を本文の文字よりも大きく設定しましょう。
image
ここでは、「第1章」を18、「(1)項目」を14の大きさに変更します。

そして、実はこのままだと、後で目次を更新した時に、以下のように本文の部分まで目次として表示されてしまいます。
image
これでは困るので、「本文を記入」と書かれた部分を目次として表示されないように設定しないといけません。

「本文を記入」の部分をまとめてドラッグして「テキストの追加」「目次に表示しない」をクリックします。
image

これで見出しを目次に表示するための設定は完了です。

 

それでは、次に表紙ページの次ページに目次を挿入します。

表紙の次のページにカーソルをおいて、「参考資料」「目次」をクリックします。
image

ここでは、「自動作成の目次2」を選択します。
image

すると、以下のように目次が挿入されます。
image

続いて目次ページの下に「ページ区切り」を入れておきましょう。

 

「第1章」の手前にカーソルをおいて、「挿入」「ページ区切り」をクリックして下さい。
image

他のページでも、ページを区切る際には、同じように「ページ区切り」をクリックするようにします。

これで、「第1章」「(1)項目」などの見出しが目次に反映するようになります。

それでは、それを確認してみましょう。

見出しの文字を以下のように変えてみました。
image

clip_image001[5]

続いて、目次のページに行って、目次の項目の上で右クリック。

「フィールドを更新」をクリックします。
image

「目次をすべて更新する」を選択します。
image

「OK」をクリック
image

すると、目次の文字が先ほど変更した文字に変わります。
image

 

(3)トップページに戻るためのリンクの挿入

トップページに戻るためのリンクを挿入する方法を解説します。

このようなリンクです。→ トップページに戻る

まず、「トップページに戻る」などの文字を記入します。
image

書いた文字をドラッグします。
image

赤枠「文字列を右に揃える」をクリックするか、もしくはキーボードの「Ctrl」を押しながら「R」を押します。
image

すると、文字が右側に寄ります。

次に、文字をドラッグしたまま、右クリックします。
image

「ハイパーリンク」をクリック
image

「このドキュメント内」をクリック
image

「文書の先頭」を選択した状態で「OK」をクリック
image

すると、文字が青くなり下線がひかれ、1ページ目に飛ぶリンクが挿入されます。
image

続いては、ヘッダーとフッターの文字入れについてです。

 

(4)ヘッダーとフッターの挿入

2ページ目以降の上の部分をクリックします。
image

挿入をクリック
image

ヘッダーをクリック
image

今回は、一番上のものを選んでみます。
image

文字を書き入れます。
image

フッターもヘッダーと同じ要領で、ヘッダー部分をクリックして文字を挿入します。
image

また、ヘッダーやフッターにページ番号を入れておきましょう。

今回は、フッター部分に番号を入れてみます。

「挿入」「ページ番号」「ページの下部」をクリックして、どのタイプかを選択します。
image

そうすると、先ほどフッターに入れた「Copyright(C) 名前 All Rights Reserved」の文字が消えてしまいますので、数字の下にもう一度書き入れましょう。
image

そうすると以下のように、ページ数とCopyrightの両方が記入されます。
image

以上で表紙と目次の設定についての解説を終ります。

次回は、レポートに入れる画像の加工についての解説です。
無料レポート(E-BOOK)テンプレートの作成方法「画像の加工」

メール相談

人気記事


もしあなたが、インターネットで稼いで、自由な生活を送りたいならば、今すぐこのE-BOOKを読んで、メルマガを始めて下さい。メルマガアフィリエイトで稼ぐための基礎から応用までを詰め込んだ、有料並の感動作品です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. 『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』地蔵重樹…

    今回は読書メモではなく、拙著の宣伝です。 この度、日本実業出版社さんから、『〈アウトライン記述法〉でA4一枚の文書がサクサクつくれる本』という本を出版しました。 私にとっては2冊目の商業出版となります。 ライターやコンサルタントなどのプロの世界では普通……

コメント


コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ