メルマガで何故売り込みしないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、僕を心配して下さる
読者さんもいらっしゃいます。

なぜなら、

今まで売り込みをしていたのに、
メルマガでほぼ売り込まない。

それ以前にメルマガを発行しない。

 

・・・

 

僕はメルマガを2009年10月から発行して、
2年間は欠かさず毎日発行していました。

本当に欠かさずです。

 

ところが、最近は、週1,2回かそれ以下の配信です。

それはそれは心配されるでしょう。

「それで大丈夫なの?」と、、

が、

大丈夫です。

 

何故、売り込まないのか?

と言うと、本当に深い理由があるんです。

 

僕はメルマガ読者がまぐまぐ!で2万部を超えていますし、
ブログも検索に強かったりします。

なので、どういうことが起こるかというと、

「弊社の商材をアフィリエイトして下さい!」
というオファーがけっこう来るんです。

個別に、商材無償提供して下さったり、
報酬を高くして下さることもあります。

 

ただ一方的なアフィリエイトの依頼メールも来ますが、
本当にこちらを配慮して下さる文面で
丁重にアフィリエイトのお願いをして下さる販売者さんもいます。

 

なので、

「紹介して上げたいなぁ」と正直思うんです。

 

で、今までの僕だったら、
迷わずアフィリエイトしていたでしょう。

教材無償提供!

高額報酬設定!

先行販売参加権!

これだけの好条件がそろって
「アフィリエイトしない理由がない!」

そう思っていました。

 

しかし、今は理由があります。

これだけそろっていても
「アフィリエイトしない理由」があります。

 

現在1000円サイトアフィリエイト塾
という教材が期間限定で発売されています。

内容も素晴らしい教材です。

僕も一応、前回これくらい紹介できた商材です。
報酬画像

それもあってVIP待遇個別報酬設定ありです。

 

これは、のどから手が出るほど
アフィリエイトしたい商材です。
(表現おかしいですね)

 

でもこのメルマガでは紹介しません。

アフィリエイトしないのには、
ちゃんと理由があります。

 

おそらくこういう人気商材を載せて
1日2通とかメルマガを流せば
それなりの結果は出ると思います。

僕はそれなりに稼げるでしょう。

しかし、あえてそれをやらない理由があります。

それは、この商材を紹介することが
あなたにとって必ずしもプラスにはならないということ。

・・・

もちろんプラスになる人もいますよ。

 

でも、今の時点でブログメルマガアフィリエイトを
実践中であれば、逆にマイナスではないか?

ブログメルマガアフィリエイトを実践中なのに、
サイトアフィリエイト教材を読むことに力を分散することが
プラスの効果になるのだろうか?

そう考えた時、

「?」です。

もちろん、情報を選別できるのであれば
全然買っても良いと思います。

アフィリエイトの知識を幅広く
身に付けるということはとても重要なことですから

 

しかし、このメルマガは、現段階では、
ブログメルマガアフィリエイトの情報を発信しています。

 

だから基本的に、良い商材であっても、
サイトアフィリエイトの商材は紹介しない方が良い。

そういう判断です。

だから、少なくともこのメールマガジンでは、
1000円サイトアフィリ塾は紹介しなことにしました。

 

わざわざ紹介しない教材のことで
ここまで書いたのにも理由があります。

それは、次回お伝えします。

 

ご意見ご感想はこちらまで

人気記事


もしあなたが、インターネットで稼いで、自由な生活を送りたいならば、今すぐこのE-BOOKを読んで、メルマガを始めて下さい。メルマガアフィリエイトで稼ぐための基礎から応用までを詰め込んだ、有料並の感動作品です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 宮嵜誠さん、こんにちは。

    青空です。
    お久しぶりです。

    ご自分のブログでは属性が違うということで紹介なされないんですね。
    それはとても潔いことだと思います。
    何でもかんでも紹介している煽りエイターや、
    あほりエイターに聞かせてやりたいですね。

    応援、ポチットな!

    • 青空さん、ありがとうございます。
      やはり、読者さんが結果を出すということに焦点をおいた場合、そうならざるを得ないと考えています。
      何でもかんでも紹介しているアフィリエイターさんもいますが、それはそれで必要としている人もいるでしょう。
      しかしながら、そういうやり方は、メルマガ購読者数が圧倒的に多く、更には継続的に読者を集め続ける資金力があるアフィリエイターに任せるべきだはないかと思っています。
      特に後発組が、それをやった場合、疲弊してしまうと思います。
      応援ありがとうございます。


コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ