アフィリエイターが無料オファーを紹介するために理解しておくべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年後半から無料オファーが沢山出てきていますね。

この無料オファーは非常に稼ぎやすいアフィリエイト案件です。

もちろん無料オファーを紹介しまくって稼ぐのも良い方法です。

しかし、ただ稼げるというだけでガンガン紹介するのではなく、

 

  • アフィリエイターのメリットとデメリット
  • 無料オファー提供者のメリットとデメリット
  • 読者さんのメリットとデメリット

 

無料オファーを紹介するアフィリエイターは、
これらを明確にしてから、紹介した方がいいです。

 

無料オファーの目的は何かというと、
アフィリエイターを稼がせることだけではないからです。

 

ほとんどの場合、第一目的は、
無料オファー提供者(インフォプレナー)の集客でしょう。

 

もちろん、

  • アフィリエイターを稼がせてくれる。
  • 無料オファー提供者も利益も上げることができる。
  • それでいて、無料オファーに登録して読者さんにとっても役に立つ。

という無料オファー案件がベストであり、
やはりビジネスであれば、3者がWin-Win-Winの関係であるべきです。

 

無料オファー提供側だけでなく、アフィリエイターや登録する読者にも
メリットがあるような無料オファー案件ですね。

そういう無料オファー案件でなければ、
長期的に見てアフィリエイターにもマイナスになるため紹介されにくいです。

そのため、無料オファー提供者側でも
そこを考慮して無料オファー案件を出しています。

 

ところが、無料オファーを紹介するアフィリエイター側が、
このことを理解せずしてドンドン紹介することで起こるデメリットがあります。

これは長期的に見てある面深刻デメリットと言えるでしょう。

・・・

そのデメリットとは、、

リストの消費です。

無料オファーを請求したあなたのメルマガ読者さんは、
無料オファー提供者のメルマガを読むようになりますし、
最悪の場合、あなたのメルマガが全く読まなくなります。

読んでいてくれたとしても、人の時間は24時間、平等です。

あなたの読者さんが無料オファー提供者側の
メルマガを読むことで間違いなく起こることは、力の分散です。

ですので、無料オファーを紹介する場合、
アフィリエイターの采配が問われてきます。

あなたのリストを消費しない工夫や戦略ですね。

例えば、しっかり内容を確認して

「本当に再現性が高い!」

「間違いなく稼げる!」

と確信が持てる無料オファーだけを紹介するとか、、

あるいは、あなたのメルマガの属性にあった
無料オファーだけしか紹介しないとか、、

またあるいは、無料オファーを請求しても
あなたのメルマガを読んでくれるような無料オファーを紹介するとか、、

(これは、例えば、あなたのメルマガがアフィリエイトの属性だとしたら、
マインド系の無料オファーを紹介するなどですね。)

そういった工夫は必要だと思います。

お金がもらえるということは、その分消費するものがあるんだ
ということを理解した上で無料オファー案件を紹介しましょう。

もし、リストを消費してもガンガン無料オファーを紹介したいならば、
メルマガ読者をドンドン集める必要があります。

今日お伝えした内容は、僕自身の
ルマガアフィリエイト2年以上
の実践の中で痛感していることです。

 

人気記事


もしあなたが、インターネットで稼いで、自由な生活を送りたいならば、今すぐこのE-BOOKを読んで、メルマガを始めて下さい。メルマガアフィリエイトで稼ぐための基礎から応用までを詰め込んだ、有料並の感動作品です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ