DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

DRMとは、ダイレクトレスポンスマーケティングの略です。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、
直接の販売を目的とせず、メールなどの媒体を介して、
消費者とコミュニケーションを図り、
販売を促進するマーケティング手法です。

そして、そこからレスポンス(反応)を
フィードバックできる仕組みになっています。

DRMをネットビジネスで実践する場合、

見込み客を集め(リスト収集)

見込み客との信頼関係を築き(ブランディング)

見込み客に販売(セールス)

と言うテップを繰り返します。

そして、このDRMが、ネットビジネスを実践するうえで、
また、メールマガジンを使ったリストビジネスを行う上で
必要な手法であると言われています。

レスポンス(反応)を見て、成約率を計算し、
利益が望める確実な投資をして、
集客できる優れたビジネスモデルです。

僕が知っている日本でのDRMの実践者として
有名な起業家を以下に紹介します。

神田昌典氏
Mr.X
平秀信氏
小川忠洋氏
濱田昇氏
宮川明氏
原田翔太氏
和佐大輔氏
木坂建宣氏
伊勢隆一郎氏
村上むねつぐ氏
一瀬翔氏
柴野雅樹氏

人気記事


もしあなたが、インターネットで稼いで、自由な生活を送りたいならば、今すぐこのE-BOOKを読んで、メルマガを始めて下さい。メルマガアフィリエイトで稼ぐための基礎から応用までを詰め込んだ、有料並の感動作品です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ

このページの先頭へ