賢威テンプレートにする前の迷いと葛藤と変えた理由

このブログは、2010年の5月に開設しました。

それで、今年1月21日賢威テンプレートに変更しました。

 

以前のテンプレートも1年半以上たっているため愛着もあり、
変えるのはかなり迷いました。

というわけで、変更する前に
以前のこのブログの姿をしっかり写真に撮っておきました。

メルマガアフィリエイトナビゲーション

 

また、今、正直に告白すると、、

「賢威テンプレートを使うなんて、
純粋なアンリミテッドアフィリエイト実践者じゃない!」

「もしそれで、稼げても、
アンリミテッドアフィリエイトのノウハウの力ではなく
賢威テンプレートの力じゃないか?」

「純粋なアンリミテッドアフィリエイトの実践者なら
アンリミテッドアフィリエイトのテンプレートを使うべきだ!」

という変なこだわりがあったのも事実です。

 

ところが、作者のインフォ侍さんにメール相談したところ、、

 

・・・

 

「別にテンプレートはなんだっていい」と仰りました。

 

そこにこだわる必要はないということですね。

 

 

、、ところがもう一つ引っかかっていたのは、
アンリミテッドアフィリエイトの実践で圧倒的に稼げている人は、
アンリミテッドアフィリエイトのテンプレートを使っていなかった
(おそらく真田孔明さん以外)という事実です。

アンリミテッドアフィリエイトで結果を出している人は、

賢威

EFFICIENTアフィリエイト

あるいは無料ブログで昔から運営している人

でした。

 

また、いくらインフォ侍さん自身が、
無料ブログで今だにアクセスを集めて稼いでいる。

だから、「テンプレートは関係ない!」
とは言うものの、、

だからと言って

それは「インフォ侍さんが昔から運営している」
という原因もあるんじゃないか?

そう思ったんですね。

 

だとしたら、今だったら、
もっとSEOに強いテンプレートにした方がいいんじゃないか?

という思いと、

 

このアンリミテンプレートでも
アンリミのノウハウの力「だけ」で(純粋に)結果を出してやる!

という挑戦というか、変なこだわりの思い、、

 

この2つの思いが葛藤し続けていました。

 

テンプレートごときで何を、、と思うかも知れませんが、
ブログテンプレートってアフィリエイターの顔とも言えるのでは、、

と思うんですね。

 

それもありましたし、
また僕はメルマガ主体のアフィリエイターだという自覚がありましたし、
「メルマガアフィリエイター」「売り」にしたいと思っていました。

 

ですので、今更賢威テンプレートに変えるかどうか超迷いました。

 

で、結局変えたのですが、その理由は、、

やはり、そういう所にこだわるよりも
「読者さんから見てどうなの?」と考えた時に、

 

そこにこだわる意味はないと思います。

 

ですので、変えた理由は、SEOもありますが、
それ以上にユーザビリティデザインです。

ユーザビリティとは、訪問者が使いやすいかどうか?というところです。

 

賢威テンプレートは、SEOに強いと言われていますが、
僕はそちらよりもデザイン性ユーザビリティにひかれました。

 

訪問者目線にたっても、
見やすくて使いやすくて面白いテンプレートの方がいいです。

 

やはり、ねらうべきは、の訪問者参加そのブログにどれだけ長居(ながい)してくれるか?

長く居てくれるか?

 

です。

 

訪問してパッと見て、そのブログに居座って頂くには、
第一印象が重要です。

 

 

また、一度ならず何度も訪問していただくためには、
もちろん記事の充実が必要ですが、やはりサイトの使いやすさも重要です。

 

そう考えた時に、やはりこの賢威テンプレート
変える価値があると思いました。

 

ということで、賢威はおすすめなわけですが、
どこで賢威を購入すればいいのかというと、、

僕から買ってください!

・・・

とはいいません。

 

賢威ユーザーや情報商材アフィリエイターには
おなじみかも知れませんが、
この人から購入することをお奨めします。

マメボーwさんのブログ

タグ


情報商材アフィリエイト2年以上の経験を生かして

情報商材アフィリエイト2年以上の経験を生かして、
今日は、重要なメッセーをお伝えします。

僕も、情報商材をもう100本くらいは見てきているのですが、

一つ言えることは、

この投稿の続きを読む »

タグ


フォローブースター発売

本日0時に、Twitterツールフォローブースターが発売されました。

2月2日間までの期間限定発売です。

早速、インフォトップ1位ですね。

この投稿の続きを読む »

タグ


アフィリエイトの軸をおさえた上でやりたいようにやる!

アフィリエイトをする場合、
やはり基礎的な知識は必要です。

 

様々なノウハウがありますが、
色々なノウハウを追い続ける前に、
確固たる基礎知識がまず必要です。

 

何年間も廃れない王道ノウハウ

できれば生涯役に立つようなノウハウ

 

そういう不変でありながら、

普遍のノウハウをまず固める必要があります。

 

最近、書いているのは、

流行を追うことと

王道を行くこと

この両面の必要性だ!

ということです。

 

だから、もしあなたに、
アフィリエイトの基礎がまだないならば、
また自身の軸が固まっていないならば、
それ相応の教材を読んで学んで下さい。

 

基礎知識がありきです。

その上での応用です。

 

だから何が必要なのかというと、
必ず一つ軸の教材を手に入れて下さい。

 

そして、ある一定の期間そのノウハウの通りに実践して下さい。

 

その上で、あなたのやりたいようにやりましょう。

 

お問い合わせはこちらから

タグ


メルマガ号外広告にかけたお金が回収できない、、とガッカリしてはいけません。

ここ1ヶ月僕がやってきたのは、

こちら

を分割配布して無料オファーを
読者さんにダウンロードしていただく方法です。

12月に発売された教材のノウハウ、無限方式ですね。

そして、1月23日には、
上記の登録サイトを号外広告にも出しました。

本当はもっと早く号外広告を出したかったのですが、
そのメルマガに号外広告の申し込みが殺到していたため
結果的に1月23日になってしまいました。

申し込みが殺到していると聞いて、
まさか!ではなく、やはり!と思いましたが、
多くの人が僕と同じような号外広告をこのメルマガに出していました。

やはり、

「〇〇円の商材を無料で差し上げます!」

というメルマガが毎日のように届いたら
当然、反応が悪くなります。

今日は、号外広告を出した結果を
ぶっちゃけてしまいましょう。

結果として、広告費をかけ多分を
無料オファーで回収できないくらいの登録数でした(爆)。

今回の場合、特に教材内で大々的に推奨されていた
メルマガに広告を出したため、こういう結果になってしまいました。

しかし、ある意味裏技的ノウハウというのは、
公開されるまでが「賞味期限」とも言えます。

この流れの早いネットビジネス業界の中では、
ノウハウとして出てしまったら効果がすぐ薄くなる
ということを身をもって体験しました。

今回、この無限方式を実践するために
号外広告を出した人は多いでしょう。

僕のメルマガでさえ5件もの
号外広告のご依頼を頂きました。

僕が今回出稿した某メルマガなどは、
ここ最近、毎日か一日おきくらいで同じような広告が流れています。

ですので、
「赤字になってしまった(-_-;)!」

と落ち込んでいる人も多いのではないでしょうか?

でも、いいんですよ!

何が?

 

何がいいのか今からお伝えしますね。

例えば、5万円かけて号外広告を出稿したとします。

そして、その結果100件の登録だったその場合、
「この100件から無料オファーで5万円以上稼がないといけない!」

と考えると思います。

でも、この無限方式でそこまでいくかというと微妙だし、
かなり難しい人もいるでしょう。

で、結果この100件から2万円しか稼げなかったとします。

そうすると、ガッカリするかも知れませんね。

でもここでガッカリするのは早いんです。

5万円で100件だから1リストあたり500円だったところが、
2万円回収しているので、3万円で100件の計算になります。

ですので、1リストあたり300円です。

これは、無料レポートスタンドなどのメールアドレスより
もよっぽど濃い読者さんになります。

この読者さんたちは、あなたの
メルマガの読者として残るわけです。

だからこそ、ガッカリするにはまだ早くて
これからが大事なんです。

この読者さんたちは、無料オファーをダウンロードしてくれる人たちであり
また、あなたが分割して配布した教材のジャンルに関心がある人です。

要するにリストが残ったことに物凄い価値があるんです。

だから、僕自身も無料オファーで回収できなかったことよりも

「これからどうするか?」

というところに考えが行っています。

 

確かに、裏技は公開されたら効果が薄くなります。

しかし、公開された段階では
知らなかったノウハウを知ったわけですから速攻で実践します。

そして、効果が薄くなったら
今度は普遍的なノウハウを使った
稼げる仕組みに流すわけです。

今回の場合、無限方式でしたが、
これはどんなノウハウでも当てはまります。

そう考えると、やはり、裏技を求めながらも
普遍的なノウハウは、しっかりとおさえておくべきです。

それは、裏技が使えなくなった時に、困らないためにもです。

  • 普遍的なノウハウ
  • 基本的ノウハウ
  • 基礎的ノウハウ
  • 基軸的ノウハウ
  • 軸ノウハウ
  • 王道ノウハウ
  • 鉄板ノウハウ
  • 長期的ノウハウ

言い方は色々ありますが、

これをおさえた上で、流行りのノウハウも追う!

しかし、主軸はどこまでも王道!

というスタンスが今後ますます必要だと思います。

⇒ お問い合わせはこちらから

タグ


最新情報を追うことに苦痛を覚えたらリストビルディング大百科

最近思うのですが、

ネットビジネス系の教材は、有料であれ、無料であれ、
再現性の高いものがたくさん出てきています。

もやはノウハウレベルの差別化は難しい、、
と思ってしまうほどです。

そんな中で、僕たちが取るべき行動は、
なんだと思いますか?

今日は、僕の考えを伝えたいと思います。

特に稼ぐ系ネットビジネス系情報商材って

新しいノウハウが世の中に出る

多くの人がそのノウハウを実践する

飽和する

新しいノウハウが世の中に出る

結局、この繰り返しなわけです。

そして、新商材が出れば
仕入れてレビューしてアフィリエイトする。

いわば、これを繰り返すのが
稼ぐ系情報商材アフィリエイターの仕事です。

でも、新しい情報を追い続けて
チェックし続けるのって結構大変ですよね。

こういう仕事が好きであれば問題ないですが、
「しんどいなぁ」と思ってやめてしまう人も多いです。

だとしたら、しんどくならない程度
新しい情報を追ったらどうでしょうか?

メルマガを沢山とっているとしたら、
周りのアフィリエイターが新商材をアフィリエイトしたり、
新しい無料オファーを次々とアフィリエトしますよね。

そうすると、正直僕も焦ります。

わぁ、自分も紹介しなきゃ(゚д゚)、、みたいな

でも全部紹介してたら、間に合わないですし、
それだけで追われるような生活になってしまいます。

・・・

よく考えてみましょう。

自由を求めてアフィリエイトを始めたのに、
追われるような生活になっていないか?

と言うか、僕自身なってますけど、、

だからこそ、自分に言い聞かせながら、
ここで訴えたいわけです。

ほどほどにしろよ!と、、

「ほどほどに」というのは、

自分がキャパシティオーバー
(飽和状態)にならない程度にしよう。

ということです。

当然、新しい情報を入手することは重要です。

やはり、市場を見る必要はあります。

マーケティングは重要です。

しかし、新しい情報を入手することに集中しすぎるのではなく、
自分の信念を貫く方を主体にしてはどうか?、、

という提案です。

新しい情報を追うのをやめろというわけではありません。

そこは常にチェックし続ける必要はあると思います。

しかし、「ほどほどに」です。

もちろん、初期段階である面決死の覚悟で

「今は無我夢中なので、止めないでくれ!」

という人に対しては、「ほどほどにね!」とは言いません。

そういう人は、今がそういう気持ちが強いので、
今そうやって夢に燃えていることが幸せだと思います。

しかし、もし、

最新情報を追い、われさきにとアフィリエイトする

というスパイラルをやっていてつらい場合、

苦痛になっている場合は、

「ほどほどにね」と言いたいわけです。

ビジネスを行う僕たちのとる行動は、
新しい情報を手に入れることと、
自分の軸を貫くこと、

この両面が必要です。

しかし、この両面のうち主体とすべきは、
自分の軸を貫くことだと思うわけです。

あなたの

  • 信念
  • ライフスタイル
  • コアメッセージ
  • 理念

などを主軸として、

あなたが、
読者さんに伝えたいメッセージ

それを実現するためにお薦めできる商材を紹介する。

というスタイルのほうが自然でストレスフリーじゃないでしょうか?

だからこそ、僕が今、
「これからの時代に必要だ」と訴えたい教材がコレなんです。

リストビルディング大百科

とっつきにくい教材ですが、これこそ真実を語っています。

⇒ お問い合わせはこちらから

タグ


ClickScope2とマーケティングインサイダー2012 どちらが本当のインサイダーだ?

昨日は、再配布権付きの商材が発売されました。

マーケティングインサイダー2012

あっという間に、インフォトップ1位です。

「タイトルはマーケティングインサイダー2012」ですが、
ここまで売れてしまっては、もはやインサイダーでもありませんね。

確かに内容は超インサイダー的な
「これを言ってしまって大丈夫なのか(汗)(・.・;)?」

という情報です。

ですが、ここまで売れてしまって
しかも再配布されてしまっては「インサイダー」でもないですね。

しかし、情報商材アフィリエイターでしたら、
今後、自分の弱点を作らないために購入しておくべき教材です。

そして、以下の商材の方がもっと
インサイダー情報ではないでしょうか?

本日18時に
もう一つ再配布権付きの商材が発売されました。


こちらです。

トップアフィリエイターであり、
プログラマーRyu-Gさん作成のツールです。

3作目の有料ツールですが、
僕は過去のRyu-Gさんのツールは全て手に入れています。

スクエボ

BonusBox

そして、今回の「ClickScope2」

全てのツールが、
アフィリエイターのかゆいところに手が届く、、

と言うか、

「あったらいいなぁを形にする」と言うか、、

とにかく、
「おーー!こんなの欲しかったんだよ!」
と思わず言ってしまうものを作って下さいます。

今回の「ClickScope2」は、クリック解析ツールで、
僕も使って見ましたが、かなり便利です。

先ほど送ったメルマガのクリック解析も
早速「ClickScope2」で試してみました。

クリック解析ツールとしては、
「イージークリックカウンター」が有名で評判がいいですが、
このClickScope2の売りは、やはり「再配布権」です。

しかも7日間の期間限定ですので、
再配布権が手に入るのは、1月31日までです。

ということで、先ほど購入して
早速使ってみて、今紹介している次第です。

また、クリック解析と言えば、マーケティングですので、
なんと例の特典も差し上げます。


例の特典

情報商材アフィリエイター以外は、必要無いですが、
情報商材アフィリエイターには、必要な商材です。

⇒ ClickScope2(特典プレゼントリンク)

なお以下の「5000円以上対象特典」
もちろん差し上げます。

気になる場合ご確認下さい。

宮嵜誠の特典案内

クリックスコープ2のメルマガ記事URLの
一括変換の様子をビデオに撮ってみました。

⇒ お問い合わせはこちらから

タグ


マーケティングインサイダー2012 最強特典

情報商材アフィリエイト

数万円から10万円を超えるためにが必要か?

これについて、今日は僕の体験を元にお伝えします。

僕がメルマガ情報商材アフィリエイトを始めて

月7万円を超えるまで4ヶ月でした。

そして、そこから停滞、、低迷が始まりました。

3~8万円程度をウロウロしたんです。

で、そこから月10万円の壁を超えたのですが、

その大きな原因が何だと思いますか?

・・・

それは、購入者特典の充実でした。

購入者さんにプレゼントする特典

強化していったんです。

どうやって特典を充実させたのか?と言うと、

再配布権付きの特典を買い揃えました。

購入者だけが再配布できる商材というのがあって

初心者さんが特典を充実させるにはこれが一番いいです。

自分で特典を作るというのも手ですが、

まだ実績がない段階だと

なかなか魅力ある特典を準備するのが難しいです。

だから再配布権付きの特典を購入する

というのが一番効果的なんです。

実は、検索エンジンで1位になっても

そのサイトから購入する理由がないと売れないんですね。

だいたい、商材名で検索する人って

1位だけじゃなくて2位から下のサイトも見るんです。

いくつかサイトを見て、

一番メリットを感じるところから購入します。

情報商材は家電などのように、

値段を下げることはできません。

〇〇電機とか〇〇カメラだったら、

「他店より1円でも高かったら値下げします!」

とか言うのが基本ですが、

情報商材アフィリエイトは、それをやってはいけません。

と言うかできないです。

で、他より差別化するために特典をつけるわけです。

また今では、差別化と言うよりは

他者に遅れを取らないためにも再配布権商材は買っておくべき

という風潮にもなって来ています。

・・・

と、前置きが長かったですが、

やっと紹介できます。

今日、再配布権商材のお話をした理由は、

この商材が発売されたからです。

インサイダー商材

今日の18時に発売されて、

現在「お祭り」になっています。

さっそくインフォトップ1位です。

AYUさん、リーマンさん、元お笑い芸人大田さん、菅智晃さん

業界トップの4人のインタビュー音声です。

この商材の中の4つの音声再配布できます。

そして、再配布できるというのも売りですが、

それ以上に学びになるのが音声そのものです。

特にメールを使ったビジネスをするのに、

めちゃくちゃチカラになる内容です。

このインタビューしている人がお笑い芸人で、

質問も非常に的を得ています。

ネットで稼ぎたい人たちが知りたいことを

ピンポイントで質問してくれますし、

リアクションが面白いので飽きずに聴くことができます。

いやあ、いい音声教材ですね。

ぜひ聴いて下さい。

今回特別にこの商材に出演している

リーマンさんからの豪華特典をお付けします。

よく無料オファー特典として見かける再配布商材ではありません。

ある意味最強の特典です。

それは、、

・・・

「リストマーケティングCLUB一劇筆札(一劇筆札2)」です。

こちらがメンバーページ(画像)です。

と言うか、今知ったのですが、

このメンバページの動画が公開されていました。


(※動画に出てくるリーマンさんの過去教材は現在ダウンロードできません。)

そしてリストマーケティングCLUB一劇筆札

についての解説動画がこちらです。

ここでリーマンさんが音声で語っているような

リストに関する知識とスキルをタップリと学んで下さい。

ある意味最強の特典だと自負しています。

僕もこの「リストマーケティングCLUB一劇筆札」に参加していますので、

ぜひ一緒にリストマーケティングを思う存分学びつつ、切磋琢磨しましょう。

⇒ マーケティングインサイダー2012(特典対象リンク)

そして、もちろんその他の豪華特典もプレゼントします。

特典について詳しくはこちら

タグ


メルマガアフィリエイトで自由な生活をするための「三種の神器」

韓国は今日から正月です。

というわけで妻の兄弟の家を回っています。

それで、今日のブログは、

妻の姉の家で書いています。

アフィリエイトの良いところは、

拘束時間を自分で決めることができることです。

基本的に長く作業する時もありますが、

普通に会社勤めしている人よりは融通がききます。

特にうちの場合は、

妻が車の免許を持っていないため

僕が運転しないと成り立たない状況です。

やはり、家族サービスという視点で見ると

拘束時間を自分で決めることができて融通が利く

というのがアフィリエイトの大きなメリットですね。

ただ、場所を選ばずどこでもアフィリエイトの作業をするためには、

ある程度の条件が必要です。

その条件は、

  • パソコン
  • インターネット
  • オンライン倉庫

があることです。

そして、おススメは、

  1. 12インチ程度のモバイルPC
  2. イーモバイルやiPhone
  3. ドロップボックスです。

パソコンがそこにあっても

自分のパソコンでなければ使いにくいので、

やはり自分のノートPCを持っていた方が良いです。

また、あまり大きすぎても持ち運びが重いので、

12インチ前後で、2キロを超えないものが良いです。

そして、できれば丈夫で

バッテリーの持ちが良いものがいいです。

有名なのはレッツノートS10ですね。

そして、家の中だけでなく、

そのほか色々なところで作業するためには、

イーモバイルやiPhoneやワイマックス等が必要ですよね。

僕はアイフォンの

「ホットスポット」

という機能を使っているのですが、

日本では使えないという話を聞きました。

こういうアイフォンなどの端末を使って

パソコンにネット接続する方法を

「テザリング」

というようですね。

この

「ホットスポット機能」

は、

韓国だけでなく日本でも使えるものだと思って

以前メルマガで紹介しましたがすみません。

それで、3番目のドロップボックスですが、

これがかなり便利です。

自分がしょっちゅう使うファイルをその中に置いておけば、

ネットがつながる環境ならどこでもとりだして操作できます。

これは、かなり重宝するので、

ぜひ使ってみて下さい。

⇒ ドロップボックス

  • 1,12インチ程度のモバイルPC
  • 2,イーモバイルやiPhone
  • 3,ドロップボックスです。

これらは、

アフィリエイトで自由な生活をするための

「三種の神器」

とも言えるくらい便利です。

もちろんサイト作成などは、

家の大きな画面もパソコンでやった方が効率が良いです。

しかし、記事を書いてメール配信する程度なら

スタバなどのコーヒーショップでもできます。

ですので、上記の3つは、

場所を選ばず作業したい人には

おススメのツールたちです。

タグ


リストビルディング大百科の感想 接点について

リストビルディング大百科の最初の和佐大輔さんの章では、

リストビルディングには、接点が必要だと言っています。

今までネットビジネスのマーケティング手法として最強とも言われていたのが、

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)です。

このDRMは、とにかくターゲットを絞ってゆくことが重要な手法です。

しかし、これを最初の集客の部分でやってしまうと

どうしても色々な人にアプローチしにくいという限界があります。

そこで、このリストビルディング大百科では、お客さんとの接点を作るために、

誰でも分かりやすい大衆受けするメッセージを投げることをまず最初にするべきだと言っています。

ですので、狭く深くというアプローチではなく、

最初の段階では広く浅くアプローチして行くことが必要だというわけです。

非常に重要な話だと思います。

狭くすることで、可能性が大きく狭まるということを考えると

初めの集客の段階でこの「接点」を広く持つというのは極めて重要だと感じます。

そもそも、アメブロやFacebookで

いきなりあなたのこだわりやコアメッセージや理念の部分を語っても

興味を持つ人は限られますし、本来顧客としてファンになる人も

そこの敷居が高すぎるために来なくなってしまうわけです。

ですので、最初からこだわってしまうのは、

可能性の門がひどくせばまる方法です。

最初の集客では誰もが納得するような共感するような

工夫が必要だというわけですね。

タグ


このページの先頭へ