GIMPを使いこなすためにまずはコレ!

今日は無料レポートを紹介します。

僕は最近はめったに無料レポートを紹介しないし、
それ以前に最近ブログの更新も減ってきていますが、、、

紹介するからには、
それだけ意味のあるレポートだと思って頂ければと思います。

アフィリエイトを行っていて非常重要なのが、
訪問者がそのサイトを見てくれることです。

そしてそのポイントとなるのが画像です。

また多くの人が悩むのがこの画像の問題です。

今はSEOでも滞在時間が重視されていますが、
滞在時間を伸ばす重要なポイントが「画像で魅せること」。

「見せる」ことだけではなく「魅せる」ことです。

ヘッダーデザインとかバナーとかボタン画像とか
色々と目で訴求することで訪問者の反応が良くなります。

それによって、サイトに訪問してくれた人が長くサイトを見てくれて、
その結果、Googleの評価が上がると言われています。

「検索した人にとって有意義なサイトだからこそ長く滞在する」

とGoogleは判断するからです。

実はだいたいあなたのサイトに訪れた人は、文字をあまり読みません。

特に女性は、文字よりも画像。

画像で見て、文字は興味あるところだけをちょこっと読みます。

なので、画像で興味を引くことがかなり重要です。

また逆に言うと「画像で魅せること」ができれば興味をカンタンに引くことができます。

そのために、じゃあ画像をどうやって準備するかというと、、

GIMPと言うソフトで作ります。

なぜこのGIMPがいいのかというと、
有料な高性能画像編集ソフトとほぼ同等の機能でありながら無料だからです。

もちろんフォトショップ等の優秀な画像編集ソフトを持っていて
使い方までマスターしているならそっちを使って下さい。

ですが、そういうソフトやスキルがまだない場合、GIMPで行きましょう!

無料でありながら、やろうと思えばプロ級の画像が作れます。

ところが、、

GIMPって性能はいいけど、使い方が難しいです。

最初はそれなりに使い方を覚える必要があります。

そこで、おすすめのレポートがこれです。

このレポートを見て、実際に手を動かしながら作業して下さい。

そうすれば、自分のオリジナル画像が作れて、
それと同時にGIMPが上手に使えるようになってしまいます。

このレポートで説明されていることだけでもマスターしておけば、
今後アフィリエイトで実績を出すために必ず役に立ってきます。


無料レポートダウンロード

タグ


日本語サブドメインと日本語ドメインの効果

日本語ドメインの効果は現在大きいということは
僕も実際にやってみてわかりました。

ところが、日本語サブドメインは、
悲しいくらい効果がないです。

日本語サブドメインとは?

ドメイン代も年間900円以上かかる。

効果が高いといわれる日本語ドメインをドンドン取得するとしたら
その費用もバカにならない。

で、僕が考えたのが日本語サブドメインです。

こう呼ぶのかどうか解りませんが、

この僕が言っている日本語サブドメインというのは

例えば、

http://m-affili.com/

というドメインにサブドメイン設定をする時に、

http://宮嵜誠.m-affili.com/

そのコードを日本語にしてしまうということです。

思いついたものもそんなことできるのか?

と思いましたが、やってみるとできました。

こちらのようなサイトで、ピュニコードを調べます。

ピュニコードとはURLにする時に、
日本語を英語表記に変えるための記号です。

例えば、宮嵜誠の場合、ピュニコードは、

xn--6bty2bjz2g

となります。

なので、サブドメインとする時に、
http://xn--6bty2bjz2g.m-affili.com/

と設定すれば、

http://宮嵜誠.m-affili.com/

というサイトになるわけです。

それで、この方法である商品名のサイトを作ってみました。

これが大失敗!

ねらったキーワードでまったく上がらず
おそらくほぼ圏外です。

そのサイトに被リンクもそれなりに送って
SEOもかけたのですが、それでも効果はありませんでした。

インデックスはされているのですが、
検索からのアクセスはず~~っとゼロです。

無料ブログで同じキーワードをねらって作ったものは、
かなりのアクセスが来るのですが、
日本語サブドメインは全然ダメでした。

日本語ドメインの効果のものすごさに比べて

日本語サブドメインの効果の無さに驚きました。

やはりお金をケチるとその分効果は落ちますね。

やはりお金をかけた分、
日本語(独自)ドメインの効果は大きいということです。

ですが、まだ一つしか挑戦していないので、その効果は解りません。

もしかしたら、効果のあった実例もあるかもしれませんね。

もし実践した方や詳しい方いましたら
この記事にコメント頂ければ嬉しいです。

タグ


これからのSEOからみた今後のネットビジネス業界全体の行方

今日は、僕と同じようにアフィリエイト歴が
けっこう長いアフィリエイターさんと対談音声を撮りました。

 

その中でSEOについて話していました。

やはり今年4月のペンギンアップデート
によって被リンクの効果がかなりなくなったということですね。

 

もし被リンク目的のサテライトサイト
を作る場合、そのサテライトサイト自体を
更新し続けてボリュームのあるサイトにしなければなりません。

そうでないと、もはやGoogleからマイナス評価をもらうそうです。

 

今後は、もう被リンクよりも
実際のトラフィック量が重要になってくると言われているようですね。

 

僕がまだネットビジネスを始める前は、

「検索上位のサイト=人気サイト」

と思っていましたが、SEOを知って実際には
人気よりも被リンクだったということが分かったわけですが、

今後は、まさに

「検索上位のサイト=人気サイト」

となる流れのようですね。

 

人気ブログこそが検索上位になる時代に突入してしまいました。

もはや小手先のテクニックでは難しい時代ですね。

 

でも未だにサイト量産ツールとかそういうものが本当に多いです。

ですが、

「Google自体がどういうサービスを展開したいのか?」
ということをもう少し真剣に考える必要があると思います。

 

Google側が、情報を探している人たちに
適切なサイトを提供することが、

Googleにとってもユーザーにとっても
優良なサービスであることは間違い無いのです。

 

だとしたら、当然ながら、
ツールを使って自作自演で被リンクを
増やしているサイトではなく本当に
「人間」から評価されるものを作らないといけません。

 

だんだんとGoogleのロボットが人間に近づいていると言われています。

Googleのアルゴリズムが人間が好む形になっているという話です。

 

人間だったら、
自作自演で被リンクが多いだけのサイトに価値を感じないのです。

 

このGoogleのアルゴリズムの変化は、
当然の流れであると、実は1,2年前から言われていました。

 

まさに今がその時ですね。

 

じゃあ、今後は何が必要か?

考えてみて下さい。

 

役に立つコンテンツ

面白いコンテンツ

という解答が出て来るかも知れませんが、
ただ役に立つだけのコンテンツを書いてもそれってみんなやっていますよね。

 

ですので、そういう機能的価値で差を生むのは難しいでしょう。

 

今日対談したアフィリエイターさんは、SEOにかなり詳しい方です。

その方も言っていましたが、やはり今後は、

「オリジナルコンテンツ」です。

 

「SEO業者がSEOをやっていない」とまで言われている時代です。

じゃあ何をやっているのかというと、
オリジナルなコンテンツを作るために試行錯誤しているわけです。

 

今後は情報アフィリエイトも
サイトアフィリエイトも間違いなく「オリジナル性」が問われます。

 

だからこそ、僕が本当に今後絶対必要だと思うのが、
この人たちが語っていることです。

新時代のアフィリエイトの稼ぎ方

 

本当にネットで稼ぎたいならば、
今後自分のビジネスを持ちたいと考えているなら、必ず聴いておくべき音声集です。

新時代のアフィリエイトの稼ぎ方

 

メール相談はこちら

タグ


このページの先頭へ