アマゾンの出品アカウント停止事件

僕の家族が転売を行っている関係で実は僕もアフィリエイトの傍ら転売を行っています。

韓国からやっているので、発送は任せたり、韓国からのものは自分で発送することもたまにあります。

なぜやり始めたのかというと、アフィリエイトでフィギュアとかアフィリエイトしているとその相場とか最安値価格とか解るからです。

また、プレミア価格がついたりするものも解ります。

なので、その知識を活かして、ヤフオクAmazon等で転売してみると、結構利益を出すことができるのです。

ところが問題がありました。

アマゾンの出品アカウントが停止になってしまったのです!

利益が出ていただけあって、これまた超ショック!

これをここで語ろうかどうか迷ったのですが、アマゾンを眺めていると、同じ誤ちをしている出品者がいたので、警告的な意味で役に立てるかなぁと思って書くことにしました。

それがどういう誤ちなのかというと、要するに規約違反なんですが、以下の通りです。

予約開始されたが発売は4ヶ月後の商品を購入する(手元に届くのが4ヶ月後)

4ヶ月後に手元に届くのはほぼ確実なのでアマゾンに出品する(4ヶ月後に発送する旨を出品ページに記入する)

アマゾンの審査が入ってアカウント停止!

こういう流れです。

僕が規約をよく確認せずにこれをやってしまってアマゾンから審査が入り、結局アカウント停止になりました。

アマゾンの規約によると最低1ヶ月後以内に手元に届かない製品を出品するのはNGということです。

このやり方をやるなら4ヶ月後に届くということを記載しないといけませんし、もし仮に記載しなかったとしても、知っている人が通報するでしょう。

僕自身、規約をよく知らず、また先に他の人がこのやり方をやっていたので実行したわけですが、その結果アカウント停止。

そして、現在見てみると同じことをやっている人がいるので、この人達がアカウント停止になる前にブログの記事にして、この事実を早く広めたいと思いました。

アフィリエイトのブログですし、どこまで広がるか判りませんが、予約の段階で購入できる商品のアマゾンへの出品はしないようにご注意下さい。

教訓としては常識ある人なら当たり前の事のようですが、

「規約はよく確認すべし」です。

特に不安要素が残る取引の場合は、その辺り十分な確認が必要です。

これはネットビジネス全般にも言えることでしょう。

タグ


結果が出る人と出ない人の違いは反応にあった!

今日は終戦記念日。

韓国では光復節といいます。

韓国ではただの大戦終了という意味だけではなく、
植民地支配からの解放という深い意味がある日でもあるようです。

ということで今日は韓国も休日です。

最近はサイトアフィリエイト
ついでに転売もやったりしています。

実は日本で家族がせどりや転売をやっているので、
それに便乗して発送作業をお願いしています。

僕が昔紹介したせどり塾をキッカケにして
実は弟がせどりで結構な利益を上げています。

ざっくりと言うと
家族5人で生活できるくらいの利益です。

この僕が弟に紹介したせどり塾も当時問題があって
裁判沙汰になったり、色々たたかれたりもしました。

しかし、それでもこうやって
結果を出せた者もちゃんといるわけです。

結果を出せるか出せないかは、

結局継続するか?しないか?

試行錯誤するか?しないか?

この違いです。

例えばツールに不具合があったり、
カリキュラムに不満があったとしても

人によっては結果も出せるし、
人によっては結果を出すことができない。

やはりビジネスっていうのはどこまで言っても

「心の持ち方」の違いが大きいと思います。

不足な事態が起こった時にそれでもへこたれず前に進める者。

不足な事態が起こったら人のせいにして前に進まない者。

同じ現象が起こっても人によって反応が違う。

反応が違えば結果も変わってくるわけです。

ですので、僕たちは常に起きた出来事に対しての

反応、リアクションの部分を大事にしないといけません。

不足な事態が起きたとしても

そこで前向きに捉える道は無いのか?

ポジティブに考えることができないか?

ここが極めて重要じゃないでしょうか?

・・・

ところで「不足な事態」と言えば、
こないだショッキングなことがありました。

ブログに書いたので見てみて下さい。


バカやっちゃいました。


これ楽天アフィリエイト実践者は気をつけて下さいね!

タグ


「やりたいもの」を見つけるならこのネットビジネスがおすすめ!

このブログの記事は韓国平澤市のある交差点に位置する
マクドナルドで書いたものです。

最近は、無線がどこでも飛んでいるので、
外出してもあらゆる所で作業ができて良いですね。

僕は最近いつもはだいたい図書館で記事を書いたりしていますが、
家よりも集中できるのでおすすめです。

韓国の図書館は、日本のイメージと僕の中では違って
平日でも勉強している人が沢山います。

その黙々と頑張っている雰囲気の中で
作業をすると集中できるんですね。

僕の場合、安上がりに図書館とかマクドナルドですが、
外で仕事をする人って日本だともっと多いですよね。

ネット起業家でもいつもスタバで作業している人も沢山いますし、、

ノマドワーカーという言葉がありますが、
今はノマドの全盛期かも知れません。

と言うか、これからもっとノマドが増えそうな気がします。

それで、外でネットビジネスの作業をする場合、
いつも気になるのが「電源」です。

ですが、最近はマック用のハイパージュースなんていう
携帯用の大容量バッテリーもあったり、その辺も充実しています。

ハイパージュース

ところで、ネットビジネスを始めても
作業がなかなか進まないと言う人が昔から多いです。

進めていても途中で止まってしまう人も多いです。

インターネットビジネスをやる上で続かないということは
その作業がとても「辛いから」というのが大きな原因です。

辛くてもやれるだけの根性

辛くてもやれるだけのモチベーション

そういうのがあればいいです。

そもそも動機とかモチベーションとか
全く考えなくてもやれてしまう人もいますが、
そんな人ばかりではありません。

何か理由がないとやれない人がほとんどのはずです。

なので、その今取り組んでいるネットビジネスが
自分にとって

「やりたいもの」

なのかどうかって結構重要です。

自分に合った「やりたいもの」でなければ、
やっぱりなかなか続かないです。

ネットビジネスというとだいたい

  • せどりなどの転売系
  • アフィリエイト
  • 情報ビジネス

が有名ですが、これだと超限られていますし、
自分が「やりたいもの」なんて
そもそも見つけられないと思うかもしれません。

ですが、この中でもアフィリエイトであれば、
自分の「やりたいもの」を見つけられる可能性は高いです。

アフィリエイトと言うビジネスモデルは決まっていても、
そのジャンルは色々です。

そして、そのアフィリエイトのやり方も様々あります。

媒体で言えば、

  • ブログ
  • メルマガ
  • HTMLサイト
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube

そして取り組むジャンルも

物販、資料請求から情報商材までかなり色々あります。

ほとんどのジャンルを網羅していると言っても良いでしょう。

なので、アフィリエイトで、
自分の好きなジャンルに取り組むのがおすすめです。

自分が「やりたいもの」
アフィリエイトのジャンルの中から見つけてみて下さい。

そうすれば、継続することができますし、
継続することができれば成功が見えてきます!

タグ


お金が減ると苦しい理由

先日、ある読者さんと話したところ、
こんな話が出て来ました。

「過去の人生を振り返って見ると、

良くなったきたなぁと思うと厳しい状況が訪れる、、」

つまり人生山あり谷ありで、

「山になってきたら谷底に突き落とされる」

という話です。

人生ってそうなっているんじゃないか?

彼は半分あきらめたように、つぶやいていました。

人生楽ありゃ苦もあるさぁ、、

確かにこれは逃れられない事実です。

しかしながら、何が「苦」なのか?

「苦」についてもう少し深く考えてみる必要があります。

そもそも、お金が減ることが
なぜ「苦」なのでしょうか?

これだけ豊かになった日本だからこそ、
お金が減ることを「苦」だと考える人が一般的に多いのです。

お金が減ったところで、
基本的に先進国である日本であれば餓死することは無いはず。

今後、日本の経済状況がどこまで悪化するかわかりませんが、
現段階で餓死する人はいないはずです。

精神的に落ち込むことはあります。

プライドが傷ついたりします。

ですが、おそらくそれは周囲と比較するから出てくる感情です。

借金を悪と考える人もいると思いますが、
借金を「投資」と考える人もいます。

もちろん、限界を超えてしまったら
借金は法的に裁かれて悪となることもあります。

ですが、基本的に

自分に入ってくるお金

出てゆくお金

銀行の入出金明細を見れば、
数字が右から左に動くだけなのに、、

それでそこまで落ち込まなくてもいいのではないか?

そう思うのです。

落ち込む気持ちも解ります。

しかし、重要なのは

「お金が全てではない」

ということです。

ロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」では、

「雇われる側では何時まで経っても金持ちになれない」

ということを主に僕達にメッセージしているようですが、
実はもっと深い所で

「お金から開放されよ!」

ということをメッセージしています。

お金に支配されて、
お金が減ることにあまりにも執着するからこそ

「今すぐお金が必要だ!」

と焦ってしまうのです。

そして、終身雇用という「人生の縛り」と引き換えに
安定収入というものを手に入れようとするのです。

金持ち父さんの生き方と貧乏父さんの生き方については
どちらが良いか悪いかは答えは出ない問題です。

ですが、重要なのはあなた自身が

「どういう生き方をしたいか?」

です。

今、もしあなたが自分の目指す方向に悩んだり、
お金について悩んでいるのなら、、

ここからもらえる音声を聴いて下さい。

無料音声プレゼント

あなたがもし、

アフィリエイトをしていても

転売をしていても

せどりをしていても

情報ビジネスをしていても

デイトレードをしていても

お金に悩んだ経験が一度でもあるのなら
聴く価値のある音声です。

タグ


ネットビジネスで情報を見分けるために大事な2つの視点

情報の取り扱い方

あなたは、情報が多すぎて混乱していませんか?

僕自身の話をすると、

僕は、2009年にネットビジネスを知ってから
常に情報の渦の中で、常に混乱し続けていました。

この情報が最強!

今はこれが一番稼げる!

今これを逃す手はない!

というやって、どこの情報源も
「自分が一番!」であるかのように語っていました。

そして、僕はその言葉の魔術に乗って
情報の波に溺れて死にそうになっていました。

常に地に足の付かないアップアップ状態で
ネットビジネスを実践し続けていました。

確かに、情報をある程度入手することは、
最初の段階では重要です。

しかし、考えてみて下さい。

・・・

情報やノウハウや手法は、
先に実践してこそ効果があります。

逆に言うと、ノウハウや情報は先に実践しないと
そのノウハウの効果はかなり薄くなるのです。

沢山の人が同じノウハウをやり始めたら、
そこから飽和に向かってゆきます。

だから、そのノウハウを早く実践することがとても重要なのです。

情報商材というものは、かつては情報そのものに秘匿性があって、
情報自体にものすごい価値があるというような風潮でした。

ですが、実際には、その情報が公開されてしまった時点で、
秘匿性はなくなってしまいますし、価値がなくなってゆきます。

例えば、、

販売者:
「”主婦が1日30分の作業で月50万円稼いだ秘密”
を知りたい人はいませんか? 」

購入者:
「はい!その”秘密”を知りたいです!」

販売者:
「では、この”秘密”の教材を購入して下さい。」

購入者:
「解りました!”秘密”を知りたいので、購入します!」

こうなった場合、
この購入者だけにこの秘密が伝えられれば、
秘密は秘密のままになります。

ですが、この販売者が、
複数の人に同じようにしていたらどうなるでしょう?

・・・

これが、過去の情報販売業界の姿だったと思います。

秘密のノウハウも複数の人に伝わったら、

秘密はもはや秘密ではなくなるのです。

秘密というのは少ない人数が知っているからこそ秘密なのです。

数年前まではこの「秘密の教材」という切り口でも売れました。

僕自身もこの「秘密」という言葉に何度も魅了されて
沢山の商材を買いまくりました。

ですが、今はもう「秘密の教材」では売れません。

多くの秘密はすでに無料で公開されています。

公開されたらもうそこから飽和に向かってゆくのです。

そのノウハウが大々的に公開された時点で、
そのノウハウの実践者が増えます。

同じノウハウを実践する人が増えるのです。

そのノウハウが公開された時点から、
ライバルがドンドン増えてゆきます。

ライバルが増えたら当然、
その市場でのパイの奪い合いになるのです。

「秘密」の情報というものは早く知ったものが勝ちです。

もし、あなたが、「秘密」を売りにしている
ノウハウに引っかかったら、それは注意が必要なのです。

情報の価値

もう一点重要なのは
情報自体にもはや大きな価値がないということです。

今は情報自体の価値は高くはなく、

もっと価値があるのが「体系化」です。

体系化とは言い換えれば、

「わかりやすくまとめてあること」

です。

そこに価値があるのです。

その情報を知った人が実際に結果を出すために
そこに0から実践する道筋が分かりやすく書かれているか?

これが重要です。

購入者が一番欲しいのは情報ではなく「結果」なので、

その情報商材に、

結果を出すための方法がまとまっているか?

結果を出すための環境が準備されているか?

そして、それが長期的に使える普遍的なものなのか?

これが重要なのです。

だから、もしあなたが情報商材を購入しようとした場合、
以下の視点を大事にして下さい。

その教材が秘密を公開するだけのものなのか?

その教材が普遍的で体系的なものなのか?

 

追伸

実はうちの娘(小学1年生)は、
視力が悪くて、公的な機関から色々援助を受けたりしています。

このことは、今までメルマガブログなどで
語ることはありませんでした。

ですが、今後は読者さんと共に仲間として成長してゆきたいし、
何より真実を語りたいと思い、話すことにしました。

今後は、本気で読者さんと向き合い
本気で一緒に夢を実現したいと思います。

メルマガやブログを使って今まで語れなかたことを語ろうと思います。

それで、今回、娘がある財団から「拡大機」というものを頂くことになり、
昨日、家族でソウルの方に行って来ました。

娘が韓国の有名女優と付きっきりで過ごしたり、
いろいろ思い出深い出来事がありました。

アメブロに写真付きで書いたので見てみて下さい。

アメブロ

タグ


まぐまぐ!とマグマグ

お久しぶりでございます。

今日は重要なお知らせです。

まぐまぐ!から発行しているメルマガですが、
今後は配信頻度を少なくします。

2年間は毎日配信して来て、
3年目もそれなりに配信してきたメルマガです。

今までも配信頻度が減ってきていましたが、
今後はもっと少なくなります。

このメルマガを読んでいる人は解ったと思いますが、

メルマガのヘッダー上に
広告が入っているのに気づいたかも知れません。

今までは月額2500円ほど支払って
この広告を外していました。

しかし、この度、まぐまぐ!で広告を外すための
有料配信サービスを解除しました。

また、まぐまぐ!での代理登録(月額6090円)もやめました。

読者増加も今後はまぐまぐ!では当分しないことにします。

よって今後はどうするかというと、
独自メルマガの方に集中しようと思います。

なので、まだ登録されていない場合、
以下の独自配信に登録しておいて下さい。


独自メルマガ

※mail@infofamily.jpというメルアドから配信されますので、
迷惑フォルダに入らない設定をしておいて下さい。

今後インターネットビジネスで成功するためには、
変わり者になることが必要だと思います。

なぜなら、人は人との違いに憧れを感じたり、
価値を感じるからです。

それは、もちろん
受け入れがたい違いではなく、共感できる違いです。

自分の今の現状と違う生き方をしている人
なおかつ自分がそうなりたいなぁと思う生き方をしている人に

憧れや価値を感じるわけです。

自分と違った生き方

自分と違った環境

また、そういう人と違う変わり者が実際にいたら、
そういう変わり者からの情報を受け取ることは
非常に価値の大きなことです。

違いから価値が生まれるし
違いとの融合により新たな価値が生まれるからです。

こういう考え方は、
今後ネットビジネスをやる上で必要です。

で、、

僕自身もけっこうな変わり者だと自覚しています。

会社を辞めて韓国に移住して

無理やりネットビジネスを始めて

意地で継続し続けてきました。

そういう変わり者だからこそできるのが
他と違う情報発信です。

今の日本において、
自分の枠をはみ出ることは難しいです。

日本の教育が

「枠をはみ出ないことが優秀」

とされるものなので、それが原因でもあります。

大人になってからも同じです。

もしあなたが「起業しようと思う、、」とか言うと、
まず、周囲の人達が反対します。

もちろん周囲の人たちはマジで心配して反対するのです。

枠をはみ出すことは「非常識」とされてきたから、、

だからこそ、今の日本で
常識の枠からはみ出ることは難しいのです。

ですが、男であれば、(いや女でも、、)

「何か大きなことをしたい!」

そう考えているはず。

また「今の現状を変えたい!」

と考えている人は多いはず。

一人でははみ出し者になれない。

・・・

しかし、仲間がいればそれも可能です。

僕達の仲間となって共に目標を達成してゆきましょう。

そのためのメールマガジンです。

今後この独自のメルマガでは、
具体的なノウハウ系の話と
抽象的なマインド系の話をバランスよくして行きます。

アフィリエイトネットビジネスの結果の出るノウハウ

アフィリエイトの実践記

多くの成功者から盗んだマインドセット

人生で大切なこと

などなど気合を入れて情報発信します。

またより赤裸々な内容も語ってゆこうと思います。

最初はブログサイトアフィリエイトの内容が多くなるでしょう。

特にまだアフィリエイトで結果が出ていない場合は、
僕からの情報を受け取ってまずは少しでも稼いで下さい。


宮嵜誠通信

 

はみ出し者になるのは難しいと話しました。

しかし、今は過去の常識が非常識となって来ています。

それに気がついている人もいるでしょう。

逆に、はみ出さないと、、

非常識にならないと難しい時に来ているかも知れません。

終身雇用という過去の常識が今は通用しなくなって来ています。

年配の人は、このような生き方を理解し難いかもしれません。

しかし、

栄枯盛衰

盛者必衰

どうやら、伸びれば縮み、
左に行き過ぎたら右に戻るようになっているようです。

 

今後も何通か「まぐまぐ!」のメルマガで
「こちらに避難して下さい的」なメールを送ると思います。

ところで「まぐまぐ!」が
「マグマグの実」と被るのは僕だけでしょうか?

マグマグの実の力って一説によるとですが、
最強とも言われる能力です。

この力はある意味、
とんでもない災害とも言えます。

なので、このまぐまぐ!(マグマグの力)
からこっちに避難して下さい。

避難所

意味がわからない人は、
「マグマグの実」ってググって見て下さい。

ググっても意味不明かもしれませんが、、

タグ


ネットビジネスにクソ食らえなキレイ事が必要

キレイ事についての再確認

先回まで影響力について話しました。

ビジネスにおける影響力の武器は信念の旗のもとに集わせる力

前回のメルマガの解除が多かったのを見ると、

そんなの「クソ食らえだ!」って思った人が多いのかも知れません。

そんなのはキレイ事でしかない。

そう考えている人が実際多いでしょう。

キレイ事と言うのは、僕は今まで

「綺麗で真面目で人間として美しいこと」

のような意味だと勘違いしていました。

ですが、そうではなく、

一般的にキレイ事とは、理屈は正しかったとしても、
現実にその通りにならないことを言うんですね。

色々調べてみましたが、
キレイ事と言っても意味は深いようです。

僕は、こういう「キレイ事」と思えるようなことこそ、
本当にビジネスで成功するために必要なことだと思っています。

でも、そういうのって一般ウケしません。

まず稼がなきゃって思う人が多いはずです。

それも解ります。

世の中は、ドロドロとしたものであって
そんなキレイ事だけ言っていても成功できない。

そう考えている人が沢山いるはずです。

ですが、僕は「キレイ事」が必要だし、
ビジネスを長くつづけるために必要な要素だと考えています。

1「読者を大事にする」

2「購入者のメリットを最優先する」

3「顧客第一主義」

4「読者に本当に必要なものしか売らない」

上のようなものは全てキレイ事と言われるものです。

つまりこれらは、

「理屈は正しくても現実はそうは行かない」ものです。

ですが、上の1から4までの言葉は、
ビジネスを実践するにあたって必要なことじゃありませんか?

考え方は人それぞれですが、単純に考えて、
「キレイ事」こそ必要だと理解できると思います。

普通に考えて見て下さい。

自分がやって欲しくないことを
人にやることがビジネスとして成り立つのか?

「自分がやって欲しくないことは
絶対に人にやってはいけない!」

この信念を貫くことで、
利益が下がることはハッキリ言ってあります。

ですが「キレイ事」を貫くことこそ
人の為に役立つ道だと思います。

ビジネスの本質は「社会貢献」です。

どれだけ社会に対して責任をもっているかが
優秀な企業の評価基準ですよね。

極端に言って、

人の害となるビジネスをしたいのか?

人の役に立つビジネスをしたいのか?

この2択だったら多くの人が後者を選ぶはずです。

タグ


ビジネスにおける影響力の武器は信念の旗のもとに集わせる力

廃れない影響力

前回は「洗脳」及び「影響力」の話をしました。

僕達ビジネス実践者は、
「影響力」というテーマについて
深く考えなければ行けません。

なぜなら、ビジネスというのは必ず
人に何かしらの影響を与えなければいけないからです。

ネットビジネスであれば、
あなたが書く言葉に影響力がなければなりません。

あなたがネット上に書く言葉や語る内容が
読者の人生に何らかの影響を持たなければならないのです。

だから僕たちは、
メディアによって影響を受けているばかりではなく、

「彼らがどうやって洗脳しているのか?」

「どうやって影響を与えているのか?」

いつもいつも研究する必要があるのです。

ただ作業量を増やすだけではなく、
人々に影響を与える力や媒体力を持つ必要があります。

そうでなければ、
インターネットビジネスの最大のメリットである

「レバレッジ」

の効果を発揮することができません。

考えてみれば解りますが、

人に全く影響を与えることがない
影響力「0」の記事を100記事投稿しても意味がありません。

0×100=0だからです。

ところが影響力「3」の記事を100記事投稿したら

3×100=300

となるわけです。

影響力100であれば、

10000です。

つまりセールスライティングの場合、
影響力のある記事がすなわち成約率に直結します。

だから、僕達ビジネス実践者は
メディアに影響を受ける側ではなく
影響を人に与える側に成長しなければならないのです。

しかし、誤解してはいけません。

これは、人を洗脳して人を操って、
自分の利益のみを得るためではありません。

それは、根本的に違います。

人々を支配したいとか、

「人倫道徳に反してもいいから自分が得をしたい」

そもそもそういう人がビジネスをやろうと思ったら、
それは社会にとって害になるでしょう。

確かに、人というのは、心の奥底に
どこまでも自己中心なものが眠っています。

なので、そういう「自分の利益をトコトン求める心」
が明確に自分の中に「存在する」という人もいるでしょう。

しかし、それを思うがままに発動してしまっては、
社会にとって害になるだけでなく自分をも破滅させます。

ビジネスを実践する僕達が持つべき影響力は、
そういうものではありません。

僕達が持つべき「影響力」というのは、

「信念の旗のもとに、同志を集めるため」
のもののです。

そのための影響力であるべきです。

自分の生き方に恥じない信念を持って、
その信念に共感する人たちを集めるのです。

それがビジネスの本質だと思います。

特に情報ビジネスは分かりやすです。

ただ商材を売り切っておしまいでは今は通用しません。

情報ビジネスの本質は購入者が結果を出すことです。

購入者が利益を出してこそ
情報ビジネスは継続することができるものです。

だから、僕達が持つべき影響力は、
自分の利益のために人をコントロールする影響力ではありません。

人の利益のための影響力であるべきです。

そして、それが自分の利益となります。

それが今後ビジネスを長く続けるための
「廃れない影響力」です。

正しい影響力を持ちましょう。

「影響力を持つ!」

という課題はビジネスをやる者にとって必要です。

タグ


メディアの洗脳と影響下における整形手術

メディアによる洗脳と真実への理解

ちょっと真面目で難しげなタイトルですが、
今日の記事は、興味深いと思います。

最近は、芸能人だけでなく、
一般の人でもキレイな人が多いと思いませんか?

ダイエット美容の情報が進化したことで、
綺麗になるノウハウにドンドン磨きがかかっているのも原因でしょう。

 

その中で、目に見えて、
大きな原因の一つが美容整形手術です。

 

韓国に僕は住んでいますが、
韓国は日本よりも整形手術が一般的です。

 

妻の姪も20万円以上の整形手術をしました。
(多分20歳の誕生日プレゼントです。)

整形については別に反対しているわけではなく

ただ

「切ったりするし、よくやるなぁ、、」

と個人的に思うくらいですが、

でも、これって問題あるなぁって思うこともあります。

一つの問題は、もう、だいたい人を見たら
整形だろうなぁって分かったりします。

そしてもっと言うと、
ほぼ芸能人と同じ顔の人がいたりもします。

 

これって、元々の個性ってどうなるの?

って思うんです。

 

そして、整形手術して
一重まぶたを二重まぶたに変えたり、

あごをVラインにしたり、

鼻をスッとさせたり、

このことをする動機となったのが何か?

 

と言うと、僕の考えでは、

「メディアによる洗脳」

です。

 

影響力のあるメディアが「キレイな女優はこの人ですよ!」

とテレビに沢山出せば、

それによって、テレビや雑誌やネットを見る側は、
段々影響を受けてゆくわけです。

元々の自分の彼氏彼女や旦那さん奥さんの良さがあるのに、
その良さが解らなくなってしまうほどに影響を与えています。

 

メディアに沢山出る女優や俳優が
最大限にキレイにメイクして
ハイレベルなファッションでキメてきます。

それによって、自分のパートナーや配偶者に
見劣りしてしまうこともあるわけです。

 

ですが、よくよく考えてみるとこれは、
メディアによって洗脳されているとも見れます。

 

比較対照して、私の目は一重だから美しくない

私の腹は膨らんでいるから美しくない

そう思って整形手術に走ってしまうとしたら、
少し待って、考えてみたほうがいいです。

 

それは、どこからの影響なのか?

本当にその解釈が間違ってないのか?

 

比較対照するものがあればこそ
コントラストが生まれるのです。

 

際立った者は目立つ

しかし全員がその際立った者と同じように際立たせたら?

それは平準化されます。

そうしたら、元々ある個性が失われるんじゃないでしょうか?

 

「メディアによる洗脳」と言うと
言い方が極端すぎるかもしれませんが、

「メディアによって影響を受けている」

と言うことは
理解して行動すべきだと思うんです。

 

例えば、この業界を知らなかったら、

ネットビジネス=ネットワークビジネス

情報起業=詐欺

アフィリエイト=小遣い稼ぎ

みたいな価値観になってしまうと思います。

なぜなら、テレビなどの色々なメディアが
まだこの業界の中身を正しく伝えていないからです。

 

戦争中は、国のために死ぬことが美しかった

その美しさは解る気がしますが、
今となってはそれが正しい生き方なのか疑問です。

僕の親くらいまでの世代の人にとっては、
定年まで大企業で働くことこそ正しい生き方だった。

僕の高校卒業時などは、

「やっぱり親方日の丸だよ」

と周りの人がみんな公務員を奨めてきました。

 

今日は3月11日東北大地震の日ですが、
この時も今まで信じていたものが色々と覆されたわけです。

 

メディアは情報操作をします。

 

僕達の価値観は少なからず、
国やメディアの影響を受けているのです。

何かからの影響を受けていることを
自分で自覚せずに

「それがすべてだ!」

という考え方のままだと
ビジネスをやる者としては危険です。

何らかの影響下にいる自分であることを自覚しつつ
ことを進めてゆかなければなりません。

 

フラットな考えで、

幾つもの可能性を考え

一つのことに固執しない

 

でなければ、情報弱者でありながら、
情報弱者の自覚がないまま時が過ぎ去ります。

 

本質、真実がぼかされて、

時の権力者の影響下で

精神的な奴隷となって

一生生きていくはめになるかも知れません。

タグ


派遣社員+アフィリエイトで充分?

以前「全部副業」という考え方について話しました。

これはどういうことかというと
「別に本業と呼べるものがなくても良い」という考え方です。

これは逆に言うと、実は全部が本業ということを意味しています。

例えば、このKTさんの場合は、いくつかの収入の柱を持っていて
それが月10万とか20万円の収入を上げているわけです。

なので、本業と副業と分けていると言うよりは、
全て立派な個人事業なのです。

そういう考えは今後重要だと思います。

いつ会社をクビになるか分からないようなご時世において、
特に正社員であるとか、会社や組織の役員であることのメリットが
薄れているようにも感じます。

例えば、ちょっと前まで派遣社員とかイメージ悪かったです。

ですが、派遣社員のほうは時給でもらえるので、
時給換算すると派遣の方が正社員よりも給料がよかったりもします。

僕も派遣社員で働いていた時期がけっこうありましたが、
派遣社員でも営業系とかだと時給1500円とかけっこうあります。

僕は派遣でクレジットカード獲得の仕事を時給1600円でやっていましたし、
ブロードバンドの獲得でも時給1550円でした。

その仕事は家電量販店のPCコーナーでやるんですが、
そこで一緒に働いていた責任者なんかは、
朝8時台に出勤して夜22時過ぎまで店にいました。

この人達は時給換算すると
「時給500円くらいだ」とかボヤいていました。

正社員としてたった一つの仕事を本業とするよりは、
掛け持ちで派遣会社にいくつか登録して色々やったほうが、
時給は高くなる場合だって多々あるということです。

派遣社員を例に上げましたが、今のご時世では、

「本業とか副業にこだわらずともいいかもね」

と思うわけです。

例えば、KTさんの場合で言えば、

  • 講師業
  • アフィリエイト
  • 情報ビジネス
  • 投資
  • ギャンブル

などなど掛け持ちでそれぞれから収入があります。

また僕の知り合いでパチプロの起業家さんがいますが、
パチンコだって立派な収入源とも言えます。

あと、僕も韓国のチムチルバンで
「スポーツバッティング(日本で言うところのブックメーカー投資)」
というギャンブルで生活している人と話したことがあります。

その方は、図書館で勉強しながら、
この「スポーツバッティング」でお金を稼いでいました。

「これ(スポーツバッティング)で、
子供を大学に進学させた!」

と自慢していました。

また、僕の知り合いで、
新聞配達と転売とせどりで家族を養っている男もいます。

まあ、世の中には色々な人がいるのは当たり前ですが、

今まで生涯定職につくというのが王道だったのが、
「今後はそうは行かなくなるのではないか?」

思うんです。

多分数年後には、

  • ネットビジネス
  • 投資
  • その他

という感じの人が今よりもっと増えているかも知れません。

結局、何が言いたいのかというと、
リスク分散として収入源は持っておいたほうがいいと言うことです。

タグ


このページの先頭へ