インターネットビジネスで人を動かす文章

インターネットで人を動かすために

Dカーネギー「人を動かす」という本を最近読んでいます。

そこには、自分のことを話さず、
人のことを先に理解することが「原則」だと書かれています。

 

この本を読んでいくと、延々と書かれているのは、、

「先に相手を認めて理解してあげる事」の重要さとその事例です。

とにかくしつこいくらい何回も、
相手を認めること、相手を理解することの重要さを訴える話が続きます。

 

7つの習慣の中にも

「理解してから理解される」

というのがありますが、
やはり、人とのコミュニケーションを
うまく運ぶためには理解することが先決だということですね。

 

これが人間関係の成功の秘訣であるというわけです。

 

このことに関して、7つの習慣の中には

人の話を聴く時は、

「自叙伝的に聞いてはいけない」

という話が出てきます。

 

「自叙伝」というのは、あなたの過去のことを記したあなた自身の伝記です。

つまり「自叙伝的に聞く」というのは、
自分の過去の人生経験に照らし合わせて人の話を分析的に聞くということです。

これがダメだというんですね。

あなた独自の過去の経験を一切排除して、
まっさらに、完全に自分の立場を離れて
相手の見地に立って見てあげないといけないということです。

 

そうするとどうなるかというと、
別に自分がしたい話をする必要がないと言うんですね。

自分から話さなくても、相手から話を聴いてくれるというわけです。

先に理解することで、
相手もこちらを理解しようとして、聴いてくれると言うのです。

10年説得しても動かないような
閉ざされた心が動いてしまう!

奇跡が起こると言うんです。

 

これって営業とかビジネスでも同じことが言えます。

 

僕たちが何か商品を売る際には、自分の商品説明をすることに集中しがちです。

1,集客して

2,教育して

3,販売する

と言うメールマーケティングの流れを考えて見て下さい。

やはりこの「2,教育」の部分で、
商品を説明したり自分の立場を伝えることを考えがちです。

ところが、実はもっと重要なのはこの「理解する」「相手を認める」です。

この「理解する」「相手を認める」は、
実際に人に会ってコミュニケーションする場合は解りやすいと思います。

一対一の会話などでは、実践のイメージがしやすいと思います。

 

では、インターネットビジネスで
文章でこれを実践する場合、どうしたら良いのか?

と言うと、相手の立場を代弁してあげることが必要だと思います。

 

自分が顧客にしたい人達

仲間としたい人達

のことを十分に熟知して理解してあげた土台の上で、文章を書くわけです。

十分に調べて、十分に知った上で
文章を書けば、相手が共感してくれる世界を表現できます。

だからこそ、
コピーライティングの大御所たちも、
リサーチが最重要だと言っているわけです。

 

基本的に、文章、

時には音声や動画で
自分のメッセージを伝えて商品を売るのがインターネットビジネスです。

だから、営業のように実際に人と会話して、
相手の気持ちを理解することはできないのです。

 

だから、僕たちは、
顧客にしたい人達のことを日々リサーチする必要があるのです。

日々情報を得ながら、例えば、
実際に読者さんと話したり、会ったりして、
そこから普遍的な悩みや共通の興味関心を見つけるのです。

 

メール相談はこちら

タグ


コピーライティング教材が最近流行らない理由

コピーライティング以上のことを意識しましょう。

最近、ネットビジネス業界でも
コピーライティングについては昔ほど言われなくなって来ていると思います。

それは、コピーライティングの型とか
テンプレートとか心理学的テクニックなどの
多くが既に出まわってしまったからだと思います。

 

また、もう一つは、ライティングよりもっと
深い部分がないと商品が売れなくなって来ているからだと言えます。

 

入り口の部分や初めて商品を買うお客さんに対しては、
ライティングスキルが重要です。

また、日々のあなたのメッセージを伝えるための文章力は最低限必要です。

しかし、それ以上に力を入れるべき部分があるのではないでしょうか?

 

商品を長期的に売っていくためには、ライティング以上に

  • コンセプト
  • 理念
  • 切り口
  • ブランディング
  • 信頼関係

これらの方がより重要です。

 

例えば、以前はアフィリエイターでも
セールスライティングを一生懸命学んでいました。

僕もけっこうライティング教材は学びました。

しかし、今まではライティングについて
勉強していた僕達アフィリエイターも
今ではこういうモノを勉強するようになっています。

原田翔太×出口汪「なぜ「論理」を身に着けると、人生は激変するのか?」

 

もう一つ重要なのは、アウトプットすることでライティングは磨かれます。

伝えるための文章力は書けば書くほど上達するのです。

だから勉強以上に書くことが重要だと強く感じています。

 

ライティングの勉強が重要ではないとは言いません。

とても重要だと思っていますし、
僕もライティングの勉強をして読者さんの反応が変わりました。

 

ライティングを学ぶことは重要です。

 

しかし、もっと重要なのは、先ほど上げた

  • コンセプト
  • 理念
  • 切り口
  • ブランディング
  • 信頼関係

です。

ですので、これから必要なのは、
そういうものを大事にしながら、アウトプットすることです。

 

コンセプト

理念

切り口

に基づいた一貫した情報発信をし続けることで

信頼関係ブランディングを築いて行くことができるのです。

 

文章で伝える力がある程度あれば、そこまで大差がないのです。

 

例えばメルマガ発行者で
もの凄く稼いでいる人はライティングが
とんでも無く凄いのかというとそうでもなくて、

もっと凄いのは他の部分だったりするわけです。

 

だからこそ、現在、
本気のアフィリエイターやネット起業家たち
であればあるほどこういうモノを学んでいるわけです。

原田翔太×出口汪「なぜ「論理」を身に着けると、人生は激変するのか?」

 

メール相談はこちら

タグ


ビジネスをするために絶対必要なもの

ビジネスをするためには、
絶対必要なものは何でしょうか?

 

・・・

 

マインドです。

とは、ここでは言いません。

 

本当にマジで絶対必要なものです。

 

それは、、

 

・・・

 

お客さんを集めることです。

 

では、お客さんを集めるために必要なものは何か?

 

色々なものが必要ですが、、

 

お客さんが、最初に来た時に目に入るもの、、

 

・・・

 

「キャッチ」です。

 

キャッチとは、キャッチコピーのことで、
お客さんが最初に読む言葉です。

 

それが目を引くものであり、
心をとめるものでなければ、
お客さんは集まって来ません。

 

一度見ても、興味がなければスルーしてしまいます。

 

例えば、

ブログのタイトル

メルマガの件名

ブログの記事タイトル

スクイズページ(リスト取得ページ)のヘッドコピー

販売ページのキャッチコピー

などが、

「おっ」

とか

「えっ」

とか

「あっ」

っと思うものであれば、
集客の第一の壁を超えることができるのです。

 

ライティングの用語で「三つのNOT」というのがありますが、

その一つ目の「NOT」

「NOT READ(読まない)」
の壁を超えることができるのです。

 

ブログタイトル

メルマガタイトル

記事タイトル

それを簡単にぱっと決めてしまう人も多いですが、
そこに時間をかけて一工夫二工夫することで

メルマガの開封率や

ブログへのアクセス数が

段違いに変わってくるわけです。

 

グーグルで検索上位になってもアクセスが少ない

あるいは、

メルマガ読者数が多いのにクリック率が少ない

もし###name###さんが、そうだとしたら、
メルマガ件名やブログタイトルの部分を見直すべきです。

 

ぜひ「キャッチ」の部分を磨いてゆくことに
力を注いでみて下さい。

結果が大きく変わるはずです。


メール相談はこちら

タグ


ライティングサクセスロードのブログメルマガの反応を激変させる特典が本日削除されます。

メルマガアフィリエイトナビゲーション

管理人のインフォペガサスです。

もし、あなたが、

ブログメルアガアフィリエトで結果を出したい!」

であれば、

ライティングサクセスロードがおススメです。

本日、23時59分で、

【特典10】が削除されますので、ご注意下さい。

この【特典10】は、

「脱落ちこぼれブログ応用編~月10万円稼ぐために~」

というタイトルでして、

33分のパワーポイント講義の動画です。

内容は、以下の通りです。

第1章 見込み客の集め方
第2章 オファーをかけるタイミング
第3章 成約率を飛躍的にアップさせる秘訣
おわりに

先ほど全て視聴しましたが、

本当に大事なことを語っていました。

落ちこぼれブログから脱して

月10万円稼ぐために必要なポイントは?

この動画によると、、

・お客さん目線

・属性

・信頼関係

・売り込まずに〇〇くさせる。

の4点です。

アメブロを例に解説しているので、

特にアメブロユーザーは必見の講義ですね。

具体的に、アメブロ運営に際し、

これらを実践することで反応が大きく変わります。

特典削除前に、ぜひ手にして下さい。

宮嵜誠からのご購入者様には、

メールサポート通常30日間を

60日間に延長して頂けます。

ぜひこの機会に、あなたの

ブログメルマガの成約率を激変させましょう!

⇒ ライティングサクセスロード レビュー

メール相談

タグ


メルマガアフィリエイターは必携ですね。

メルマガアフィリエイトナビゲーション

管理人のインフォペガサスです。

本日、12時に「ライティングサクセスロード」

という教材が出ました。


ライティングサクセスロード レビュー

宮嵜からも少しずつですが、ご購入頂いています。


(誠にありがとうございます!)

「ライティングサクセスロード」

久々に、優良な教材だと思いました。

あらゆるネットビジネスに使えるノウハウです。

特にメルマガブログ情報商材アフィリエイト

やっている人には最適な教材だと思いました。

やはりネットビジネスは、なんだかんだで、

成約率を高めることが最優先事項です。

それがないと、いくらアクセスを集めても

全く売れないですし、リストも取れません。

アクセスの垂れ流し状態です。

この成約率を高めためのあらゆるスキルの中で、

最も優先して身につけておくべきなのが「ライティングスキル」です。

特にメルマガアフィリエイトは、

ライティングスキルが、

他のアフィリエイト手法よりも重要です。

ライティングサクセスロードは、

本編は、51ページです。

ですので、わりとサクッと読むことができますが、

非常に大事な内容が書かれています。

そして、動画の補足解説が非常にありがたいです。

このライティングサクセスロード という教材は、

QUESTフォーミュラ
PASONAの法則
AIDMAの法則

などの難しい専門用語など一切出て来ません。

ですので、ネット初心者でも理解しやすいですし、

活用しやすいライティング教材です。

メルマガアフィリエイトにも、

ブログアフィリエイトにも、

あらゆるネットビジネスに生かせる優良教材だと思います。

また、この教材の目玉の一つは、

作者のエンタメさんによるメールサポートです。

この教材をしっかり学び、

エンタメさんからのサポートを受ければ、

読者さんの反応は確実に上がるでしょう。

また、今回特別に、宮嵜誠からご購入頂いたあなたには、

通常30日間のメールサポートを

なんと倍の60日間に延長して頂くことができます。

ぜひ、ご活用下さい。

エンタメさんは、アメブロを軸に稼いでいるようなので、

アメブロユーザーには、特に相性が会う教材だと思います。

⇒ ライティングサクセスロード レビュー

何か質問がありましたらこちらからお願いします。

メール相談

タグ


コピーライティングの必要性2

あなたは、

いくらアクセスを集めても、集めても売れない。

と悩んでいませんか?

いくら読者を増やしても売れない。

と悩んでいませんか?

僕は悩んでいました。

なんでこれだけ頑張っているのに、
稼げないんだろう?

そう思ったら、今日読んで頂いている記事が
ターニングポイントになると思います。

それは、アクセスを集めること以上に、
重要なことをお伝えするからです。

アクセスを集めないとどうしようもないし、
何も始まらない。

これは事実です。

アクセス0だったら、
商品をいくら紹介しても0です。

アクセスを集めないとどうしようもないし、
何も始まらない。

これは事実ですが、

逆に、アクセスを集めるだけではどうしようもないし、
何も始まらないんです。

アクセスをいくら集めても、
リンクだけはっていても売れない。

そういう経験はないですか?

ただぽつんとリンクだけはっていても、
ほとんど誰もクリックしてくれないんです。

そこに一言、誘導する文が必要なんです。

もっと言えば、クリックしたくなる、
文章が必要なんです。

これは、僕が今まで、メルマガを289日間、
毎日欠かさず発行し、ブログも毎日更新してきて、
実感していることです。

読んで頂ける文章。

クリックして頂ける文章。

サイトで稼ぐにしても、メルマガで稼ぐにしても、
絶対押さえるべきポイントは、文章力です。

すなわち【コピーライティング】です。

タグ

コピーライティングの必要性

インフォペガサス(宮嵜誠)の公式メルマガ
「原則中心インターネットビジネス」が6000部を超えました。

感謝です。

部数6000部もあると、
初心者から見ると、なかなかの貫禄って感じかもしれません。

ところが、部数(読者数)は、
実はそんなに重要ではありません。

意外に感じるかも知れませんが、
実は、部数なんて、見せかけだけの場合もあります。

まぐまぐで、部数が30000部だったとしても、
実は、ほとんどが捨てアドレスだったり、
ぜんぜん読んでもらえなかったりもします。

だいたいまぐまぐでもクリック率は、
1%いけば優秀らしいです。

つまり100部だったら1クリック
1000部だったら、10クリック
10000部だったら、100クリックです。

これでもいい方なんです。

僕自身も、だいたい計測すると
クリック率は、1%です。

一日で5、60人くらいがクリックしてくださいます。

一方で、クリック率30%を超える
情報起業家もいます。

また、300部にも満たない「まぐまぐ」のメルマガで、
毎月50万円稼ぐアフィリエイターもいます。

実際どれくらいクリックされるのかは、
実は、公開されている部数だけだとあてにないません。

実際に、無料レポートを紹介していただいたり、
メルマガを紹介していただくと、どれくらいのものか分かります。

部数が問題ではなく、もっと問題なのは、
どれだけ読まれているメルマガかです。

つまり、精読率です。

アクセス(読者数)×成約率×報酬単価=実績

と言う公式があります。

つまり、読者を増やすとともに、
成約率を上げないと大きく稼ぐことができません。

この成約率を上げるために、
読者に読んでいただくことが必要です。

読んでいただく為には、

読者との信頼関係。

そして、文章力が必要です。

かっこいい専門用語で言うと、
「ブランディング」「コピーライティング」です。

タグ

このページの先頭へ