ビジネスにおける影響力の武器は信念の旗のもとに集わせる力

廃れない影響力

前回は「洗脳」及び「影響力」の話をしました。

僕達ビジネス実践者は、
「影響力」というテーマについて
深く考えなければ行けません。

なぜなら、ビジネスというのは必ず
人に何かしらの影響を与えなければいけないからです。

ネットビジネスであれば、
あなたが書く言葉に影響力がなければなりません。

あなたがネット上に書く言葉や語る内容が
読者の人生に何らかの影響を持たなければならないのです。

だから僕たちは、
メディアによって影響を受けているばかりではなく、

「彼らがどうやって洗脳しているのか?」

「どうやって影響を与えているのか?」

いつもいつも研究する必要があるのです。

ただ作業量を増やすだけではなく、
人々に影響を与える力や媒体力を持つ必要があります。

そうでなければ、
インターネットビジネスの最大のメリットである

「レバレッジ」

の効果を発揮することができません。

考えてみれば解りますが、

人に全く影響を与えることがない
影響力「0」の記事を100記事投稿しても意味がありません。

0×100=0だからです。

ところが影響力「3」の記事を100記事投稿したら

3×100=300

となるわけです。

影響力100であれば、

10000です。

つまりセールスライティングの場合、
影響力のある記事がすなわち成約率に直結します。

だから、僕達ビジネス実践者は
メディアに影響を受ける側ではなく
影響を人に与える側に成長しなければならないのです。

しかし、誤解してはいけません。

これは、人を洗脳して人を操って、
自分の利益のみを得るためではありません。

それは、根本的に違います。

人々を支配したいとか、

「人倫道徳に反してもいいから自分が得をしたい」

そもそもそういう人がビジネスをやろうと思ったら、
それは社会にとって害になるでしょう。

確かに、人というのは、心の奥底に
どこまでも自己中心なものが眠っています。

なので、そういう「自分の利益をトコトン求める心」
が明確に自分の中に「存在する」という人もいるでしょう。

しかし、それを思うがままに発動してしまっては、
社会にとって害になるだけでなく自分をも破滅させます。

ビジネスを実践する僕達が持つべき影響力は、
そういうものではありません。

僕達が持つべき「影響力」というのは、

「信念の旗のもとに、同志を集めるため」
のもののです。

そのための影響力であるべきです。

自分の生き方に恥じない信念を持って、
その信念に共感する人たちを集めるのです。

それがビジネスの本質だと思います。

特に情報ビジネスは分かりやすです。

ただ商材を売り切っておしまいでは今は通用しません。

情報ビジネスの本質は購入者が結果を出すことです。

購入者が利益を出してこそ
情報ビジネスは継続することができるものです。

だから、僕達が持つべき影響力は、
自分の利益のために人をコントロールする影響力ではありません。

人の利益のための影響力であるべきです。

そして、それが自分の利益となります。

それが今後ビジネスを長く続けるための
「廃れない影響力」です。

正しい影響力を持ちましょう。

「影響力を持つ!」

という課題はビジネスをやる者にとって必要です。

タグ


ネットビジネス成功の秘訣は人から認められる事

重要人物と思われる必要性

人は、認めてもらうこと重要な人物と思ってもらうこと

これに最大の価値を置いていると思います。


「人生が楽しくてしょうがない」

っていう人がいますが、
そういう人たちの共通点は、多くの人に愛されているということ。

多くの人に認められていて、多くの人から重要人物と思われています。

人から認められて理解されているからこそ、人は活性化します。

注目されているからこそ、頑張れるのです。

そこから力を得て頑張れるのです。

 

逆に誰からも認められていない人は、幸せを感じにくいです。

そういう場合は、本当に強い信念を持っていないと前進できません。

 

人生が楽しくてしょうがない!

仕事やビジネスが楽しくてしょうがない!

そう感じるためには、
自分のやっていることや自分自身に
価値を置いてくれる人がいる必要があります。

 

ところで、人にほめられると、うれしい時とうれしくない時がありますね。

ただ口だけでほめられても嬉しくありません。

なぜ嬉しくないのかというと、
その人が自分がやっていることが
「なぜスゴイのか?」を本当に理解していないからです。

でも、自分がやっていることや
自分自身をよく理解してくれて、
本当にスゴイと思って、具体的にほめてくれれば、嬉しいものです。

 

その違いは、

「内容を深く理解して心からほめているのかどうか」

です。

「心からの賞賛」

は、

「その人物を深く理解した上での賞賛」

とも言えるわけです。

それは、その人物を「認めている」ということです。

認めてもらっているからこそ、嬉しいし、力が出るのです。

 

睡眠欲、食欲、性欲よりももっと強い欲求が
人から認められたい欲求だという説があります。

人からよく見られたり、
人から認められることで、人間は、深い充実を得ることができるんですね。

 

だから僕達のようなビジネスをやる者は、
人から賞賛を受けるようなビジネスをしなければいけません。

共感を得て、ファンができるようなビジネスをしなければなりません。

誹謗中傷を受けるようなビジネスだったら、
自分自身が力強く前進できません。

 

じゃあどうやって、
人から賞賛を受けるようなビジネスをすることができるのか?

と言うと、

その出発点は?

まず、

自分自身が賞賛できるような

自分自身が誇らしく思えるような

そんなビジネスを始めることです。

タグ


メルマガアフィリエイトでは売り込むべきか売り込まないべきか?

売り込まなくなった理由

先日、メルマガ読者さんとスカイプで話しました。

その方は、僕のメルマガが好きなんだそうです。

純粋にかなり嬉しいことです(^^ゞ。

で、これは自慢するわけではないのですが、

僕のメルマガの何が良いのか?

を考えて見ました。

一つ言えるのは、売り込みがないからです。

売り込みはここ数ヶ月ほとんどしていません。

逆に去年まで2年間続けてきたメルマガの中では、毎日売り込んでいました。

ですが、今年になって、めったに売り込まなくなったのです。

なぜこんな風に変えたのかというと、
別にどっちが稼げる稼げないのかで判断したわけではありません。

純粋にどっちが自分にとって気持ちがいいか悪いかです。

売り込みが悪いわけではないですし、
売り込みが好きな人はそっちをやればいいと思います。

ただ自分の中で2年間続けてきた
毎日売り込むやり方が正直辛くなってきたのです。

いつもいつも最新情報を求めて、いつもいつも最新教材を仕入れる。

それを継続することが正直なところ苦痛になったのが大きいです。

そしてもう一点は、新しい商材を厳選せずに
ドンドンアフィリエイトすることが
必ずしも読者のためにはならないなぁと思ったからです。

確かに、求められてはいます。

新商材や新無料オファーを求めている人が多いのも事実です。

新しい商材を買えばモチベーションも上がります。

新しい商材を買いたい人が圧倒的に多いのも事実です。

あと、僕がアフィリエイトしなくても、
他の人から購入てしまうこともあるでしょう。

だからと言って、今の読者さんにとって
必ずしも必要ではないものを
アフィリエイトするのは、自分にとって気持ちが良くないと思ったのです。

キレイ事のように聞こえるかも知れません。

でも事実気持よくないと思いました。

だから「売れるから」という理由を軸とせずに
商品を選ぶことにしたんです。

売れる新商材を売れば稼げるでしょう。

でも軽率に売らないことにしたのです。

「売れる商材」ではなく
「結果の出る商材」を選ぶことにしたのです。

言い換えると、僕は読者さんのために
「石頭」になることを決断してしまったのです。

タグ


ネットマーケティングコンサルタントになったトラック運転手

あるトにラック運ちゃんの物語

ある時、トラックの運転手だった彼はひょんなことから、独立起業を決意した。

人に雇われず、自分の力で稼げるようになりたい。

会社を辞め、熱い思いを胸に彼は新しい出発をした。

そして、彼はインターネットビジネスという存在を知った。

「オレが成功するためにはこれしかない!」

彼は、そう確信して、インターネットビジネスに参入。

そして、彼はインターネットビジネスで実績を上げ、その後、そのノウハウを元に情報ビジネスを始める。

これが大成功。

彼の確信と情熱が数々の実績を作っていった。

そして、彼は、インターネットマーケティングコンサルタントになった。

彼は、コンサルタントとしても、数々の実績を上げ続けた。

クライアントは、彼の実力、実績を高く評価してくれる。

コンサルタントとしても成功し、クライアントの熱い信頼を得るようになった。

彼に仕事を依頼した者は、コンサルタントとして、彼を評価してくれた。

しかし、彼の周囲の目は、今までと同じ。

初めて彼に出会った人は、彼をコンサルタントとは思わない。

彼に仕事を依頼したことがない連中は、誰もが彼をトラックの運転手としか思えないのだ。

周りの評価は、今もなお「トラックの運転手」だった。

コンサルタントとして、数々の実績を上げながらも、それでも周りの評価は変わらない。

その原因はなぜか?

それは彼自身が、未だ自分を「トラックの運転手」だと思っていたからだ。

彼は、自分自身についてもう一度考えた。

自分は何者なのか?

自分はトラックの運転手なのか?

自分はコンサルタントなのか?

自分は何をしたいのか?

・・・

考えて、結論を出した。

それから、彼は行動を変えた。

今までと全く違う立ち居振る舞いをするようになった。

服装も変え、喋り方も変え、髪型も変えた。

彼という存在そのものを変えたのだ。

もう一度自分自身の正体

自分自身が何者なのか?

それを再定義したのだ。

その結果、突如として、全てが変わった。

彼に対する周囲の目が変わった。

彼に始めて会う人でも、彼をコンサルタントとして接してくれる。

初のコンサルでも、コンサルタントとして信頼して相談してくれる。

驚くべき変化が起こったのだ。

彼はこの変化を、今現在は、自分のクライアントに起こしている。

同じように、彼らは自らを再定義することで、自分の正体、自分が何者かを見つける。

自分の「コア」を発見するのだ。

コアを見つけましょう。

以上の話は、本当の話なのかどうかは、とりあえず置いておきます。

 

この物語の中で、彼は、自分のセルフイメージを変えました。

自分が何者なのかを再定義しました。

ビジネスにおいて必要なのは、

「自分が何をやりたいか?」

「自分が何者なのか?」

「自分の正体」

自分自身がどうしても果たしたい夢

自分自身が何が何でも果たしたいこと。

それが何か?

その「コア」を持っている人や起業が本当の成功を勝ち取っています。

ただただ、お金が欲しいだけでは、ビジネスをやる動機としては弱いのです。

お小遣い稼ぎのために
ネットビジネスをやってみて簡単に稼げたのは、5、6年前までです。

始めは、お金が欲しいからと言う動機で始めるのはいいと思います。

じゃあ何のためにお金が欲しいんですか?

みんなの心の奥底には、それ以上の何かがあるはずです。

 

億万長者専門学校という本に、
「ビッグホワイBIGWHY」が必要だという話が出てきます。

BIGWHY、大きな理由が必要なのです。

 

ビジネスをやるからには、やる理由、それも大きなものが必要なのです。

 

そして、もう一つ、ビジネスをやる上でのあなたの理念

それが人々の共感を得るものである必要があります。

熱いものを持っていても、誰からも相手にされないことがあるものです。

それを世の中に伝え、
人々を巻き込まなければ、ビジネスを成功させることができません。

だから、自分のコアを深める必要があります。

 

僕達の中には、良心があります。

良心があるからこそ、人々は大義名分に共感するのです。

大志を抱く人を応援したくなるのです。

 

だからこそ、
あなたの心の奥底にあるものを掘り下げれば
それはあなたのコアであるとともに人々から共感を呼べるものになるのです。

 

今日の話に少しでも興味があるのなら、ぜひこちらにご登録下さい。

コアに興味がある人募集中

タグ


インターネットビジネスの本質的価値

コア(核)の発掘

この情報ビジネスの業界も大分変わって来ました。

情報自体の価値で競争できない段階に来ていますね。

 

昨今は、無料オファーなども流行して、情報は出尽くしています。

先日発売された、おそらく今年最強の情報商材「LUREA」

この教材も情報だけだったらあんなには売れないと思います。

ノウハウ的情報はもちろん、WordPressテンプレート、SEOサービス等、

結果を出すための環境と、
さらには新しい切り口(コンセプト)
があったからこそここまで売れているのです。

 

ノウハウや情報だけでは今の時代ではなかなか優良商材にならないのです。

情報ビジネスにおいて、情報やノウハウで
差別化が難しくなっているように、
他の業界でも簡単には差別化ができなくなっています。

 

例えば、パソコンだって、かなりの高性能なものが今は、
10万以下で買えます。

そして、どんな高性能な製品が出ても
すぐ他者が真似して、同等の製品が出まわってしまいます。

 

パソコンや家電も機能的な価値では差別化ができないということです。

 

日本の家電業界が赤字出しまくりの状況下で
Appleが業績を伸ばす理由はここだと思うんです。

Appleは機能的な価値以上の価値を生み出しているからです。

 

Appleって家電を売っていますよね。

でも家電のメーカーって感じしないじゃないですか。

一体何のメーカーなの?って感じです。

でも、Appleストアに行くと、なんとなく分かると思います。

解りますか?

 

・・・

 

あれはライフスタイルを売っているんです。

 

家電でもパソコンでもその他色々な商品に言えること、

それは、今は機能的価値だけでは差別化は難しいということです。

機能的な部分を追求するだけでは、他と同じ。

商品としては際立たないのです。

 

これは、情報ビジネスもアフィリエイトも同じです。

切り口、キャラクター設定、世界観、などがより重要視されています。

気づいていない人が多いですが、
実は今ネットビジネスで凄く結果を出している人って、
そこが際立っているんです。

 

情報発信しながら稼ぐのがインターネットビジネスです。

自分の理念やコンセプトに基づいた
情報を発信することで、ファンを集めることが、
インターネットで稼ぐために今あなたに必要だということを感じて下さい。

ただ、楽して稼ごうと思っても無理なのです。

今こそ、本質を見ましょう。

 

  • 理念
  • コンセプト
  • キャラクター設定
  • 世界観
  • BIGWHY
  • コア

そういうもの見つけましょう。

 

それで、自分のコアについて興味を持った人にお知らせです。

 

僕とスカイプで話しましょう。

普段、購入者さんとしかお話しないのですが、今回特別です。

宮嵜とスカイプで話したい場合、こちらから登録して下さい。

コアを見つける

タグ


アフィリエイトで顔を出すか出さないか?

顔出しについて真面目に考える

ネット上で顔を出すことが、
Facebookによって、当然のようになっています。

そういう時代なのでしょう。

しかし、かたくなにネット上に顔を出さないことに拘る人もいます。

それはなぜか?

 

それはその人自身が顔を出さないことが、
ビジネス上良いと考えているからだと思います。

もし顔をだすことでマイナスになるのならその方がいいでしょう。

 

顔に自身がなくて、出したら逆にイメージを悪くするのなら
無理に出さなくて良いと思います。

それだけが理由ではないと思いますが、
顔を出さないことがプラスになる場合が多々あると思うんです。

 

漫画家さんとか作家さんとかも顔出さない人いますよね。

例えがズレてるかも知れませんが、、
タイガーマスクとか顔を出さないことで人気を集めたんです。

もっと言えば、アイドルだってノーメイクでテレビに出ないでしょう。

 

ビジネスであれば、顔をだすべきだと言う話をよく聞きます。

が、逆に出すことでマイナスになるのなら無理に出す必要はないと思います。

 

ネット上に顔を出さないことで
ミステリアスなイメージを演出することもできます。

 

かつてネットビジネス業界で伝説だった
かのミスターエックスも声以外は全て「謎」でした。

それが、あの人のブランディングになったんだと思います。

また、話によると、彼は有名になった時に、
素性が割れていると、行動に自由がなくなることをきにしていたと聞きます。

実際に、表に出ている大金持ちはごく一部で、
多くの大富豪は好んで名前や資産を公開しないと言います。

 

有名になって沢山の人から声を変えてもらったり
目立ったりするのが好きな人もいます。

また、お金持ちにはなりたいけれど、
目立ったりするのが不自由に感じる人もいます。

 

全てをさらけ出して有名人になって稼ぎたいのか?

地下に隠れてひっそりと稼ぎたいのか?

これは、本人の性格やどういうブランドを作るのかによりますね。

 

だから、

「顔を出さないとダメだよ」

とか

「顔出さないほうがいいよとか」

人に色々言われたとしても結局、

「自分がどっちがいいのか?」

を考えて決めたら良いのです。

どういう路線で行きたいのか?

どういうキャラクターで、どういうブランディングをしたいのか?

これによりますね。

タグ


インターネットビジネスのモチベーション理論

モチベーションは必要ねぇ

「モチベーションが上がらないと継続できない」

そう思っていました。

 

しかし、昨日ある人物のFacebookの投稿を見て、
少し考えを変えつつあります。

 

その人物が言うには、

 

「モチベーション?そんなの必要ねぇよ、
自分がやりたいことを仕事にすれば、
続かないとか、ヤル気が起こらないとかあり得ねぇ」

 

・・・

 

インターネットビジネスで、稼ぐためには「継続」は必須。

しかし、ほとんどの人が「継続」できない。

じゃあ、インターネットビジネスを好きになればいいのではないか?

そう思いました。

 

しかし、どうしても好きになれない場合もあるでしょう。

インターネットについて何も解らない初心者であれば、特にそうだと思います。

 

どうしてもインターネットビジネスが好きになれない場合、

「インターネットビジネスで
お金と時間の自由を手に入れて、
自分の好きなことをやるんだ!」

ということで好きになれないでしょうか?

「自分の好きなことで情報発信すること」これが理想的です。

しかし、自分の好きなことが、どうしてもお金にならない場合、

ビジネス

稼ぐ

美容

ダイエット

投資

ギャンブル

等、お金になるジャンルを自分の人生にからめて情報発信することもできます。

 

インターネットで一定の人数が興味を持つことであれば、
そのジャンルの情報発信でお金を稼ぐことは可能です。

 

ですので、

自分の中で何をやるのが楽しいのか?

楽しくてしょうがないものとは何か?

モチベーションなんて関係ないくらいやりたくてしょうがないものは何なのか?

それを考えて見つけること

そういう

「自分のコア(核)」

を見つけること

 

これが自由を求める僕達
ネットビジネス実践者の最初の課題ではないでしょうか?

 

メール相談はこちら

タグ


インターネットビジネスをやるために最優先すべきこと

優先すべきこと

インターネットでビジネスをやるために、、

ビジネスをやるために最優先すべきことって何でしょうか?

 

何度も繰り返してしますが、
最優先すべきことってコンセプトとか理念を立てるところだと思います。

なぜかというと、それがお客さんとの関係を築くのに必要だからです。

 

そういうものを確立しないで、アクセスばかりを集めたらどうなりますか?

お客さんが簡単にスルーしてしまいます。

一度来ても、興味を持てなかったり、
書いてある内容に共感したり魅力を感じたりしなければ、

「もう一回そのブログに来てみよう」

とは思わないわけです。

 

では、お客さんが、立ち止まって、

「この人と関わりたい!」

と思ってもらうためには、どうしたらいいのか?

 

やはり、自分自身の理念や価値観を描く必要があります。

理念、コンセプトが立てられて、
そこにメッセージを感じることができれば、
そこにアクセスした人の中から共感して関わってくれる人が出て来ます。

だから、やはり、最優先すべきは、
このコンセプトとか理念の部分だと思うわけです。

 

というか、ビジネスをやるのなら、
理念コンセプトとか大義名分があるべきだと思うのです。

最初は「お小遣い稼ぎのため」とか
「毎月の収入が数万円でも増えたらいいなぁ」
という動機でもいいと思います。

しかし、アフィリエイトをやるにしても
ビジネスマインドが必要だと言われます。

 

アフィリエイトを実践してゆけば、必ずどこかで、

これがただのお小遣い稼ぎではない。

「ビジネス」である。

と自覚する時が来るはずです。

そう自覚しなければハッキリいって続きません。

 

「片手間で楽々稼げる」というような話は
幻想であって、それは人を集めるための
「キャッチコピー」でしかないのです。

最初から

「インターネットビジネスは甘くないですよ」

「アフィリエイトで稼ぐためには相当な覚悟が必要です」

なんて言ったら、人が集まってこないのです。

 

ですが、実際のところやってみれば分かります。

ネットビジネスは、甘くないですし、覚悟が必要です。

ぶっちゃけバイトしていたほうがずっと楽かも知れません。

精神的プレッシャーが全然違うし、
稼げる仕組みを作るまでの作業量だって半端ではないのです。

 

安定的に収入を受け取る事がどれほど凄いことなのか?

アフィリエイトをやってみれば痛感できます。

 

「ただお金を稼げればいい」と最初は思っていても、

自分のビジネスとして、個人事業主として自覚すべき時が来ます。

 

そして、自覚した時に、

理念

コンセプト

この部分を真剣に考えることが必要です。

 

メール相談はこちら

タグ


のどから手が出る無料レポート「マイノリティレポートブランディング」完成!

久々に、新しい無料レポートを作りました。

最新無料レポートダウンロード

約10ヶ月ぶりの無料レポートです。

ぜひこれをあなたの
無料レポート作成に役立てて下さい。

 

詳しい図解にしようと思って、
キャプチャ画像を入れすぎて
121ページになってしまいました。

 

画像が多いためページ数が増えましたが、
文字は少なめです。

目を通して頂いて、良い内容であれば、
ブログやメルマガやTwitterでご紹介頂けると嬉しいです。

メルぞうに登録していますので、
「マイノリティレポートブランディング」
で検索してみて下さい。

 

また、現在e-Book大賞を開催中なので、
もしよろしければ、投票して下さい。

e-Book大賞の投票はこちら

入賞したいと思っています。

 

タイトルは、
マイノリティレポートブランディング~のどから手が出るほど欲しいあなただけのオリジナルデザイン無料レポートテンプレート作成解説書(完全図解&動画解説&プレゼントつき)~

URLは、
http://mailzou.com/get.php?R=54170&M=16650

です。

もし、ご投票いただいたら、
お礼したいので、僕にご連絡下さい。

メール相談

ぜひ、がんばるお父さんを応援して下さい。

 

実際、こういう独自の無料レポートを作ったり、
オリジナルのレポートテンプレートを自分で作れれば、
メリットは大きいです。

この手順を憶えて慣れてしまえば、
レポートテンプレートをサクサク量産できます。

 

ですので、紹介して頂ければ、
あなたの読者さんにもお役に立てるはずです。

メール相談

タグ


夢が広がるあなただけの無料レポート(E-BOOK)テンプレート

メールマガジンは、今やビジネスにおいて非常に大きな役割を果たします。

情報ビジネスやアフィリエイトだけでなく、今ではあらゆる業種においてメールマガジンを使ったマーケティングを行なっている企業が沢山あります。

このメールマガジンの読者を増やすために、特にインターネットビジネスにおいては欠かせないのが、イーブック無料レポートなど)です。

無料レポートをプレゼントする代わりに、メールアドレスを登録してもらう手法が、何年も前からメルマガ読者増加のための基本になっています。

無料レポートをオファーして集客し、そのあと、情報発信して信頼関係を築いた上で、商品を販売するというダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の流れは、メールマーケティングの王道とも言えます。

image

また、昨今は、iPad、タブレットPC、iPhone、スマートフォン、アマゾンキンドルなどが登場し、電子書籍(イーブック)の需要も高まっています。

無料レポートを作る手順は、WordをPDFに変換するだけなので、作ること自体は、そこまで難しくありません。

しかし、読者さんに目で楽しんで頂くために、また魅力を感じて頂くために、見た目を綺麗にしたり、独自のデザインを施した無料レポートにすることが望まれます。

また、メルマガ発行者のコンセプトや信念にあったデザインを施した無料レポートを読者さんに配布すれば、ブランディングにもつながります。

そのような無料レポートやイーブック用のデザインテンプレートは、有料で販売されていることもあります。

しかし、50種類、100種類のデザインテンプレートがあっても、それはオリジナルではなく、他者とかぶってしまうことも少なくありません。

そこで、次回から何回かに渡り、あなただけの独自のデザインの無料レポートを作るための方法を解説します。

この解説に従って、作成すれば、簡単な作業で、あなただけのオリジナルデザインレポートを作ることができます。

また、あなただけのオリジナル特典として、読者さんにプレゼントして、メールアドレスを収集するなども可能です。

夢が広がりますね!

ぜひ、この解説を参考に、「あなただけのオリジナルデザインレポート」を作って、ブランディング、メールマーケティングに生かして頂ければ、この上なく嬉しく思います。

まずは、イーブックの原稿に表紙や目次を入れてゆきます。
無料レポート(E-BOOK)テンプレート作成方法「表紙の挿入と目次の設定」

メール相談

 

第2回 無料レポートテンプレート作成方法「表紙の挿入と目次の設定」

第3回 無料レポートテンプレートの作成方法「画像の加工」

第4回 無料レポートテンプレートの作成方法「レポートに画像を入れる」

第5回 OpenOfficeで無料レポートテンプレートを作る方法

第6回 無料レポート(E-BOOK)テンプレートに使える無料画像素材サイト一覧

タグ


このページの先頭へ