メルマガ読者を集める方法を再検討して見ませんか?

読者集めの再検討

現在、ある人物から集客の講座を受けています。

なぜかというと、メルマガの集客、読者集めを強化したいからです。

メルマガアフィリエイト情報ビジネス等は、
メールアドレスを集めることが最も重要なものの一つです。

ですが、このメールアドレスを集めることに関して
悩んでいる人が多いと思います。

この集客に関して従来のリストビジネスならば
メルマガ読者増サービスとか無料レポートスタンドなどで
集めることが多かったです。

しかし、ここ数年で、少し変わって来ました。

無料レポートスタンドや読者増サービスなら、
沢山のリスト収集が可能ですが、
「精読率」と言う意味では、期待ができないからです。

で、

去年あたりからは、無料オファー1件紹介
につき数百円の報酬を紹介者に支払う形で、
リストを集める方法が流行しています。

ですが、この方法も今では、やや飽和気味ではないかと思います。

やはり、紹介してくれるアフィリエイターがプッシュして紹介する。

また、時には特典をつけるなどして無料オファーを配布します。

そうすると、無料オファーに登録する人達は背中を押されているわけです。

ですので、それは登録者の自主性が足りないので、
結局無料オファーはもらっても、無料オファー提供者のメルマガは読まない。

そういうようなことが起こるのです。

実際僕も無料オファーは頂いても
送られてくるメルマガはだんだん読まなくなる場合がほとんどです。

ひどい場合は、最初から読みません(爆)。

このように無料オファーも飽和気味になって
飽きられている状況下に置いては、
提供する無料オファーの質を上げることも重要です。

しかし、それ以上に集客の経路をずらしたり、
違うところを狙うということがさらに重要です。

で、ここ最近、大分広がっている方法が、Twitterによる集客です。

Twitterの中で、関心を持ってもらって、
仲良くなって、関係を築いて、その上で、
自主的に登録してもらう形が広がっています。

これは当然、無料オファーでお金をかけるよりも濃い読者さんが集まります。

その他、Twitterだけでなく、
SNS等とにかく人が集まるところから自主的に登録してもらう方法もあります。

そしてもう一点、僕がここ最近重視しているのは、
これは王道ですが、ブログサイトから登録してもらう方法です。

つまり検索エンジンからのアクセスを集めて読者になってもらう方法です。

これが今後ますます集客に置いて必要だと思います。

現在、そのためにブログやサイトに
キーワード集客をかける方法を模索しつつ学んでいるところです。

もちろんお金をかけて無料オファーを配布するのはスピードが早いです。

しかし、それだけではなく、
このような方法も今後は開拓してゆく必要があると思います。

メール相談はこちら

 

追伸

実は現在ブログサイトアフィリエイトを実践中です。

やればやるほど見えてくるので、非常に期待できそうです。

やはり、

メルマガアフィリエイトは難しいと言う人。

メルマガアフィリエイトにつまずく人が多いです。

そのため、僕自身もブログサイトアフィリエイトの
実績を立てようとしています。

新たな出発をしました。

タグ


LUREAのコンセプトと際立った特徴

話題の教材について

先日、今最も売れている
ブログサイトアフィリエイト教材「LUREA」を購入しました。

今日は、アフィリエイトしませんが、正直に感想を書きます。

 

やはり一言で言うと、販売ページに書いてあるように

「購入者を稼がせる」

という結果重視のコンセプトであるということがよく分かります。

 

言ってしまえば、ノウハウコレクターを
大量生産することでこの業界が成り立っているのではないか?

僕もよくこのテーマについては、人と議論したりもしました。

 

もちろんノウハウを次々と購入すること自体は悪いことではないと思います。

しかし、購入者は

「結果を出したい!」

と切実に思っているのに、
その購入者のニーズに応えることを主軸にはしていない場合が多いのです。

 

もちろん、購入者が結果を出すことが販売者の評判につながります。

だから、もちろん手抜きはしていないし、
購入者が結果を出すこともしっかり考えています。

 

しかし、どちらかと言うと、

「購入者が結果を出すこと ≦ 販売者が儲かること」

になってしまっている傾向があるのです。

 

実際、教材購入者さんや塾の経験者の話を聴いてみると、
このことがよく分かります。

購入者にも責任がもちろんあります。

だから、よく

「依存するな!」

「依存するやつはビジネスに向いていない」

「依存するやつはマインドができていない」

「依存するやつはマインドが腐っている」

と言われたりします。

 

それは確かにそうも言えます。

でも、

そこを完全に購入者の責任にするか?

そこをほっとかないで何とかしようとするか?

この違いはあります。

 

もちろん、

購入者が最初から実践しようとしないのなら
それはどうも対処のしようがないことです。

しかし、実践しやすさとか、実践しやすい環境を整えることはできるわけです。

そこに

「購入者が結果を出すことが主軸なのか?」

「販売者が儲かることが主軸なのか?」

が現れてくると思います。

 

このブログサイトアフィリエイト教材
「LUREA」は、販売者が儲かることを主軸にはしていない!

と購入して内容をみて思いました。

お世辞ではありません。

購入者が結果を出すことを主軸に据えて考えている稀に見る優良教材です。

 

作者の3人の情熱そのものが、
そのままこの教材のコンセプトとなっていて
他商材との圧倒的な差別化になっていると思います。

だからこそ、現在最も売れているのでしょう。

 

何だか、今後の
アフィリエイトやネットビジネスの業界が
どうなるのか楽しみになってくるような凄い教材です。

 

メール相談はこちら

タグ


このページの先頭へ