商品VS実践?どっちのアフィリエイト方法がいいですか?

jissenn

 

 

 

先日、読者さんよりメールで以下のようなご質問を頂きました。

▼ここから▼
> こんにちは。
> Iと申します。
>
> いつもメルマガ拝見しております。
> 最近配信されているブログアフィの話は非常に参考になり面白いです。
> ありがとうございます。
>
> 本日メールさせて頂くのは、素朴に私が思った事です。
> 最近のメルマガは何となく雰囲気が変わった様に感じますが、何か心境の変化等々あったのでしょうか?
> どうでも良いような質問ですいません。
▲ここまで▲

これに対する僕の解答は以下のとおりです。

▼ここから▼
Iさん、メールありがとうございます。

雰囲気は、2012年の2月くらいからずっと
「読者さんの結果重視のメルマガ発行スタイル」
に変えようとしていました。

そして、最近特に変わったのは、
ブログサイトアフィリエイトを本気実践ている所です。

今まで実践ベースでメルマガ発行するということはせず、
商品ベースでアフィリエイトしていましたが、
やっと実践ベースで情報発信できるノウハウが見つかった感じです。

初心者に特に難しいと言うメルマガアフィリエイトでの情報発信よりも
サイトアフィリエイトでの情報をメルマガで発信できるようにしたいと思って
サイトアフィリエイトの実践記を書くようになったので
雰囲気が変わったんだと思います。

心境の変化と言えば、以前よりも矛盾なくメルマガ発行できるという面で
心が軽くなったのかもしれません。

分かりにくい解答かも知れませんが、以上のような感じです。
▲ここまで▲

商品ベースというのは、どういうことかというと、

「売れる商品を見つけてアフィリエイトする」という方法です。

逆に、実践ベースとは、売れる商品かどうかに関係なく、
「自分が実践してみて結果が出た商品を紹介する」方法です。

売れやすい商品を見つけて売るというのは、
ビジネスをやるなら当たり前のことです。

だから、普通の当たり前のマーケティングと言えるでしょう。

ところが、特に情報商材アフィリエイトの場合、
これが当たり前では無いのです。

なぜかというと、お客さんが情報商材を購入する理由は、
今の現実を変えたいからです。

つまり結果を出したいからです。

特に情報商材の場合、情報だけなので、ものが残りません。

なので、情報商材は、特に結果が出るかどうかが物販以上に重視されます。

 

ところが、

売れる商材=結果が出る商材

という公式が必ずしも成り立たないんです。

売れていても本当に結果が出る教材ではないかもしれない。

こんなことを言うと、

「売れているんだから、沢山の人に認められていて
結果が出るからこそ売れんじゃないの?」

って思うかもしれません。

でも実はそうとも限りません。

商材を発売する前は、モニターが先に実践していて
そのモニターさんの推薦の声が販売ページに記載されていたりもします。

確かに良い商材だからこそ推薦の声が寄せられたりするわけです。

でもそれが実践者じゃない場合も少なくないなんです。

実践者ではなく、例えば権威者だったりします。

つまり大きな実績を出してはいるけれど、
ゼロからその教材を実践したわけでもなく、 
今現在その作業をしている人ではない場合も多いんです。

 

また仮にもし本当にその教材をゼロから実践して
結果を出している人が推薦の声を寄せていても
それを紹介する僕達アフィリエイター
ある程度確認する必要があると思います。

なので、一番間違いない方法は、
アフィリエイター本人が実際に実践してみて検証することです。

そうやって実際に自分が実践していないと
アフィリエイター本人が本気で自信を持って奨めることができないと思います。

時代が進むに連れて信頼を勝ち取る方法も進化、成長をしなければならないし
時代が進むに連れて信頼で差別化する方法もより高度になるのです。

以上のような理由から、アフィリエイターは、
商材ベースではなく 実践ベース
アフィリエイトすることをお奨めします。

タグ


アフィリエイトで月収100万円稼ぐための8人の戦いが始まりました!

アフィリエイト月収100万円稼ぐとしたら、、

それも最短で稼ぐとしたら、、

どの方法が一番早いと思いますか?

8人のトップ起業家、トップアフィリエイターが
「オレの方法が一番だ!」
と主張してあって、それがきかっけとなり、遂に熾烈な競争に発展した。

そんな興味津々な企画が始まりました。

それがこちらです。

「8人のノウハウをバッと無料で配ってしまい、
それぞれのノウハウを実際に僕達に実践してもらって、
それでどの方法が早いのか確認する。」

という面白い企画です。

面白いので登録してみるといいと思います。

登録して、本当にどの方法が初心者が最短で稼げる方法なのか?
実際に自分の目で確認してみるのも面白いですね。

そして、もちろんこの無料オファーを配布すると
500円のアフィリエイト報酬を頂くことができます。

なので、彼らがこのあと
どのようにバックのオファーを仕掛けてくるのか?

それも見ものです。

こういうのは登録したあとは、
仕掛けられる側目線だけでなく
仕掛ける側目線も養って下さい。

僕たちはインターネットビジネス自由な生活を得て
本気でを叶えてゆきたいと考えているはずです。

ですので、全てが学びにならないといけませんね。

このオファー自体非常に面白いものですし、
再現性の高い役に立つノウハウが8人分つまっています。

なので、オファーの凄さに圧倒されがちですが、

それだけでなく、
しっかりと彼らがどのようなマーケティングを仕掛けて来るのか?
見ておきましょう。

ちなみに僕は、彼ら全員と実際に会ったことがあります。

凄い人たちです。

なぜ会ったことがあるのかというと、
分かる人はわかると思いますが、彼らには共通点があります。

その共通点が会ったことがある理由です。

それについては後々お話しするかもしれません。

まずはこちらに参加してみて下さい。

無料プレゼント!最速100万円ノウハウバトル

タグ


ネットビジネスにおける守破離の再確認

愚直に実践するだけではダメ?

守破離と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

とは、

守→まず型のとおりにひたすら真似をして実践する。

破→そして、その型を破る

離→その型から離れて独自のやり方を確立する。

 

これがネットビジネスのノウハウを実践するときに
もよく言われることで、

「まずはノウハウ通りにやれ!」

「自分なりにアレンジするな!」

「ズレるな!」

とか言われます。

これは確かにそうだと思います。

 

何にもわからない初心者の段階で、
自分なりにやっていたらほぼ失敗するのは間違いないです。

そして初心者が自分なりに試行錯誤して時間をかけるよりは、
既に成功している人のやり方を真似れば早いのは当然です。

 

「守」だけでは稼げなくなる時

ですが、ですが、

 

1ヶ月、、、2ヶ月、、、3ヶ月、、、
と実践してゆけば、
それだけでは稼げなくなって来ることがあります。

 

なぜか?

 

例えば

「これは間違いなく稼げる」

「再現性が高い」

「これこそ王道教材だ!」

と話題の教材があったとします。

 

そうしたらどうなるか?

 

・・・

 

評判が良ければ、口コミで広がります。

 

そして、みんな買います。

 

そうしたら、その教材のノウハウをみんなが実践し始めます。

 

そうすると、どういう状況になるか?

 

み~んな同じことをやるわけです。

 

なので、どうなるかというと、、

 

「稼げるノウハウ」だと言われていた教材は、

もう誰でも知っている

「基礎」とか「基本」

になってしまいます。

 

もうみんな持ってる。

もはや学校の教科書みたいなもんです。

 

クラスのほぼ全員が持っている。

そして、テストでいい点をとったり授業についていくために、
その教科書をみんなある程度は読んで身につけてしまいます。

 

ネットで稼ぐための教材を
みんながみんな持っていて

みんながみんなある程度読んでいて
ある程度その教材のノウハウを身に着けているとしたら、、

 

どうしたらいいのかというと、

その型を基礎として基本として踏まえながらも
自分のオリジナルの方法を編み出す必要が出てきます。

 

そうでないとみんな同じ事をやっているので、
みんな同じように見えてしまいます。

 

「この人もおんなじだ、、」となるわけです。

 

実際、ブログランキングで上から順番に見てゆくと分かりますが、
おんなじ事やっているって人がいかに多いか?

サイトアフィリエイトでも
メルマガアフィリエイトでも

アフィリエイトであれば、
人との違いを作らないといけなくなります。

タグ


ブログ量産型楽天アフィリエイトの実践記

新たな挑戦

最近はサイトアフィリエイトにハマっています。

ある程度記事を入れたブログを量産する楽天アフィリエイトです。

今日は、このブログ量産型楽天アフィリエイトの実践記を書きます。

 

ここ数日は、雪のため思うように作業できなかったんですが、
それでもここ2週間くらいはだいたい平均1日
20~30記事くらい書いています。

ブログに記事をしっかり入れたブログを量産しています。

 

僕は実はサイトアフィリエイトでは
まともに成果を出したことがありませんでした。

なので、最初は色々慣れないことも多く大変でした。

 

そして、コツコツコツコツ

1日2~30記事くらい投稿し続けて、
だいたい1ブログ平均15記事くらいでやり続けてきました。

で、始めて11日目にして、ついに!

 

成果が出ました!

 

売上4800円です!

 

報酬は、48円です、、

 

それからだいたい毎日少しずつ報酬が出て、今報酬が1200円くらいです。

 

11月30日に48円で、
12月の報酬画像はこんなかんじです。

20121208rakuten-open

 

センスのいい人なら、このやり方で、もっと稼げていると思います。

 

やはり情報商材のアフィリエイトと違ってアクセス数が多いですね。

こうやって報酬は少なくても、
沢山の人に購入して頂くとモチベーションも上がります。

 

メルマガアフィリエイトをするにも、
実践記とか体験記などを含めた情報発信をすれば、
読者さんにも喜ばれると思います。

 

成果を出しやすいのが楽天アフィリエイトや
物販系アフィリなので、最初の取っ掛かりとして実践するのはいいですね。

 

僕もドンドン成果を上げて、情報発信しますので、お楽しみに!

タグ


メルマガアフィリエイトでは売り込むべきか売り込まないべきか?

売り込まなくなった理由

先日、メルマガ読者さんとスカイプで話しました。

その方は、僕のメルマガが好きなんだそうです。

純粋にかなり嬉しいことです(^^ゞ。

で、これは自慢するわけではないのですが、

僕のメルマガの何が良いのか?

を考えて見ました。

一つ言えるのは、売り込みがないからです。

売り込みはここ数ヶ月ほとんどしていません。

逆に去年まで2年間続けてきたメルマガの中では、毎日売り込んでいました。

ですが、今年になって、めったに売り込まなくなったのです。

なぜこんな風に変えたのかというと、
別にどっちが稼げる稼げないのかで判断したわけではありません。

純粋にどっちが自分にとって気持ちがいいか悪いかです。

売り込みが悪いわけではないですし、
売り込みが好きな人はそっちをやればいいと思います。

ただ自分の中で2年間続けてきた
毎日売り込むやり方が正直辛くなってきたのです。

いつもいつも最新情報を求めて、いつもいつも最新教材を仕入れる。

それを継続することが正直なところ苦痛になったのが大きいです。

そしてもう一点は、新しい商材を厳選せずに
ドンドンアフィリエイトすることが
必ずしも読者のためにはならないなぁと思ったからです。

確かに、求められてはいます。

新商材や新無料オファーを求めている人が多いのも事実です。

新しい商材を買えばモチベーションも上がります。

新しい商材を買いたい人が圧倒的に多いのも事実です。

あと、僕がアフィリエイトしなくても、
他の人から購入てしまうこともあるでしょう。

だからと言って、今の読者さんにとって
必ずしも必要ではないものを
アフィリエイトするのは、自分にとって気持ちが良くないと思ったのです。

キレイ事のように聞こえるかも知れません。

でも事実気持よくないと思いました。

だから「売れるから」という理由を軸とせずに
商品を選ぶことにしたんです。

売れる新商材を売れば稼げるでしょう。

でも軽率に売らないことにしたのです。

「売れる商材」ではなく
「結果の出る商材」を選ぶことにしたのです。

言い換えると、僕は読者さんのために
「石頭」になることを決断してしまったのです。

タグ


メルマガ読者を集める方法を再検討して見ませんか?

読者集めの再検討

現在、ある人物から集客の講座を受けています。

なぜかというと、メルマガの集客、読者集めを強化したいからです。

メルマガアフィリエイト情報ビジネス等は、
メールアドレスを集めることが最も重要なものの一つです。

ですが、このメールアドレスを集めることに関して
悩んでいる人が多いと思います。

この集客に関して従来のリストビジネスならば
メルマガ読者増サービスとか無料レポートスタンドなどで
集めることが多かったです。

しかし、ここ数年で、少し変わって来ました。

無料レポートスタンドや読者増サービスなら、
沢山のリスト収集が可能ですが、
「精読率」と言う意味では、期待ができないからです。

で、

去年あたりからは、無料オファー1件紹介
につき数百円の報酬を紹介者に支払う形で、
リストを集める方法が流行しています。

ですが、この方法も今では、やや飽和気味ではないかと思います。

やはり、紹介してくれるアフィリエイターがプッシュして紹介する。

また、時には特典をつけるなどして無料オファーを配布します。

そうすると、無料オファーに登録する人達は背中を押されているわけです。

ですので、それは登録者の自主性が足りないので、
結局無料オファーはもらっても、無料オファー提供者のメルマガは読まない。

そういうようなことが起こるのです。

実際僕も無料オファーは頂いても
送られてくるメルマガはだんだん読まなくなる場合がほとんどです。

ひどい場合は、最初から読みません(爆)。

このように無料オファーも飽和気味になって
飽きられている状況下に置いては、
提供する無料オファーの質を上げることも重要です。

しかし、それ以上に集客の経路をずらしたり、
違うところを狙うということがさらに重要です。

で、ここ最近、大分広がっている方法が、Twitterによる集客です。

Twitterの中で、関心を持ってもらって、
仲良くなって、関係を築いて、その上で、
自主的に登録してもらう形が広がっています。

これは当然、無料オファーでお金をかけるよりも濃い読者さんが集まります。

その他、Twitterだけでなく、
SNS等とにかく人が集まるところから自主的に登録してもらう方法もあります。

そしてもう一点、僕がここ最近重視しているのは、
これは王道ですが、ブログサイトから登録してもらう方法です。

つまり検索エンジンからのアクセスを集めて読者になってもらう方法です。

これが今後ますます集客に置いて必要だと思います。

現在、そのためにブログやサイトに
キーワード集客をかける方法を模索しつつ学んでいるところです。

もちろんお金をかけて無料オファーを配布するのはスピードが早いです。

しかし、それだけではなく、
このような方法も今後は開拓してゆく必要があると思います。

メール相談はこちら

 

追伸

実は現在ブログサイトアフィリエイトを実践中です。

やればやるほど見えてくるので、非常に期待できそうです。

やはり、

メルマガアフィリエイトは難しいと言う人。

メルマガアフィリエイトにつまずく人が多いです。

そのため、僕自身もブログサイトアフィリエイトの
実績を立てようとしています。

新たな出発をしました。

タグ


アフィリエイトで顔を出すか出さないか?

顔出しについて真面目に考える

ネット上で顔を出すことが、
Facebookによって、当然のようになっています。

そういう時代なのでしょう。

しかし、かたくなにネット上に顔を出さないことに拘る人もいます。

それはなぜか?

 

それはその人自身が顔を出さないことが、
ビジネス上良いと考えているからだと思います。

もし顔をだすことでマイナスになるのならその方がいいでしょう。

 

顔に自身がなくて、出したら逆にイメージを悪くするのなら
無理に出さなくて良いと思います。

それだけが理由ではないと思いますが、
顔を出さないことがプラスになる場合が多々あると思うんです。

 

漫画家さんとか作家さんとかも顔出さない人いますよね。

例えがズレてるかも知れませんが、、
タイガーマスクとか顔を出さないことで人気を集めたんです。

もっと言えば、アイドルだってノーメイクでテレビに出ないでしょう。

 

ビジネスであれば、顔をだすべきだと言う話をよく聞きます。

が、逆に出すことでマイナスになるのなら無理に出す必要はないと思います。

 

ネット上に顔を出さないことで
ミステリアスなイメージを演出することもできます。

 

かつてネットビジネス業界で伝説だった
かのミスターエックスも声以外は全て「謎」でした。

それが、あの人のブランディングになったんだと思います。

また、話によると、彼は有名になった時に、
素性が割れていると、行動に自由がなくなることをきにしていたと聞きます。

実際に、表に出ている大金持ちはごく一部で、
多くの大富豪は好んで名前や資産を公開しないと言います。

 

有名になって沢山の人から声を変えてもらったり
目立ったりするのが好きな人もいます。

また、お金持ちにはなりたいけれど、
目立ったりするのが不自由に感じる人もいます。

 

全てをさらけ出して有名人になって稼ぎたいのか?

地下に隠れてひっそりと稼ぎたいのか?

これは、本人の性格やどういうブランドを作るのかによりますね。

 

だから、

「顔を出さないとダメだよ」

とか

「顔出さないほうがいいよとか」

人に色々言われたとしても結局、

「自分がどっちがいいのか?」

を考えて決めたら良いのです。

どういう路線で行きたいのか?

どういうキャラクターで、どういうブランディングをしたいのか?

これによりますね。

タグ


LUREAのコンセプトと際立った特徴

話題の教材について

先日、今最も売れている
ブログサイトアフィリエイト教材「LUREA」を購入しました。

今日は、アフィリエイトしませんが、正直に感想を書きます。

 

やはり一言で言うと、販売ページに書いてあるように

「購入者を稼がせる」

という結果重視のコンセプトであるということがよく分かります。

 

言ってしまえば、ノウハウコレクターを
大量生産することでこの業界が成り立っているのではないか?

僕もよくこのテーマについては、人と議論したりもしました。

 

もちろんノウハウを次々と購入すること自体は悪いことではないと思います。

しかし、購入者は

「結果を出したい!」

と切実に思っているのに、
その購入者のニーズに応えることを主軸にはしていない場合が多いのです。

 

もちろん、購入者が結果を出すことが販売者の評判につながります。

だから、もちろん手抜きはしていないし、
購入者が結果を出すこともしっかり考えています。

 

しかし、どちらかと言うと、

「購入者が結果を出すこと ≦ 販売者が儲かること」

になってしまっている傾向があるのです。

 

実際、教材購入者さんや塾の経験者の話を聴いてみると、
このことがよく分かります。

購入者にも責任がもちろんあります。

だから、よく

「依存するな!」

「依存するやつはビジネスに向いていない」

「依存するやつはマインドができていない」

「依存するやつはマインドが腐っている」

と言われたりします。

 

それは確かにそうも言えます。

でも、

そこを完全に購入者の責任にするか?

そこをほっとかないで何とかしようとするか?

この違いはあります。

 

もちろん、

購入者が最初から実践しようとしないのなら
それはどうも対処のしようがないことです。

しかし、実践しやすさとか、実践しやすい環境を整えることはできるわけです。

そこに

「購入者が結果を出すことが主軸なのか?」

「販売者が儲かることが主軸なのか?」

が現れてくると思います。

 

このブログサイトアフィリエイト教材
「LUREA」は、販売者が儲かることを主軸にはしていない!

と購入して内容をみて思いました。

お世辞ではありません。

購入者が結果を出すことを主軸に据えて考えている稀に見る優良教材です。

 

作者の3人の情熱そのものが、
そのままこの教材のコンセプトとなっていて
他商材との圧倒的な差別化になっていると思います。

だからこそ、現在最も売れているのでしょう。

 

何だか、今後の
アフィリエイトやネットビジネスの業界が
どうなるのか楽しみになってくるような凄い教材です。

 

メール相談はこちら

タグ


インターネットビジネスのモチベーション理論

モチベーションは必要ねぇ

「モチベーションが上がらないと継続できない」

そう思っていました。

 

しかし、昨日ある人物のFacebookの投稿を見て、
少し考えを変えつつあります。

 

その人物が言うには、

 

「モチベーション?そんなの必要ねぇよ、
自分がやりたいことを仕事にすれば、
続かないとか、ヤル気が起こらないとかあり得ねぇ」

 

・・・

 

インターネットビジネスで、稼ぐためには「継続」は必須。

しかし、ほとんどの人が「継続」できない。

じゃあ、インターネットビジネスを好きになればいいのではないか?

そう思いました。

 

しかし、どうしても好きになれない場合もあるでしょう。

インターネットについて何も解らない初心者であれば、特にそうだと思います。

 

どうしてもインターネットビジネスが好きになれない場合、

「インターネットビジネスで
お金と時間の自由を手に入れて、
自分の好きなことをやるんだ!」

ということで好きになれないでしょうか?

「自分の好きなことで情報発信すること」これが理想的です。

しかし、自分の好きなことが、どうしてもお金にならない場合、

ビジネス

稼ぐ

美容

ダイエット

投資

ギャンブル

等、お金になるジャンルを自分の人生にからめて情報発信することもできます。

 

インターネットで一定の人数が興味を持つことであれば、
そのジャンルの情報発信でお金を稼ぐことは可能です。

 

ですので、

自分の中で何をやるのが楽しいのか?

楽しくてしょうがないものとは何か?

モチベーションなんて関係ないくらいやりたくてしょうがないものは何なのか?

それを考えて見つけること

そういう

「自分のコア(核)」

を見つけること

 

これが自由を求める僕達
ネットビジネス実践者の最初の課題ではないでしょうか?

 

メール相談はこちら

タグ


ネットビジネス最新情報を追うことの危険性

今稼げるノウハウを追うことの苦労

稼ぐ系ネットビジネス系のコンテンツビジネスの多くは、

いわゆる

「今稼げるノウハウ」

を追い続けることを考えています。

 

最新の手法を見つけてそれを実践することを推奨するものが大半です。

 

ところが、やってみると解りますが、
これは以外に消耗戦であり不毛なる戦いです。

効率的に見えて、実は非効率。

なぜかというと、

情報が簡単に手に入る今の状況下においては
情報が出れば、すぐに実践者が増えて飽和してしまうからです。

そのため、単純に考えて

「情報を早く手に入れた者が勝つ」

という構造になります。

 

情報を早く手に入れることができるのは、トップの人たちです。

業界の権威者や実力者が先に美味しい情報を知るのです。

 

だから、最新の手法を手に入れて、
それを実践することで稼ごうと思うと、
大きな戦争に参戦しなければならないということになります。

 

最新の無料オファーや最新の商材を
紹介しまくって稼いでいる人もいますが、
そういう人は睡眠時間も削って、
他の時間は基本的にずっと作業しているような状況です。

 

最新情報が最も早く入って来るのは、
資金力がある大御所、賢威達です。

そういう人たちが、
このネットビジネス業界の読者の大部分を牛耳っているような状況です。

そういう一部の人たちであれば、
最新情報提供型ビジネスでも稼ぐことができます。

 

しかし、そうでない場合、
いつもいつも情報を仕入れることに躍起になって、

そのために膨大な時間と労力をかけなければならなくなります。

 

最新情報にフォーカスしたビジネスは、とても大変なのです。

基本的に、先に実践している人や
情報を牛耳っているトップの人に勝つことが簡単ではないのです。

 

メール相談はこちら

タグ


このページの先頭へ