和佐大輔氏「どうやって彼らとの接点を生み出すのか?」の感想

リストビルディング大百科検証ブログ

宮嵜誠です。

今日は、リストビルディング大百科和佐大輔さんのパートで第一章の
「どうやって彼らとの接点を生み出すのか?」
の僕なりの感想を書いてゆきます。

始めに和佐さんが語るのは、多くの人が時給換算してしまうという話で、
その考えでは、後々レバレッジを生むことができないという指摘でした。

最初は、アクセスを集めるためや媒体を育てることに
時間を使うのは止むを得ないことであり、
時間を使って後々「拡声器を手に入れる」という発想です。

つまり最初は、自分の声が少数の人にしか届かない段階ですが、
そこで時間をかけて媒体を育てることで、後で多くの人に声を届けるための
「拡声器」が手に入るというわけです。

ですので、最初の段階からサラリーマン思考で、
「時給換算していたら、ダメ」だというのが和佐さんの最初の話でした。

最初は、お金にならない作業を続けることが必要だということです。

そして、そのお金にならないような作業の過程で

「何かを残しているかどうか?」が重要だというわけです。

その「残るもの」とは、「顧客リスト」です。

そうやって最初はすぐにはお金にならない作業をしながら、
アクセスをたれ流しているだけではダメなわけです。

例えば、ブログでもリスト取得の仕掛けを作っておくことは重要ですし、
何か、顧客として残って頂く仕組みが重要なわけです。

そうやって媒体を育てて、顧客リストを集めるために必要なのが、
ここで言う「接点」です。

リストビルディンマーケティング(LBM)とは、

「お客さんとの接点を持って、自分の側にに引き込んでいくこと」です。

接点を作るための戦略と戦術をこの後に説明されます。
やはり、僕たちは、自分の側に引き込むための媒体づくり、アクセス集めに関しては、
面倒くさいとか言わず、妥協無く、労力を惜しまずやるべきだと感じました。

 

タグ


リストビルディング大百科において重要な概念

リストビルディング大百科において重要な考え方は、

「広さ」です。

今までネットマーケティングにおいて最強とまで言われてきたDRM
(ダイレクトレスポンスマーケティング)においては、
ターゲットを絞ることが大前提であり、そこが強調されてきました。

ところがそうすることで、
逆に顧客となる可能性がある人まで切ってしまっているという事実です。

その時においては、属性が合わないという理由で、顧客に成ることはないわけですが、
実はその人が優良な顧客になる可能性だってあるわけです。

例えば、フロントエンドの段階で、
非常にターゲットを絞った商材や無料オファーを出すことで、
そこで、属性の少しでもずれた人を全て切ってしまっているわけです。

これが、実は、リストビルディングの可能性を小さくしてしまう
大きな原因に成るというわけです。

だから、自分の理念に共感する顧客を集めるというのは、必要な考え方ですが、
集客の段階では、「広さ」「分かりやすさ」「大衆性」を意識して
コンテンツを提供することが重要になってくるというわけです。

これが、今までのDRMの視点でのリストビルディングではなく、
これからのリストビルディングのおいて必要であるというお話です。

このDRMを世に広めた和佐大輔さん自身がDRMの限界を訴え始めている
というところが「リストビルディング大百科」の非常に面白くて興味深いところです。

リストビルディング大百科のレビューはこちら

タグ


シングルソースマルチユース

リストビルディング大百科に
シングルソースマルチユースという概念が出てきます。

原田翔太さんのパートです。

これは、シングルソース、、つまり一つの資源を
様々な媒体で使うという考え方です。

ブログの記事をメルマガに使ったり、
ツイッターやSNSに投稿したりすることもそれになります。

また、無料レポートにまとめたり、
動画や音声にしてネット上に載せるのもそうですね。

しかし、よくブログの記事をメルマガに
そのままコピペするようなものとは少し意味が違うようです。

使いまわすということにはなりますが、
形を変えて使いまわすような意味合いのようです。

そして、もうひとつ重要なことがあります。

それは、自分のコアとなるメッセージや理念を
形を変えて何度も伝えて繰り返すことにも通じるのが
このシングルソースマルチユースだということです。

ただの使い回しではないわけですね。

形を変えて、ブログならブログ向きにメルマガならメルマガ向きに、
動画なら動画向きに、音声なら音声向きにと、
その媒体に合わせてメッセージを伝えるというわけです。

タグ


バイラルマーケティングとダイレクトレスポンスマーケティング

リストビルディング大百科和佐大輔さんのパートにおいて語られている内容ですが、和佐さんがリストビルディングに必要だと考えているマーケティング手法は、たった二つだといいます。

それが、

  • バイラルマーケティング
  • ダイレクトレスポンスマーケティング

です。

バイラルマーケティングとは?

バイラルマーケティングとは、別の言い方をすると口コミです。

「バイラル」とは「感染的な」という意味であり、情報が伝わっていく仕組みが、あたかもウィルスの感染に似ているため、バイラルマーケティングという呼び名が付きました。

つまりバイラルマーケティングの本質は、良いと思ったものを、他の人に好意的に伝えたい思いから広がっていくというものです。

また、これを他の人に紹介すれば、紹介した本人にメリットがある時に、更にこの広がりが早くなります。

例えば、アフィリエイト等によって紹介者に報酬が入る仕組みを作ることで、リストを増やしてゆくこともこのバイラルマーケティングと言えるでしょう。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは?

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、

見込み客リストを集める

見込み客リストを教育する

見込み客リストに販売する

という流れを持つマーケティング手法で、ターゲットを絞った顧客のニーズにあった情報や商品をピンポイントで提供してゆく手法です。

和佐大輔さんによると、リストビルディングをしてゆくためには、シンプルにこの二つのマーケティング手法に集中すれば充分であると言う見解です。

見込み客のターゲットを絞るダイレクトレスポンスマーケティング

自分のサービスを口コミで広げてゆくバイラルマーケティング

この2つの手法により最終的に強烈なファンを集めてゆくわけです。

タグ


このページの先頭へ